Amazon Web Services ブログ

AWS Batch が大阪リージョンでもご利用可能になりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。
2021年3月2日に日本で2番目となるリージョン、大阪リージョン が開設されました。その翌日3月3日にはフルマネージドなファイルシステムである Amazon EFSが利用可能となり、サービスラインナップの拡充が続けられています。

本日、バッチ処理をあらゆる規模で行うことの可能なフルマネージドサービスである、AWS Batch が大阪リージョンでご利用可能となりましたのでお知らせいたします。

バッチ処理とは、コンピュータでひとまとまりのデータを一括して処理する方式のことをさし、AWS Batchを用いることで、数十万件のバッチコンピューティングジョブを簡単かつ効率的に実行することができます。必要な特に大量のコンピュートリソースを確保し計算を行った後は、計算リソースが解放され、なおかつ、コンピューティングリソース (CPU やメモリ最適化インスタンスなど) の最適な数量とタイプを、送信されたバッチジョブの量と具体的なリソース要件に基づいて動的にプロビジョニングするため、Amazon EC2をベースとしたバッチ処理基盤より効率的な運用が可能となります。

AWS Batchの利用料金は無料であり利用した計算リソースに対してのみ発生します。2020年12月にはAWS Fargateに対応し、コンテナをベースとしたサーバレスなバッチ処理基盤を作れるようになりました。またスポットインスタンスの活用があらかじめ組み込まれており、よりコスト効率性の高い処理が可能となっています。

AWS Batchの詳細はこちらをご覧ください。

– シニアエバンジェリスト 亀田