Amazon Web Services ブログ

AWS TransitGateway が大阪リージョンでご利用いただけます

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。

AWS Transit Gatewayが大阪リージョンでご利用いただけるようになりましたのでお知らせいたします。

AWS Transit Gateway

Transit Gateway は、中央ハブを介して VPC とオンプレミスネットワークを接続しクラウドルーターとして機能するため、複数VPCの接続などでVPC Peeringを用いた複雑なピア接続関係ネットワークを簡素化することができます。データは自動的に暗号化され、インターネットを介して移動することはありません。また、IPv4 環境だけではなくIPv6環境をサポートします。

数千の Amazon VPC にまたがるアプリケーションを構築する際、個別VPCのPeeringやルートテーブルを更新せずに新しい接続関係を作成することが可能になります。新しい VPC を追加でアタッチする場合、その CIDR が、既にアタッチされている別のVPC と同一である場合、Transit Gateway では、新しい VPC のルートを ルートテーブルに伝播しないため、異なるCIDR持つ必要があることをVPC作成時点で留意いただく必要があります。この際、静的ルーティングは行われず、BGPによりルートは自動でアドバタイスされ、BGP セッションはGeneric Routing Encapsulation (GRE) トンネル上に確立されます。

VPC接続だけではなく、AWS Direct Connect ゲートウェイを追加して、オンプレミスネットワークトのルーティングも管理を行えます。

異なるリージョン間のTransit Gatewayをピアリング接続させるための、Peering接続は2021年4月27日時点で、大阪リージョンで未サポートですので、リージョンをまたぐ接続は従来通りVPC Peeringをご利用いただくことなります。また同様に、Transit Gateway はマルチキャスト IGMPをサポートしており、アプリケーションを再設計することなく、マルチキャストアプリケーションをAWS上にホストすることもできますが、現時点で大阪リージョンにはまだ未対応ですのでご留意ください。これらの機能のご要望をお持ちのお客さまは是非サポートまでご意見をお寄せください。

– シニアエバンジェリスト 亀田