Amazon Web Services ブログ

SPICEデータのスケジュールリフレッシュがAmazon QuickSightに追加されました

by AWS Japan Staff | on | in Amazon QuickSight |

Amazon QuickSightにSPICEデータのスケジュールリフレッシュ機能が追加されました。以下はAWS Bigdata Blogに掲載されたブログの翻訳です。


Jose KunnackalはAmazon QuickSightのシニアプロダクトマネージャ

2016年11月に私達はAmazon QuickSightローンチしました。これはクラウドのパワーで稼働し、お客様のデータをクイックかつ簡単に分析するビジネスアナリティクスのサービスです。QuickSightはSPICE (Super-fast, Parallel, In-Memory Calculation Engine)というフルマネージドのデータストアを持っており、これにAWSやオンプレミス、クラウドサービスのデータを格納することで超高速なビジュアライゼーションを可能にします。SPICEに格納したデータはQuickSight上にあるボタンをクリックするだけでいつでもリフレッシュ(新しいデータの取り込み)を行うことが可能です。

本日、リフレッシュのスケジュール実行機能をローンチいたします!

SPICEデータセットをスケジュールリフレッシュする

schedule refresh
SPICEデータセットを選択し、スケジュールリフレッシュを指定します。その後、タイムゾーン、リフレッシュ頻度、およびスケジュールの開始日時を指定します。

スケジュールを適切に設定することで、SPIPCEのデータセットや分析、ダッシュボードを元のデータソースに同期させることが可能になります。

スケジュールリフレッシュはサポートされるすべてのデータソース、つまりAWS、クラウドサービス、およびオンプレミスにあるデータに対して有効であり、全サポートリージョンのすでに作成済のデータセットについても利用可能です。手動でのリフレッシュと同様に、データセットのリフレッシュ状況のサマリを確認することが可能です。

データのスケジュールリフレッシュによって高いパフォーマンスを発揮するインタラクティブなダッシュボードをQuickSightとSPICEでシンプルに実現可能です。データリフレッシュのために所定の時間にQuickSightにログインする必要もありませんし(もしくはうっかり忘れることもなくなります)、QuickSightを活用して高速でインタラクティブなビジュアライゼーションを多くのユーザに提供することにフォーカスできます。

QuickSightのパワーをぜひ今日から体験してみてください – 無料枠がありますのでぜひサインアップを!もしご質問などがありましたら、コメントを残してください。
(訳注:QuickSightには全機能を60日間試せるFree Trialがあります。また、機能は制限されますが無料でずっと利用できるFree Tierも用意されています。詳しくはこちらをご確認ください。)


原文:https://aws.amazon.com/jp/blogs/big-data/scheduled-refresh-for-spice-data-sets-on-amazon-quicksight/

翻訳:下佐粉 昭 (@simosako)