Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon S3

AWSストレージアップデート – Amazon S3 Transfer Accelerationとより大きなSnowballをより多くのリージョンに展開

いくつかのAWSチームは、オンプレミスのデータをクラウドへ移動する処理を簡素化し、高速化することにフォーカスしています。当初はとてもベーシックなPUTのオペレーションとマルチパートアップロード機能のご提供から始めて、ディスクを送付する方法をご提供し、昨年のAWS re:Inventで、AWS Import/Export Snowballをローンチすることでそのプロセスはより簡素化されました。(AWS Import/Export Snowball – Amazon所有のストレージアプライアンスを利用して1週間あたり1ペタバイトのデータ転送を実現を参照下さい。) 本日、S3とSnowballに関する重要な改善についてお伝えします。この改善はどちらもデータ移行プロセスをよりシンプルに、より加速させるようデザインされています。以下が新しい機能になります。: Amazon S3 Transfer Acceleration – この新機能はAWSのエッジロケーションとネットワークプロトコルの最適化を利用し、S3へのデータ転送を高速化します。大きなオブジェクトを国を跨いで転送する場合、50%から500%の改善、もしくは特定の環境下ではそれ以上の高速化を見込むことができます。 より大きなSnowballをより多くのリージョンで – より大きなキャパシティ(80TB)のSnobwballが利用可能となりました。加えて、新たに2つのUSリージョン、および2つのインターナショナルリージョンでご利用頂くことができるようになりました。 Amazon S3 Transfer Acceleration 現在AWSは50箇所以上ののエッジネットワークを提供しています。今までは、Amazon CloudFrontによるコンテンツの配信やAmzon Route53による高速なDNSクエリの応答に利用されてきました。本日のアナウンスにより、S3へ、もしくはS3からのデータ転送の高速化にエッジネットワークが活用されます。もしあなたが、高速なインターネット回線を持ち、大容量のオブジェクトもしくは、大量のコンテンツを地域間で転送する際に、その恩恵を受けることが可能となります。 エッジネットワークを、あなたのアップロード場所(デスクトップもしくはオンプレミスのデータセンター)とターゲットのS3 Bucket間のブリッジとして利用いただけます。Bucketにてこの機能を有効にする(AWSマネージメントコンソールのチェックボックスをチェックする)ことで、簡単にBucketのエンドポイントをBUCKET_NAME.s3-accelerate.amazonaws.comのように変更することができます。それ以外の設定は不要です。設定後は、TCPのコネクションが自動的に最寄りのAWSのエッジロケーションにルーティングされます。S3 Transfer AccelerationによりAWSが管理するバックボーンネットワークと効率化されたネットワークプロトコル、エッジとオリジン間のパーシステント接続、最大化された転送ウィンドウなどを活用し、S3へのアップロード転送を行います。 下記が、自分のBucketに対してTransfer Accelerationを有効化する方法になります。(jbarr-public): 私のBucketのエンドポイントはhttps://jbarr-public.s3.amazonaws.com/でしたが、ツールやコードのエンドポイントをhttps://jbarr-public.s3-accelerate.amazonaws.com/に変更するだけです。これだけで、アップロードを行うとS3 Transfer Accelerationの恩恵をうけることができます。また同じルールで構成されたURLを利用することで、ダウンロードも高速化することが可能です。 ネットワーク設定や環境は日々もしくは場所により常に変動することから、Transfer Acceleration によりアップロードパフォーマンスが改善する可能性がある転送の場合のみ費用をお支払いいただきます。高速化転送は、GBアップロードあたり$0.04から課金されます。またS3の他の機能同様、初期費用および長期的なコミットメントは不要です。 新たに提供するAmazon S3 Transfer Acceleration Speed Comparisonを利用することで、Transfer Accelerationの効果を確認いただくことができます。私のUS West(Oregon)リージョンにあるAmazon WorkSpacesで実行した結果が下記となります: 距離に応じた、自分のリージョンからターゲットへの高速化の割合が確認いただけるかと思います。 本機能に関してより詳細を確認したい場合は、S3 開発者ガイドのGetting Started with Amazon S3 Transfer Accelerationを参照してください。本日より北京(中国)リージョンおよびAWS […]

Read More

Amazon Kinesis アップデート – Amazon Elasticsearch Service との統合、シャード単位のメトリクス、時刻ベースのイテレーター

Amazon Kinesis はストリーミングデータをクラウド上で簡単に扱えるようにします。 Amazon Kinesis プラットフォームは3つのサービスから構成されています:Kinesis Streams によって、開発者は独自のストリーム処理アプリケーションを実装することができます;Kinesis Firehose によって、ストリーミングデータを保存・分析するための AWS へのロード処理がシンプルになります;Kinesis Analytics によって、ストリーミングデータを標準的な SQL で分析できます。 多くの AWS のお客様が、ストリーミングデータをリアルタイムに収集・処理するためのシステムの一部として Kinesis Streams と Kinesis Firehose を利用しています。お客様はこれらが完全なマネージドサービスであるがゆえの使い勝手の良さを高く評価しており、ストリーミングデータのためのインフラストラクチャーを独自に管理するかわりにアプリケーションを開発するための時間へと投資をしています。 本日、私たちは Amazon Kinesis Streams と Amazon Kinesis Firehose に関する3つの新機能を発表します。 Elasticsearch との統合 – Amazon Kinesis Firehose は Amazon Elasticsearch Service へストリーミングデータを配信できるようになりました。 強化されたメトリクス – Amazon Kinesis はシャード単位のメトリクスを CloudWatch へ毎分送信できるようになりました。 柔軟性 – Amazon […]

Read More