Amazon Web Services ブログ

Tag: API Management

AWS App Mesh と Kong を使って Amazon EKS 上でマイクロサービスを実行する

この記事は、Running microservices in Amazon EKS with AWS App Mesh and Kong を翻訳したものです。 本投稿は、Kong ソリューションエンジニアの Claudio Acquaviva、Kong アライアンスの Morgan Davies と共同で作成されたものです。 サービスメッシュはサービス間通信のための一般的なアーキテクチャパターンとなっている透過的なインフラストラクチャレイヤーです。Amazon EKS と AWS App Mesh を組み合わせることでマイクロサービスのための強力なプラットフォームを形成し、ロードバランシング、サービスディスカバリ、可観測性、アクセスコントロール、トレース、ヘルスチェック、サーキットブレーカーなどサービス間通信で発生する技術的な要件に対応する事ができます。 モダンなエンタープライズソリューションでは、次のカテゴリの明確な管理制御が必要です。 API エンドポイントへの外部からのイングレストラフィックをカバリングする API 管理 運用管理とサービスの状態に焦点を当てたサービス管理機能 サービスメッシュは主に 2 つ目のカテゴリに対応していますが、イングレストラフィックも同様に重要であり、スロットリング、アプリケーションとユーザの認証、リクエストログとトレース、データのキャッシングなどクラスタ全体のポリシーをサポートするソリューションから恩恵を受けることができます。これらのポリシーに加えてイングレスは使用状況の把握、課金システムの追加、運用上の閾値を超えたアラートの生成などの機能により、API のマネタイズを可能にするレイヤーです。 これらの機能はクラスタ外の周辺ツールを利用することで実現することも可能ですが、Kong for Kubernetes Ingress Controller は HPA、自己修復、RBAC、cert-manager などの Kubernetes の機能を活用して、アプリケーションと並行して稼働しているサービスメッシュを保護するソリューションを提供します。 この記事では、Amazon EKS、AWS App Mesh、Kong for Kubernetes を利用してサービスメッシュを安全に実装する方法について説明します。ここで取り上げる課題の範囲は API […]

Read More