Amazon Web Services ブログ

Tag: Argo CD

リクルートマーケティングパートナーズにおけるAmazon EKSとAWS App Meshを使った基盤安定性向上とGitOpsへの挑戦

本番環境でコンテナを利用したワークロードを構築する場合、ほとんどのケースでコンテナオーケストレーションのテクノロジが導入されます。AWS では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) や Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)といったコンテナオーケストレーションに関するサービスを提供しています。 コンテナオーケストレーターの選定においては、各オーケストレーターの持つ機能や思想を理解することが重要です。Amazon ECS は、他の AWS サービスとシームレスに組み合わせることが可能であり、Amazon ECS をビルディングブロックの一つとして多様なワークロードをサポートするシステムを素早く構築可能です。Amazon EKS は、Kubernetes の持つエコシステムの利用や、カスタムリソースをクラスターに追加することにより、EKS クラスター上にワークロードの要件に応じたシステムを柔軟に構築することができます。これらの観点に加えて、ワークロードの要件を考慮した上でコンテナオーケストレーターを選択します。 一方で、ビジネスや組織の成長に伴い、コンテナオーケストレーターとワークロードがマッチしない状況が発生する場合があります。例えば、Amazon EKS でサービスを提供しているチームにおいて、サービスの拡充に伴い管理対象となる EKS クラスターやクラスター上のアプリケーションが増加した結果、Kubernetes バージョンのアップデート作業がチームで抱えきれないような負担になるかもしれません。この状況を解消する手段として、まず思いつくのがコンテナオーケストレーターの再選定ですが、コンテナオーケストレーターの移行には少なからず必要となる作業が見込まれるため、安易に決断することはできません。 しかしながら、コンテナオーケストレーターの移行により得られるベネフィットを評価できる場合、移行によるメリットが作業コストを上回る可能性があります。この評価を行うためには、現在の課題を正確に分析し、移行先となるコンテナオーケストレーターでは解決のためにどのようなアプローチが採用できるのか把握しておく必要があります。 本投稿では、リクルートマーケティングパートナーズが行なった Amazon ECS から Amazon EKS への移行を通じて、コンテナオーケストレーターの移行におけるベネフィットをどのように評価したのかを紹介します。合わせて、リクルートマーケティングパートナーズが Amazon EKS で導入したサービスメッシュと継続的デリバリーについて、その実例を紹介します。 リクルートマーケティングパートナーズ スタディサプリ ENGLISH SRE グループの大島 雅人氏、木村 勇太氏、横山 智大氏によるゲスト投稿 以下の投稿はリクルートマーケティングパートナーズの3つのブログ記事を元に再構成したものです。 概要 スタディサプリ ENGLISH の基盤を […]

Read More