Amazon Web Services ブログ

Tag: Lumberyard

AWSを使った Apocalypse Studio のクラウド移行

本ゲスト投稿では、Apocalypse Studio の創設者である Denis Dyack 氏にお話を伺います。Dyack 氏は、ゲーム開発に長く携わっており、「ケイン・ザ・バンパイア」、「エターナルダークネス 招かれた13人」、「メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス」、「トゥー・ヒューマン」などのタイトルの開発に携わった経験があります。Dyack 氏はまた、コンピュータサイエンスの経歴を持ち、人工知能、ニューラルネットワーク、ユーザーインターフェイスの修士号を取得しています。 オンタリオ州ナイアガラに拠点を置く Apocalypse は、ゲームスタジオのスタートアップ企業です。クラウドファーストのアプローチを採用することで、ゲームのプレイ方法を変革することを目指しています。オンラインマルチプレイヤーエクスペリエンスを創造し、世界中のプレイヤーを繋げ、楽しませることを目指しています。 私はゲーム業界で 30 年以上にわたり、エターナルダークネス、メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス、トゥー・ヒューマン など、従来のゲーム機向けタイトルに取り組んできました。その間、ゲーム業界と、ゲーム開発のために私たちが使用するテクノロジーは、劇的に変化しました。2018 年に Apocalypse Studio を創業したとき、当社は全く新しい、クラウドを見据えた視点が必要であることが分かっていました。 当社のスタジオと最初のタイトルである Deadhaus Sonata は、まさにクラウド上で構築されています。COVID-19 が広まりだした頃、当社は社内カスタムビルドサーバーを備えた従来のオフィススペースから、AWS で構築したクラウド上のスタジオに移行しました。それが非常にうまく行ったため、2020年7月中旬にオフィスを永久的に閉鎖しました。今では、従業員がリモートで無期限に快適に働けるようにサポートできるようになりました。   クラウドを理解する クラウドはゲームに多大な経済的影響を与えました。10年以上前に私は、クラウドの社会的・経済的価値はコモディティ化により従来のプレミアムビジネスモデルよりも高くなると提言してきました。 現在、free-to-play (F2P) オンラインゲームは、世界全体のゲーム収益の 86% を占めています。 クラウドファーストの企業になるために、当社は一から取り組む必要があり、自社のエンジンから始めました。当社はソーシャルメディアと深く統合された最高品質のゲームを作るため、クラウド向けのゲームを制作したいと考えていました。当社は、サポート、コスト、機能、長期的見通しについて、あらゆるエンジンを比較しました。当社の場合これらのカテゴリを組み合わせると、Amazon Lumberyard が、その他のすべてのエンジンを上回っていました。Amazon Lumberyard を選択したことで、当社のクラウド移行を推進し成功させるのに役立ったいくつかのメリットがありました。 Amazon Lumberyard を使うことが決定した後、当社はすぐに AWS Game Tech 内の複数のグループと関係を構築しました。これらのチームと、構築プロセス、手続き型生成、ビデオゲームの未来などについて熱心に議論しました。また、当時は現実離れしていると思われた、本番プロセス全体をクラウドに移行する可能性についても議論しました。   当社のクラウドへのジャーニーの推進 話を2020年3月まで進めます。当社はサンフランシスコで開催される Game Developers Conference (GDC) に向けて準備をしていました。当社は、丁度  Deadhaus Sonata のMemento […]

Read More

Lumberyard Beta 1.13 公開

Lumberyardのここ2回のリリースでは新たな基本システムをご紹介しましたが (EMotion FX や Script Canvas)、次の2回のリリースではこれらのシステムの最適化とエンジン全般の利用のし易さにフォーカスします。その第一弾としてLumberyard Beta 1.13をリリースしました! Lumberyard Beta 1.13 のダウンロードはこちら 皆様からの様々なフィードバックにより200以上の機能向上、および安定性と使い易さを向上させられたことに感謝いたします。また、新たなクラウド機能によりエキスパートエンジニアの手を借りずに素晴らしいゲームプレイ体験を制作することに集中していただけます。今回の主な機能をご紹介させていただきます。 1. Gemの相互連携 Cloud gemに動的コンテンツ、リーダーボードやデイリーメッセージ等の有用なクラウド機能を簡単に実現できます。新たに1.13では、APIを公開して各バックエンドサービスを相互に利用できるようになりました。別の言い方をすると、Gemとの統合により更に複雑な機能をゲーム内に実現可能となります。 例えば、デイリーメッセージGemから、テキストスピーチGemを利用して音声合成しプレイヤーに語りかける事ができますプレイヤーアカウントGemとリーダーボードGemと連携して不正アカウントのスコアの削除して、プレイヤーの満足度向上にお役立ていただいたりできます。さらに音声合成によるゲーム内アンケートの確認や、プレイヤーの音声によるフィードバックを音声認識Gemで取得等々、これらも組み合わせの1例でしかなく、さらなる皆様のお取り組みを楽しみにしております。 2. 音声合成のカスタマイズ Text to Speech Cloud Gemも向上させました。Cloud Gem PortalでのSSML(Speech Synthesis Markup Language:音声合成マークアップ言語)対応も含め、より詳細に音質やアクセントを制御可能となりました。例えば米国英語音声でフランス語のフレーズを喋らせるような事も可能です。また、管理画面でのフィルタリング機能や音声パッケージの管理機能の向上等も行われました。 SSMLにより、合成される音声の音質・トーン・ペース等を柔軟に制御できるようになり、ゲーム内のモブキャラクターやカットシーンでの仮対応等を低コストに実現できます。 3. PhysX Gem(プレビュー) 今回のリリースには、NVIDIA PhysX Gemも含まれ、リアルなコリジョン判定や剛体シミュレーションの作成ができるようになります。Project ConfiguratorでGemを有効にしていただくことで、以下のコンポーネントをエンティティに追加できるようになります。 PhysX Collider – エンティティーのPhysX Mesh ShapeもしくはPhysX Rigid Body Physicsタイプのアサインされたシェイプコンポーネントをリンクすることで、コリジョン反応を提供できます。 PhysX Mesh Shape – コリジョン領域のジオメトリを提供します。 PhysX Rigid Body […]

Read More