Amazon Web Services ブログ

Tag: SDK

AWS SDK for JavaScript (v3) モジュールでのエラー処理

この記事は Error Handling in Modular AWS SDK for JavaScript (v3) を翻訳したものです。 AWS SDK for JavaScript (v3) モジュールのバージョン3.53.0 では、instanceof 演算子でサービス例外のアサートをサポートするAWS サービス例外の具象クラスが導入されました。この記事では、その使い方と、エラーハンドリングの方法がどのように改善されるかについて説明します。 導入理由について これまでAWS SDK for JavaScript (v3) のユーザーは、サービス例外をプレーンなJavaScript オブジェクトとして投げていたため、サービス例外の型をアサートすることができませんでした。

Read More

AWS SDK for Java v2のSmart Configuration Defaultsの紹介

(この記事はIntroducing Smart Configuration Defaults in the AWS SDK for Java v2を翻訳したものです。) AWS SDK for Java v2 のデフォルト設定がよりスマートになりました。AWS SDK for Java v2 (バージョン 2.17.102 以降) の Smart Configuration Defaults という SDK の新機能を発表できることを嬉しく思います。この機能は一般的な使用パターンに合わせて事前定義された実用的なデフォルト値のセットを提供します。この新しいオプトイン機能により、AWS SDK のベストプラクティスに準拠するように調整済みの設定で、最適化された SDK クライアントをすぐに利用できます。この機能は、.NET 用 AWS SDK、JavaScript v3、Ruby v3、Go v2、Python、PHP でも利用できます。この投稿ではこの機能について説明しAWS SDK for Java v2 でその機能を活用する方法を示します。

Read More

AWS SDK for Java 2.x がリリースされました

(この記事は 2018年11月19日に公開された AWS SDK for Java 2.x released を翻訳し、最新の更新情報 CHANGELOG.MD から、HTTP/2 関連の更新情報を抜粋し末尾にアップデート情報として追記したものです。) AWS SDK for Java 2.x が正式に利用可能になり、プロダクション環境での使用がサポートされるようになりました。

Read More

新しい AWS SDK for Rust のアルファリリース

本投稿は、Senior Linux Witch, Linux & Open Source の iliana etaoin による記事を翻訳したものです。 AWS SDK for Rust をアルファリリースとして発表できることを嬉しく思います。Rust で開発している AWS のお客様は、使い慣れている言語の概念をそのまま使用できるネイティブ な Rust による SDK を求めています。また、Rust に慣れていないお客様は、他の言語環境で使用した SDK と同様に動作するものを求めています。このアルファリリースでは、7 つの AWS サービスのクライアントをお試いただき、エルゴノミクスとユーザビリティに関するフィードバックをお寄せいただくことができます。 私はこの1年間、コミュニティ開発の Rust 用 AWS SDK である Rusoto の共同メンテナーでした。AWS を代表して、2015 年の最初のリリース以来 Rusoto の構築に取り組んだ原作者、他の共同メンテナー、およびコミュニティに感謝したいと思います。幅広い AWS サービスに対し機能するよう維持し続けることは非常に困難でしたが、それがお客様にとってどれくらい重要だったかを考えてみると、誇りに思える仕事でした。 新しい SDK の主な設計目標は、新しい AWS サービス のAPIが登場した時点でSDKから使用できるようにすることです。最近の他の SDK と同様に、AWS SDK for Rust […]

Read More