Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon WorkSpaces 資料及び QA 公開

先日 (2019/2/26) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon WorkSpaces」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます)

Q. WorkSpacesのスナップショットは取れますでしょうか。そのスナップショットで展開は可能でしょうか。
A. カスタムバンドルとしてイメージを取得し、そこから新しいWorkSpacesを作成いただくことが可能です。詳細はこちらをご参照ください。

Q. BYOLの構築を行う場合、構築期間中は構築に必要な数台の利用料で利用可能ですか?
A. 実行中の Amazon WorkSpaces のみに対して課金されるため、構築中にかかる料金は必要な台数分の料金となります。構築後には、お客様専用のハードウェアで毎月 200 の Amazon WorkSpaces が実行されることを確約いただく必要があります。

Q. WorkSpaces Clientのデフォルト言語をインストール時に指定できますか?ユーザに言語設定を変更させる手間を無くしたいことが目的です。
A. WorkSpacesクライアントのインストール手順の中では変更できませんが、%LocalAppData%\Amazon Web Services\Amazon WorkSpaces\locale.cfg ファイルの内容を”ja_JP”に書き換えていただくことで、言語設定を日本語に変更することが可能です。

Q. Workspaces環境にパッケージソフトをインストールすることは可能なのでしょうか。例えば、アンチウィルスソフトだとか、テキストエディタ等。
A. WorkSpacesへのソフトウェア導入に関してはAWSでは制限しておりませんので、通常はWorkSpacesのOS上での利用がサポートされていれば導入は可能です。個別のソフトウェアの導入の可否については各ソフトウェアベンダーにお問い合わせください。

Q. 既存の環境でセルフサービスを有効化する方法は?
A. こちらのドキュメントを参照ください。

Q. クライアント端末とのデータの受け渡しはできるのか? (できない方がセキュリティ的にはうれしいがデータの外部からの取り込みはしたい)
A. WorkSpacesの機能としては受け渡し(ドライブのリダイレクト)の機能はありません。データの受け渡しが必要な場合はファイルサーバーやWorkDocsなどの別の方法で実施いただく必要があります。

Q. グループポリシーの利用はpcoip.admではなくpcoip.admxの形式でも利用可能ですか?
A. Admx形式でのポリシーファイルは提供されていません。

Q. PCoIPのグループポリシーで、ドキュメントにある項目以外にBandwidthの指定などカスタマイズして利用することは可能でしょうか?
A. PCoIPの帯域に関するポリシーは、例として以下のようなものが定義されておりカスタマイズが可能です。詳細はポリシーファイルを確認ください。
– Configure the maximum PCoIP session bandwidth
– Specifies the maximum bandwidth, in kilobits per second, in a PCoIP session.
– Configure the PCoIP session bandwidth floor
– Specifies a lower limit, in kilobits per second, for the bandwidth that is reserved by the PCoIP session.
– Set PCoIP session bandwidth floor in kilobits per second to:
– Configure the PCoIP session audio bandwidth limit

Q. AZ障害の際に、再起動したら正常なAZ側で起動するようになるのでしょうか?
A. WorkSpaces再起動により自動的に他のAZで起動することはありませんが、AZ障害の場合、WorkSpacesの再構築で復旧可能な場合もございます。

Q. Workspacesからローカルにあるプリンタやスキャナを使うことはできますか? 例えばローカルPCにLinuxを使ってWorkspaces側ではWindowsを使っている場合、Linuxに対応していないプリンターに出力は可能でしょうか?
A. WindowsのWorkSpacesではクライアント端末ローカルのUSBに接続されたプリンタを利用することが可能です。お手元のクライアント端末が対象のプリンタに対応しており、クライアント端末からローカルプリンタに直接印刷できることが必要です。なお、現時点でLinuxに対応したWorkSpacesクライアントは提供されていません。また、ローカル接続のスキャナはWorkSpaces ではサポートされていません。

今後の AWS Webinar スケジュール

直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

AWS Innovate オンラインカンファレンス ≫ 申込先
2019 年 4 月 8 日〜5 月 7 日期間中いつでもオンラインで視聴可能
AWS基礎、業種別事例、人材育成、認定対策講座などAWSが厳選した33セッションを一挙に公開

AWS Black Belt Online Seminar 3月分申込先 ≫
AWS Black Belt Online Seminar 4月分申込先 ≫

Amazon EBS | 2019 年 3 月 20 日 (水) | 18:00 – 19:00
Amazon CloudWatch | 2019 年 3 月 26 日 (火) | 12:00 – 13:00
Let’s dive deep into AWS Lambda Part1 | 2019 年 4 月 2 日 (火) | 12:00 – 13:00
Let’s dive deep into AWS Lambda Part2 | 2019 年 4 月 9 日 (火) | 12:00 – 13:00
Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS) | 2019 年 4 月 10 日 (水) | 18:00 – 19:00
Amazon VPC Advanced | 2019 年 4 月 17 日 (水) | 18:00 – 19:00
ヘルスケア・ライフサイエンス業界におけるAWS活用 (火) | 2019 年 4 月 23 日 | 12:00 – 13:00
Amazon Aurora MySQL Compatible Edition latest update (水) | 2019 年 4 月 24 日 | 18:00 – 19:00

Happy Coding Dojo 申込先 ≫
2019 年 4 月 02 日 (火) | 18:00 – 19:00
クラウドアプリケーション開発を実践中、またはこれから取り組む予定のデベロッパーの方が対象となる、ウェブ開発、プログラミング、モバイル、AWSにフォーカスしたオンラインセミナーです。視聴者の皆様からテーマを募集中です!こちらから聞きたいテーマをリクエストしてください。

パッケージベンダ/SaaS事業者様向けOnline Seminar ~AWS SaaS道場:パッケージ型アプリケーションのSaaS化への道~ 申込先 ≫
2019 年 4 月 19 日 (金) | 10:00 – 12:00
SaaS専任のソリューションアーキテクトより技術的な観点でクライアントサーバ型アプリケーションを素早くSaaS対応させるノウハウをご紹介します。

AWS Database Migration Webinar 申込先 ≫
2019 年 4 月 25 日 (木) | 9:00 – 13:00
AWS でデータベースを利用するにあたっての基礎知識を半日で学習できます。AWSにおけるデータベース利用の選択肢を体系的に学び、AWS がサポートするリレーショナルデータベースの基本的な内容やそれぞれの考慮点をお伝えします。

AWS 初心者向け Webinar 『AWS 料金と請求』申込先 ≫
オンデマンドでいつでも視聴可能

AWS 初心者向け Webinar 『AWS ご利用開始時に最低限おさえておきたい10のこと』申込先 ≫
オンデマンドでいつでも視聴可能