Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS認定にチャレンジしよう – まずはクラウドプラクティショナーから 資料及び QA 公開

先日 (2019/11/07) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「 AWS認定にチャレンジしよう – まずはクラウドプラクティショナーから 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

 

AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます)

Q. 試験の予約画面で、「このサイトのご利用を続けるには、人口統計学情報を更新/確認してください」が表示されますが、これはブラウザーの設定の問題でしょうか?
A. ログイン後にこのメッセージが表示された場合は、「人口統計」のリンクをクリックして、プロファイルのアップデートをお願いいたします。

Q. 会社が変わって、APNパートナーから一般ユーザーになったため、メールアドレス等が変更になっているのですが、問い合わせ先や変更手順に関してご教授いただけますか?
A. こちらの「AWS クラウドに関するお問い合わせ」ページより、「AWS トレーニング・認定試験に関するお問い合わせ」内の「AWS の認定試験に関するご質問、お問い合わせ」を選択の上、ご連絡ください。

Q. テストは英語になりますでしょうか。日本語での対応はしておりますでしょうか。
A. 日本語、中国語 (簡体字)、英語、韓国語に対応しています。

今後の AWS Webinar | イベントスケジュール

直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

「AWSome Day Online」は、実際に足を運んでいただく 1 日の AWSome Day の内容を 2.5 時間に凝縮し、ポイントを押さえて紹介いたします。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを段階的に学ぶことができます。また、AWSに関わる方への基礎知識として、請求、アカウントマネジメント、料金モデル等、実際の導入に向けた内容となっております。技術的な面だけではなく、これから AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。

日時: 11 月 25 日(月) 15:00 – 17:40 終了予定 | 詳細・お申込みについてはこちら≫
日時: 12 月 13 日(金) 15:00 – 17:40 終了予定 | 詳細・お申込みについてはこちら≫

AWS Black Belt Online Seminar:

11月分申込先 ≫

  • AWS Transit Gateway | 2019 年 11 月 13 日 (水) | 18:00 – 19:00
  • Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) | 2019 年 11 月 20 日 (水) | 18:00 – 19:00
  • Amazon AppStream 2.0 | 2019 年 11 月 26 日 (火) | 12:00 – 13:00
  • コンテナ モニタリング | 2019 年 11 月 27 日 (水) | 18:00 – 19:00

12月分申込先 ≫

  • AWS re:Invent 速報 | 2019 年 12 月 6 日 (金) | 12:00 – 13:00
  • Amazon Chime | 2019 年 12 月 10 日 (火) | 12:00 – 13:00
  • Amazon Connect Update | 2019 年 12 月 17 日 (火) | 12:00 – 13:00
  • AWSのマネジメント&ガバナンス サービスアップデート | 2019 年 12 月 18 日 (水) | 18:00 – 19:00


AWS Hands-on for Beginners 〜Serverless 編〜

AWS Hands-on for Beginners 〜 Serverless 編 〜は、翻訳 Web API の構築を通して、サーバーレスアーキテクチャの基本を学んでいただけるウェビナーシリーズです。サーバーレスアーキテクチャの特徴とその中核となる AWS サービスの概要をお伝えした上で、実際に手を動かしてその理解を深めることができます。主に取り扱う AWS サービスは AWS Lambda、Amazon API Gateway、Amazon DynamoDB の3つです。前提となる必要知識はありませんので、サーバーレスアーキテクチャについて学ぶ第一歩としてご活用ください。

日時: オンデマンドのためいつでも自由に視聴できます | 詳細・お申込みについてはこちら≫