Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon VPC 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。

先日(2018/4/18) 開催された AWS Black Belt Online Seminar「Amazon VPC」の資料を公開いたしました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Q1. (自己紹介の質問) Market Place の何が好きか教えていただけるとうれしいです。

A. Network 担当ということで、様々なルータやファイアーウォール製品を時間単位で複数お試しができるので、検証が簡単にできるのが好きなところです。

Q2. 別々の VPC では物理的にネットワークが分離する認識で合っていますか。

A. 別々の VPC は論理的にネットワークが分離されます。

Q3. VPC を分ける単位のベストプラクティスはありますでしょうか。

A. ページ 76,77 でいくつか例をご紹介させていただきました。よりよいベストプラクティスをお探しの場合は是非 Well-Architectedをご参照ください。

Q4. 異なるリージョンのAZを、1つのリージョンから指定することはできますか。

A. リージョンの内部にアベイラビリティゾーン(AZ)が存在するので、指定することはできません。それぞれのリージョンから AZ を選択してください。

Q5. (サブネット作成時の)ネームタグの命名規則について推奨はありますか。

A. 特に推奨はありませんが、わかりやすいように私は sb-(なまえ)-1a とか つけています。

Q6. サブネットをまとめて作成することはできないのでしょうか。

A. CloudFormation でまとめて作成ができます。CLI や API サードパーティーツールなどでスクリプトやプログラムで組んであげれば同様に可能です。

Q7. (ルートテーブルで) ターゲットで、local というのは VPC 内という意味ということでしょうか。

A. はい、その通りです。

Q8. IGW を抜けた際のグローバル IP アドレスは指定できないのでしょうか

A. 任意の IP アドレスを指定することはできませんが、Elastic IP アドレスを使用いただくことでグローバル IP アドレスを固定することができます。

 

以上です。

今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュールは こちら です。皆様のご参加をお待ちしております。