AWS JAPAN APN ブログ

内製化支援推進 AWSパートナー

AWSでは様々なAPNプログラムを通じ、AWSパートナーとともに顧客の皆様のデジタルトランスフォーメーションのご支援を行っております。

<AWSが内製化をAWSパートナーと進めるわけ>

ユーザー企業の「内製化」を進められない理由として下記の声を多く聞きます。

・自社にIT人材がいない
・技術力が足りない
・どの部分までを自社でやるべきか決めきれない

開発部門と運用部門が密に連携するDevOps、それにビジネス部門を加えた3者で協力してIT推進を行う事を意味する、BizDevOpsという言葉に代表されるように、開発(Dev)、運用(Ops)だけでなく、ビジネス(Biz)部門も密に連携することが、ビジネスの成功に重要な要素になるのは言うまでもありません。自社で開発、運用の人材を雇用することが難しい場合、社外のリソースに一部を頼ったとしても、ユーザー企業自身がオーナーシップを取り、自らが責任、判断権限を持って、AWSパートナーと連携していくことが、「内製化」を素早く実施していく上での現時点での最適解と考えます。その為には、ユーザー企業はまず、オーナーシップを持ち内製化に取り組むためのリーダー及び担当者を任命し、育成に取り組む必要があります。

しかし自社でやるのはあまりにも情報が不足してるし、正しいかわからない・・・

そんな時に内製化支援推進AWSパートナーの力を借りることで、お客様が内製化すべき点をスムーズに立ち上げることを可能にしていきたい、AWSパートナーアライアンスチームではそのように考えています。

<内製化支援推進AWSパートナーとは?>

AWSにはユーザー企業の内製化を支援するための様々なソリューションを持ったAWSパートナーがいます。AWSに対する深い知見と、多くの経験を持つAWSパートナーとともにユーザー企業の内製化を進めることが可能なAWSパートナーを「内製化支援推進AWSパートナー」と位置づけ、内製化支援推進AWSパートナーとともにAWSは企業の内製化に向けての課題解決に取り組んでいきます。

naiseika-aws-partner
(以下賛同企業順)
下記が賛同企業の皆様の内製化支援サービスとなります。

クラスメソッド 内製化支援サービス
株式会社MMM DevOps支援
SCSK株式会社 内製化支援サービス
ウルシステムズ株式会社 エンタープライズアジャイルコンサルティング
キヤノンITソリューションズ株式会社 アジャイル開発支援サービス
ARアドバンストテクノロジ株式会社 内製化支援サービス
アイレット株式会社 アジャイル開発
株式会社サーバーワークス AWSトレーニング・内製化支援サービス
株式会社Serverless Operations 内製化支援サービス
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 Build Service

<ANGEL 道場 for ユーザー企業向け>

この度、AWSパートナーの協力のもと、実践型ものづくりトレーニング(ANGEL 道場:APN Next Generation Engineers Leaders道場)をユーザー企業へ向けて提供を行います。ANGEL 道場とは、擬似プロジェクトを通じてアジャイル、DevOps、モダンなアプリケーション開発などのクラウドネイティブな手法と、様々なInnovationを作ってきたAmazonの文化と考え方を体験いただくことで、クラウドの価値を最大限に活かすための基礎的なスキルを実践を通して身につけていただく取り組みです。

AWSでは、2019年からAWSパートナーの開発者支援の一環として、自ら企画したサービスを3ヶ月かけてプロトタイプを作り上げるトレーニング、ANGEL 道場を提供してきました。AWSパートナー向けのANGEL道場では、自らがWorkingBackwardsにより考えた企画を、CICDやアジャイル開発を意識してサービスを作り上げるまでの経験をすることができ、実践型のトレーニングとして高い評価を頂きました。ANGEL道場の詳細はこちら、過去の参加者の感想はこちらから確認ができます。

今回のユーザ企業向けANGEL道場では、内製化支援を進めたいという意思があり、計画をしているが、どう進めていくか試行錯誤中のユーザー企業に対して、内製化支援推進AWSパートナーが現在既に持っている多くの成功体験を共有し、またAWSからも様々なトレーニングを期間を通して無料で提供していきます。この取り組みは、参加いただいたユーザー企業の皆様はスキルを培うと同時に、各内製化支援推進 AWSパートナーのそれぞれの強みを理解し、それらを元に、ユーザー企業自身で今考えられる最適な内製化の形を導き出していくことを目的としています。現時点で考えられる内製化の形はユーザー企業それぞれで違ってくると考えられます。ANGEL道場を通じて、各社それぞれの形を導き出していくことをゴールとし、ユーザー企業向けANGEL道場を提供していきます。

angel-dojo
「ANGEL道場概要」


「ユーザ企業10社に対して、内製化支援推進AWSパートナーと共にANGEL道場を提供」

 

企業が自らがITシステムの主導権を握り、「内製化」を目指していくユーザー企業を、AWSと内製化支援推進AWSパートナーは支援していきます。

その取り組みの一環として、ANGEL 道場を内製化支援推進AWSパートナーと共にユーザー企業へ6月より実施していきます。
ユーザー企業向けANGEL道場の途中経過や成果発表はこちらのBlogで発信していきます!!

 

クラスメソッド CEO 横田聡様より
「我々、クラスメソッドは、お客様へ向けたANGEL 道場提供を歓迎します。弊社はお客様も競合も含めて全員を育てるという企業理念に基づき、徹底的に技術情報をBlogで配信してきました。本プログラムを通じて、企業の内製化を支援し、企業の皆様と共に日本のIT全体のレベルアップに貢献できればと思います。」

株式会社MMM 代表取締役 国本廷宣様より
「MMMではこれまでクラウド・ネイティブを軸としたシステム設計・開発を多数のユーザ企業様へご支援してまいりました。昨今のデジタル変革で求められるビジネススピードを実現するため、内製化に舵を切られるユーザ企業様が増えており、本プログラムを通じてMMMが保有するクラウドネイティブ開発のナレッジをご提供し、長期的な視点に立ったビジネスパートナーとして伴走させていただく所存です。」