全般

Q: Amazon FSx for Windows ファイルサーバーとは何ですか?

A: Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、業界標準のサーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルを介してアクセスできる、信頼性が高くスケーラブルな完全マネージド型のファイルストレージを提供します。Windows Server 上に構築され、ユーザークォータ、エンドユーザーファイルの復元、Microsoft Active Directory (AD) 統合などの幅広い管理機能を提供します。

Amazon FSx は、幅広いワークロードをサポートするために、高レベルのスループットと IOPS、および一貫したミリ秒未満のレイテンシーを提供します。

Amazon FSx には、Windows、Linux、MacOS のコンピューティングインスタンスとデバイスからアクセスできます。数千のコンピューティングインスタンスとデバイスが同時にファイルシステムにアクセスできます。

Q: Amazon FSx for Windows File Server のファイルシステムおよびファイルシェアとは何ですか?

A: ファイルシステムは Amazon FSx のプライマリリソースです。ファイルやフォルダを保存し、それらにアクセスするためのシステムです。ストレージ量とスループットキャパシティー、およびアクセス用の DNS 名が関連付けられています。

ファイルシェアは、コンピューティングインスタンスにアクセスできるようユーザーが設定するファイルシステム内の特定のフォルダ (およびそのサブフォルダ) です。どのファイルシステムにもデフォルトで「share」と名付けられた Windows ファイルシェアが含まれており、任意の数の Windows ファイルシェアを作成して管理することが可能です。

Q: FSx for Windows ファイルサーバーの使用を開始するにはどのようにすればよいですか?

A: Amazon FSx を利用するには、AWS アカウントが必要です。まだ AWS アカウントをお持ちでないお客様は、サインアップして AWS アカウントを作成してください

AWS アカウントを作成すると、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)、および Amazon FSx API (およびさまざまな言語専用の SDK) を使ってファイルシステムを作成できるようになります。

Q: ファイルシステムにアクセスできるのはどのインスタンスタイプと OS バージョンですか?

Amazon FSx は SMB プロトコルをサポートしているため、ファイルシステムを Amazon EC2、VMware Cloud on AWS、Amazon WorkSpaces、Amazon AppStream 2.0 インスタンスに接続できます。アプリケーションとの互換性を確保するため、Amazon FSx では、Windows Server 2008 と Windows 7 以降のすべての Windows バージョン、および Linux の最新バージョン (cifs-utils ツールを使用) がサポートされています。

Q: Amazon FSx ファイルシステムのデータにアクセスするにはどのようにすればよいですか?

A: Windows の「ネットワークドライブの割り当て」機能を使って、ドライブ名となるアルファベット (例: 「Z:」) を Amazon FSx ファイルシステム上のファイルシェアに割り当てます。cifs-utils ツールを使って Linux からファイルシステムにアクセスし、ファイルシェアにマウントすることも可能です。マウントが完了すると、ローカルファイルシステム内と同じように、Amazon FSx ファイルシステム内でファイルやフォルダを操作できるようになります。

Q: ファイルシステムはどのように管理できますか?

Amazon FSx は完全マネージド型サービスであるため、ファイルストレージインフラストラクチャの管理はすべて AWS 側で行われます。Amazon FSx を使用すると、複雑なファイルシステムインフラストラクチャをデプロイし、維持するという煩わしさがなくなります。

ファイルシステムとバックアップを作成、表示、タグ付け、削除するには、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス(CLI)、あるいは Amazon FSx API (およびさまざまな言語固有の SDK) を使用します。ファイル共有やアクティブなユーザーセッションの管理、ファイル、シャドウコピー、ユーザークォータの閲覧、およびデータ重複排除を含むファイルシステムを管理するには、PowerShell を介して Amazon FSx リモート管理 CLI を使用することができます。

Q: 既存のファイルデータを Amazon FSx ファイルシステムに移行するにはどのようにすればよいですか?

A: 既存のファイルを Amazon FSx for Windows ファイルサーバーのファイルシステムに移行する場合は、AWS DataSync を使用することをお勧めします。AWS DataSync は、AWS ストレージサービスとの間で大量のデータのコピーを簡素化、自動化、高速化するように設計されたオンラインデータ転送サービスです。DataSync は、インターネットまたは AWS Direct Connect を介してデータをコピーします。DataSync は完全マネージド型サービスとして、アプリケーションの変更、スクリプトの開発、インフラストラクチャの管理を行う必要性を取り除きます。詳細については、AWS DataSync ガイドを使用した既存のファイルの Amazon FSx for Windows ファイルサーバーへの移行をご参照ください。 

A: 既存のファイルデータを Amazon FSx に移行するには、Windows の Robust File Copy (RoboCopy) 機能を使ってファイル (データ、および所有者やアクセスコントロールリストなどのメタデータ) を Amazon FSx に直接コピーします。RoboCopy ツールを使うと、アクセスコントロールリスト、所有者、タイムスタンプなどといったすべてのメタデータを含むデータ全体を、並列処理で効率的にコピーできます。また、ネットワーク接続が中断された場合の回復機能により、確実にデータをコピーできます。

ファイルとフォルダのデータを移動すると、Amazon FSx はプログラムによる共有管理サポートを提供し、ファイル共有設定を簡単に移行できるようにします。既存のファイル共有の移行については、ドキュメントガイドをご覧ください。

Q: ファイルシステムのアクティビティはどのようにモニタリングできますか?

A:Amazon CloudWatch を使用してストレージ容量とファイルシステムのアクティビティを、AWS CloudTrail を使用してすべてのAmazon FSx API 呼び出しをモニタリングできます。

Q: Amazon FSx for Windows File Server はどのようなワークロードに対応していますか?

A: Amazon FSx は、CRM、ERP、カスタムまたは .NET アプリケーション、ホームディレクトリ、データ分析、メディア/エンターテイメントワークフロー、ウェブ配信、コンテンツ管理、ソフトウェア構築環境、Microsoft SQL Server など、Windows 共有ファイルストレージを必要とする幅広いさまざまなユースケースに対応するように設計されています。

Q: Amazon FSx と Microsoft SQL Server はどのように使用するのですか?  

高可用性 (HA) Microsoft SQL Server は通常、Windows Server Failover Cluster (WSFC) の複数のデータベースノードにデプロイされ、各ノードは共有ファイルストレージにアクセスできます。Amazon FSx for Windows File Server は、高可用性 (HA) Microsoft SQL Server デプロイメントのための共有ストレージとして、アクティブデータファイルのストレージおよび SMB ファイル共有監視の2つの方法で使用できます。詳細については Microsoft SQL Server で Amazon FSx を使用する をご覧ください。

Q: Amazon FSx Windows File Server、Amazon EFS、Amazon FSx for Lustre は、それぞれどのようなケースで使用すればよいですか?

Windows ベースのアプリケーションの場合、Amazon FSx は、ホームディレクトリ (ユーザー共有)、メディアワークフロー、ERP アプリケーションなどの「リフトアンドシフト」ビジネスクリティカルなアプリケーションワークロード向けに最適化された機能とパフォーマンスを備えた完全マネージド型の Windows ファイルサーバーを提供します。サーバーには Windows および Linux インスタンスから SMB プロトコルを使用してアクセスできます。Linux ベースのアプリケーションでは、Amazon EFS は、クラウドネイティブな完全マネージド型のファイルシステムによる、簡単で拡張性の高い伸縮自在なファイルストレージを提供し、Linux インスタンスからNFS プロトコルを使用してアクセスできます。

Amazon FSx for Lustre は、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、機械学習、EDA、メディア処理のような大量の演算を行うワークロード向けのサービスで、入出力を Amazon S3 に保存しながら、パフォーマンスに最適化されたファイルシステムを利用できます。

Q.Amazon FSx はオンプレミス環境からのアクセスをサポートしていますか?

A: はい。AWS Direct Connect または AWS VPN を使用してオンプレミスのデータセンターと Amazon VPC を接続することで、オンプレミス環境から Amazon FSx ファイルシステムにアクセスできます。Amazon FSx は AWS Direct Connect をサポートしているため、専用のネットワーク接続を経由して、オンプレミス環境からファイルシステムにアクセスできます。また、AWS VPN をサポートしているため、セキュアでプライベートなトンネルを経由して、オンプレミスのデバイスからファイルシステムにアクセスできます。

オンプレミスからのアクセスが実現することにより、Amazon FSx を使用して、オンプレミスのエンドユーザーによるユーザー共有をホストしたり、ワークロードをクラウドバーストしてアプリケーションの処理をクラウドにオフロードしたり、バックアップや災害対策ソリューションに活用したりすることが可能です。詳細については、オンプレミスからの Amazon FSx へのアクセスを参照してください。

Q.Amazon FSx は複数の VPC、アカウント、リージョンからのアクセスをサポートしていますか?

A: はい。Amazon FSx には、複数の Amazon VPC、AWS アカウント、AWS リージョンからアクセスできます。アクセスには、VPC ピア接続またはAWS Transit Gatewayを使用します。 VPC ピア接続は、2 つの VPC 間でトラフィックのルーティングを可能にするネットワーク接続です。Transit Gateway は、VPC を相互接続するためのネットワーク転送ハブです。VPC ピアと AWS Transit Gateway を利用することで、AWS アカウント間および AWS リージョン間で VPC を相互接続できます。

VPC ピアと AWS Transit Gateway 経由でファイルシステムにアクセスすることで、複数の VPC、AWS アカウント、AWS リージョンで、ユーザーとアプリケーションを横断してファイルデータセットを共有できます。詳細については、「Accessing Amazon FSx for Windows File Server File Systems from Another VPC, Account, or AWS Region」を参照してください。

Q: Amazon FSx は共有 VPC をサポートしていますか?

A: はい。Amazon FSx では、VPC を共有している所有者アカウントと参加者アカウントの両方から、共有 Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 内にファイルシステムを作成して使用することができます。VPC 共有により、作成および管理を要する VPC 数は削減されます。請求やアクセスコントロールにこれまでどおりの別々のアカウントを利用することも可能です。

Q: Amazon FSx for Windows File Server はどのリージョンで利用できますか?

A: Amazon FSx for Windows File Server サービスが利用可能なリージョンの詳細については、製品およびサービス一覧 (リージョン別)を参照してください。

Q: Amazon FSx はサービスレベルアグリーメント (SLA) を提供しますか?

A: はい。Amazon FSx SLA では、ある請求期間中において、月間稼働率がサービスコミットメントを下回った場合にサービスクレジットを提供するよう定められています。

スケールとパフォーマンス

Q: FSx for Windows File Server のパフォーマンスはどれくらいですか?

A: Amazon FSx は、ファイル操作に対して、SSD ストレージで一貫したミリ秒未満のレイテンシーと、HDD ストレージで 1 桁のミリ秒のレイテンシーを提供します。HDD ストレージを備えたものを含むすべてのファイルシステムに対して、Amazon FSx はファイルサーバーに高速 (インメモリ) キャッシュを提供するため、ストレージタイプに関係なく、アクティブにアクセスされるデータに対して高パフォーマンスとミリ秒未満のレイテンシーを実現できます。

すべての Amazon FSx ファイルシステムでは、ファイルシステムの作成時にお客様がスループット容量を設定し、いつでも変更することができます。このスループット容量により、ファイルシステムをホストする Windows ファイルサーバーがファイルデータを提供する際のベースラインおよびバーストネットワーク速度が決まります。

Amazon FSx コンソールでファイルシステムを作成すると、そのファイルシステムに推奨されるスループット容量が自動表示されます。特定のスループット容量を指定する場合は、8 MBps から 2 GBps の間で選択できます。

 

指定するスループット容量 (MBps)

8 16 32 64 128 256 512 1,024 2,048
ベースラインスループット (MBps) 8 16 32 64 128 256 512 1,024 2,048
バーストスループット (MBps) 260
260
260
350
600
600
- - -

ワークロードのアクセスパターンによっては、より高水準のスループット (600 MBps~3 GBps) が観測される場合もあります。これは Windows ファイルサーバーのインメモリキャッシュによる効果です。詳細については、ドキュメントガイドをご参照ください。

Q: Amazon FSx for Windows File Server にはどれだけのデータを保存できますか?

A: 1 つのアカウントで最大数千個の Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステムを稼働でき、各ファイルシステムにはデータを最大 64 TB 保存できます。複数のファイルシステムを 1 つの共通フォルダ構造に統合するために、Amazon FSx は Microsoft の分散ファイルシステム (DFS) の使用をサポートしています。そのため、最大で数百 PB の容量の単一フォルダ構造に共有ファイルを整理できます。

Q: ファイルシステムのストレージ容量とスループットキャパシティーを変更できますか?

A: はい。Amazon FSx コンソールで [ストレージの更新] または [スループットの更新] をクリックするか、AWS CLI/API の「update-file-system」を呼び出して必要なレベルを指定すると、いつでもストレージ容量を増やしたり、ファイルシステムのスループット容量を増やしたり減らしたりすることができます。

Q: Amazon FSx はファイルシステムのストレージ容量をどのように拡張しますか? どのくらいかかりますか?

A: Amazon FSx は、より大きなディスクを追加し、バックグラウンドでデータを元のディスクから新しいディスクに透過的に移行します。また、元のディスクをファイルから削除することで、アプリケーションやユーザーにダウンタイムを与えることなく、既存のファイルシステムのストレージ容量を増やします。これは、Windows ファイルサーバーでストレージを拡張するための標準的なプロセスです。

ファイルシステムでストレージ容量の更新をリクエストすると、数分以内に必要なストレージ容量が増えます。その後、バックグラウンドで実行される透過的なデータ移行プロセスは、移行されるストレージの量に応じて、数時間から数日かかることがあります。バックグラウンド移行プロセスは、ワークロードのパフォーマンスにほとんど影響を与えません。Amazon FSx コンソールまたは AWS CLI/API を使用して、いつでもデータ移行の進行状況を追跡できます。 詳細については、ストレージ容量管理のドキュメントを参照してください。

Q: Amazon FSx はファイルシステムのスループット容量をどのように変更しますか? どのくらいかかりますか?

A: Amazon FSx は、ファイルシステムに電力を供給するファイルサーバーを切り替えて、新しいスループット容量構成を満たすことにより、ファイルシステムのスループット容量を更新します。この更新プロセスは通常、完了するまでに数分かかります。マルチ AZ ファイルシステムでは、このプロセス中に自動フェイルオーバーとフェイルバックが発生し、シングル AZ ファイルシステムは短時間オフラインになります。

Q: 複数のファイルシステム全体のパフォーマンスをスケールアウトするにはどうすればよいですか?

Amazon FSx は、Microsoft の分散ファイルシステム (DFS) のネームスペースの使用をサポートしており、同一ネームスペース内の複数のファイルシステム全体のパフォーマンスを最大で数十 GBps まで、および数百万単位の IOP までスケールアウトします。

セキュリティとコンプライアンス

Q: Amazon FSx を Microsoft Active Directory (AD) と統合するにはどうすればよいですか?

A: Amazon FSx では、Microsoft Active Directory (AD) と連携して、既存の Windows 環境との統合を行います。Amazon FSx を使用してファイルシステムを作成するときは、Microsoft AD (AWS Managed Microsoft AD またはセルフマネージド型の Microsoft AD) に結合します。 その後、ユーザーは既存の AD ベースのユーザー ID を使用して直接認証を行い、Amazon FSx ファイルシステムにアクセスしたり、個々のファイルやフォルダへのアクセスを制御したりできます。

Q: Amazon FSx にはどのようなアクセスコントロール機能がありますか?

A: Amazon FSx では、ファイルとフォルダに対する標準的な Windows 権限を提供しています (Windows ACL をフルサポート)。

ファイルシステムにアクセス可能な Amazon Virtual Private Cloud (VPC) を指定したうえで、この VPC 内のどのリソースが VPC セキュリティグループを使用してファイルシステムにアクセスするかを制御します。

ファイルシステムやバックアップリソースの管理 (作成、削除など) ができるユーザーを制御するには、AWS IAM を使用します。

Q: Amazon FSx for Windows File Server はデータ暗号化をサポートしていますか?

A: はい。Amazon FSx for Windows File Server では、ファイルシステムデータおよび保管時のバックアップは、お客様が管理する AWS Key Management Service (KMS) のキーを使用して常に暗号化されます。Amazon FSx では、SMB 3.0 (またはそれ以上) をサポートしているクライアントからファイルシステムにアクセスする場合、SMB Kerberos セッションキーを使って転送中のデータを暗号化します。または、SMB 3.0 以降をサポートするクライアントのみにアクセスを制限し、コンプライアンスの要件を満たすために、ファイルシステムへのすべての接続に転送中の暗号化を適用することもできます。

Q: Amazon FSx はどのようなコンプライアンスプログラムをサポートしていますか?

AWS のコンプライアンスプログラムはクラウドで最も長く実行されており、お客様がコンプライアンス要件を満たせるよう支援することを固く決意しています。Amazon FSx は、世界および業界のセキュリティ基準に適合していると評価されています。PCI DSS、ISO 9001270012701727018SOC 1、2、3 に適合しており、さらに HIPAA 対応です。これにより、お客様が AWS のセキュリティを確認し、ご自身の義務を果たすことが容易になります。詳細情報およびリソースについては、コンプライアンスのページを参照してください。また、コンプライアンスプログラムによる対象範囲内のサービスのページにアクセスして、サービスおよび認定の一覧を参照することも可能です。

可用性と耐久性

Q: Amazon FSx for Windows File Server では高い可用性と耐久性をどのように保証するのですか?

A: 高可用性と高耐久性を保証するために、Amazon FSx では、データを (ファイルシステムの作成時に指定した) アベイラビリティーゾーン (AZ) 内で自動的に複製して、コンポーネントの障害からデータを保護します。また、ハードウェア障害を継続的に監視し、障害が発生した場合はインフラストラクチャコンポーネントを自動的に置き換えます。マルチ AZ ファイルシステムを作成することによって、複数の AZ に冗長性を持たせることもできます。さらに、Amazon FSx では、Windows の Volume Shadow Copy Service を利用して、日常的に使用しているファイルシステムの耐久性の高いバックアップを (S3 内に) 保存します。任意の時点でバックアップを取ることもできます。

Q: シングル AZ とマルチ AZ ファイルシステムの違いは何ですか?

シングル AZ ファイルシステムは、AZ 内でデータを複製し、障害が発生した場合にインフラストラクチャコンポーネントを自動的に交換することにより、AZ 内で可用性と耐久性が高くなるように設計されています。

マルチ AZ ファイルシステムはシングル AZ ファイルシステムの可用性と耐久性のすべての機能をサポートし、さらに、AZ が利用できない場合でもデータの継続的な可用性を提供するように設計されています。マルチ AZ 配置では、Amazon FSx が異なるアベイラビリティーゾーンでスタンバイファイルサーバーを自動的にプロビジョニングし、維持します。ファイルシステムのディスクに書き込まれた変更は、AZ を介してスタンバイに同期的に複製されます。Amazon FSx マルチ AZ 配置を使用すると、計画的なシステムメンテナンス中の可用性が向上し、インスタンスの障害やアベイラビリティゾーンの中断からデータを保護できます。計画的なファイルシステムのメンテナンスまたは計画外のサービスの中断が発生した場合、Amazon FSx は自動的に二次ファイルサーバーにフェイルオーバーし、手動介入なしでデータへのアクセスを継続できます。

Q: マルチ AZ Amazon FSx ファイルシステムがスタンバイファイルサーバーへのフェイルオーバーを開始する原因となるイベントは何ですか?

アクティブファイルサーバーの可用性が失われた場合、Amazon FSx は自動的にフェイルオーバーを実行します。これは、アクティブなアベイラビリティーゾーンの障害、またはアクティブなファイルサーバー自体の障害が原因である可能性があります。Amazon FSxは、計画的なメンテナンス中にも、スタンバイファイルサーバーに一時的にフェイルオーバーします。

Q: マルチ AZ ファイルシステムのフェイルオーバー中に何が起こっていますか? また、フェイルオーバーにかかる時間はどれくらいですか?

A: Amazon FSx では、障害の検出とリカバリが自動的に行われるので、管理者の介入は不要で、ファイルシステムの操作は可能な限りすみやかに再開できます。あるファイルサーバーから別のファイルサーバーにフェイルオーバーすると、新しいアクティブなファイルサーバーは、すべてのファイルシステムの読み書き要求のサービスを自動的に開始します。フェイルオーバーは、アクティブでの障害の検出と他のファイルサーバーのアクティブ化との間隔で定義され、通常30秒以内に完了します。優先サブネットのファイルサーバーが完全に回復すると(通常20分以内)、フェイルバックが発生し、30秒以内に完了します。

マルチ AZ ファイルシステムにアクセスする Windows クライアントは、自動的にファイルシステムでフェイルオーバーおよびフェイルバックします。つまり、Windows クライアントで実行されているユーザーまたはアプリケーションは、マルチ AZ ファイルシステムの拡張可用性のメリットを自動的に受けるということです。Linux クライアントは、フェイルオーバー時にスタンバイファイルサーバーに自動的に接続せず、優先ファイルサーバーへのフェイルバックが完了すると、ファイルシステムの操作を自動的に再開します。

Q: Amazon FSx はどのようにして Windows Server ソフトウェアを最新の状態に保ちますか?

A: Amazon FSx では、自身が管理する Windows Server ソフトウェアのアップデートを定期的に実行します。ソフトウェアのパッチ適用を行う曜日や時間は、メンテナンスウィンドウから設定できます。パッチ適用は頻繁には行われず、通常は数週間に一回の実行となります。メンテナンスに必要な時間はわずか 30 分ほどです。

Q: マルチ AZ Amazon FSx ファイルシステムがスタンバイファイルサーバーへのフェイルオーバーを開始する原因となるイベントは何ですか?
Q: マルチ AZ Amazon FSx ファイルシステムがスタンバイファイルサーバーへのフェイルオーバーを開始する原因となるイベントは何ですか?

データ保護

Q: Amazon FSx を使うとどのようにしてデータを保護できますか?

A: Amazon FSx では、高耐久性を確保するためにファイルシステムのデータを自動的に複製するだけでなく、ファイルシステムに保存されているデータをさらに保護する 2 つのオプションがあります。Windows シャドウコピーの使用でエンドユーザーが簡単にファイルの変更を元に戻したりファイルを以前のバージョンに復元してバージョンを比較する、またバックアップを行ってバックアップ保持とコンプライアンスのニーズをサポートします。

Q: 当社のエンドユーザーがファイルを以前のバージョンに復元する方法を教えてください。

A: Amazon FSx は、ある時点でのファイルシステムのスナップショットである Windows シャドウコピーをサポートすることにより、ファイルレベルまたはフォルダレベルでの以前のバージョンへの復元をサポートしています。シャドウコピーを有効にすると、エンドユーザーは Windows ファイルエクスプローラーでボタンをクリックするだけで、以前のスナップショットから個々のファイルやフォルダーを表示、復元できます。Amazon FSx を使用すると、ストレージ管理者は、Windows PowerShell コマンドを使用して、シャドウコピーを定期的に作成するように簡単にスケジュールできます。

Q: Amazon FSx for Windows File Server のバックアップはどのように実行すればよいですか?

A: ファイルシステムの定期的なバックアップを作成することは、Amazon FSx がファイルシステムに対して実行するレプリケーションを補完するベストプラクティスです。バックアップの作成、バックアップからのファイルシステムの復元、バックアップの削除など、Amazon FSx でのバックアップはどれも簡単に行うことができます。

Amazon FSx は、ファイルシステムのバックアップを毎日自動で作成しています。また、任意の時点でバックアップを作成することもできます。Amazon FSx のバックアップはインクリメンタルバックアップになります。これは保存された最新のバックアップについてのみ料金がかかることを意味します。データが重複しないため、バックアップストレージコストの削減になります。

Q: Amazon FSx が提供するバックアップの耐久性と整合性はどのようなものですか?

A: Amazon FSx が作成するバックアップは、ファイルシステムとの整合性が保証された、耐久性の高いバックアップです。ファイルシステムとの整合性を保証するために、Amazon FSx では Windows の Volume Shadow Copy Service を使用して、ファイルシステムの特定時点のスナップショットを復元できます。Amazon S3 にバックアップを保存することで、高い耐久性も保証しています。

Q: デイリーバックアップウィンドウとは何ですか?

A: デイリーバックアップウィンドウは、ファイルシステムの作成時に指定する 30 分間の時間枠です。Amazon FSx は、毎日、この時間枠でファイルシステムの自動バックアップを行います。デイリーバックアップウィンドウのある時点で、バックアッププロセスの初期化が行われている間にストレージ I/O が一時中断 (通常 2~3 秒未満) することがあります。

Q: デイリーバックアップ保持期間とは何ですか?

A: ファイルシステムに対して指定されるデイリーバックアップ保持期間 (デフォルトでは 7 日間) は、毎日の自動バックアップが保持される日数のことを指します。

Q: ファイルシステムを削除した場合、バックアップはどうなりますか?

A: ファイルシステムを削除すると、そのファイルシステムに関連して自動的に実行されたデイリーバックアップもすべて削除されます。ユーザー操作によって作成されたバックアップは保持されます。

総所有コスト (TCO) の最適化

Q: Amazon FSx はファイルシステムに対してどのようなストレージオプションをサポートしていますか? のように選ぶべきですか?

A: Amazon FSx は、ハードディスクドライブ (HDD) とソリッドステートドライブ (SSD) の 2 種類のストレージを提供し、ワークロードのニーズに合わせてコストとパフォーマンスを最適化できるようにします。HDD ストレージは、ホームディレクトリ、ユーザーと部門の共有、コンテンツ管理システムなど、幅広いワークロード向けに設計されています。SSD ストレージは、データベース、メディア処理ワークロード、データ分析アプリケーションなど、最高のパフォーマンスとレイテンシーの影響を最も受けやすいワークロード向けに設計されています。

Q: ファイルシステムのストレージタイプ (SSD/HDD) を変更できますか?

A: 既存のファイルシステムのストレージタイプを変更することはできませんが、バックアップを作成して、そのバックアップを別のストレージタイプの新しいファイルシステムに復元できます。

Q: データ重複排除とは何ですか?

多くの場合、大規模なデータセットには冗長データがあります。たとえば、ユーザーファイル共有では、複数のユーザーが類似または同一のファイルを持つ傾向があります。別の例として、ソフトウェア開発共有では、ほとんどのバイナリはビルドごとにほとんど変更されません。データ重複排除とは、Windows Server の機能の一つで、ファイルの重複部分を一度だけ保存することで、冗長データに関連するコストを削減します。ファイルを透過的に最適化します。これにより、データにアクセスするユーザーやアプリケーションは重複排除に気付くことはありません。

Q: データ重複排除でどれくらいのストレージの節約が期待できますか?

A: データ重複排除によるストレージの節約は、ファイル間でどの程度重複しているのかなど、データセットの性質によって異なります。平均的な節約可能な割合は、汎用ファイル共有で 50〜60%、ユーザードキュメントで 30〜50%、ソフトウェア開発データセットで 70〜80% です。

Q: ファイルシステムでデータ重複排除を有効にするにはどうすればよいですか?

A: Amazon FSx リモート管理 CLI で PowerShell を介して単一のコマンド (Enable-FSxDedup) を実行することにより、ファイルシステムでデータ重複排除を有効にできます。有効にすると、データ重複除去はバックグラウンドでファイルを継続的に自動スキャンして最適化します。

Q: ファイルシステムで各ユーザーのストレージ消費量を監視および制御するにはどうすればよいですか?

ファイルシステムのユーザーストレージクォータを有効化および構成して、使用量を監視し、それぞれのチームにストレージコストを割り当て、特定のユーザーが大量のデータを保存するのを防ぐためにユーザーレベルで制限を設けることができます。

料金と請求

Q: Amazon FSx for Windows File Server を利用すると、どのように課金され、請求されますか?

A: 料金は、使用したリソースに対してのみ発生します。ファイルシステムのデプロイメントタイプ (シングル AZ または マルチ AZ) に応じて、ストレージタイプ (SSD または HDD)、ストレージ容量 (GB-月単位請求) およびスループット容量 (MBps-月単位請求) に基づき、ファイルシステムに対して時間単位で請求されます。また、バックアップストレージ (GB 月単位請求) にも時間単位で課金されます。料金情報については、Amazon FSx の料金ページをご覧ください。

Q: 料金は税込み価格ですか?

A: 別途記載がない限り、表示される料金には VAT、売上税その他取引に対して適用される一切の税金等および関税は含まれません。日本の居住者であるお客様が AWS のサービスをご利用になった場合には、料金と併せて別途消費税をご請求させていただきます。詳細。

Q: ファイルシステムのストレージ容量またはスループット容量をスケーリングする場合、どのように請求されますか?

A: ストレージ容量とスループット容量のスケーリングは、追加コストなしで利用できます。ストレージ容量のスケーリングが完了すると (通常、ストレージ容量の引き上げをリクエストしてから 1〜2 分以内)、そのストレージ容量の料金が請求されます。スループット容量のスケーリングが完了すると (新しいスループット容量が利用可能になると)、その時点以降の新しいスループット容量に対して請求が行われます。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
料金に関する詳細

Amazon FSx for Windows File Server の料金は、使用したリソースに対してのみ発生します。 

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールでデータの移動を開始する

AWS コンソールで Amazon FSx を使って構築を始めましょう。

サインイン