Amazon RDS on VMware

オンプレミスの VMware 環境で Amazon RDS マネージド型データベースをデプロイする

数十万もの AWS 利用者に愛用されている Amazon RDS テクノロジーを使って Amazon Relational Database Service (RDS) on VMware を使用することで、オンプレミス VMware 環境マネージド型データベースをデプロイできます。Amazon RDS は、ハードウェアのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ適用、およびバックアップなどの時間のかかる管理タスクを自動化しながら、コスト効率とサイズ変更可能な容量を提供し、アプリケーションに集中することを可能にします。RDS on VMware はオンプレミスデプロイメントにも同様のメリットをもたらし、VMware vSphere プライベートデータセンターのデータベースの設定、操作、および拡張、または AWS への移行を容易にします。

Amazon RDS on VMware を使用すると、AWSで使用するのと同じように、オンプレミスの VMware 環境でデータベースを管理するのと同じシンプルなインターフェイスを利用できます。RDS on VMware データベースを RDS インスタンスに簡単にレプリケートすることができ、災害復旧、レプリカの破裂、および Amazon Simple Storage Service (S3) でオプションの長期バックアップの保存の低コストのハイブリッド展開が可能になります。

RDS on VMware は、プレビュー版で、すぐに利用可能になります。Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL、および MariaDBデータベース をサポートし、今後はオラクルもサポートします。今すぐプレビューに申し込む

Amazon RDS on VMware を理解する

メリット

完全マネージド型データベース

Amazon RDS on VMware を使用すると、プライベートデータセンター内のリレーショナルデータベースのプロビジョニング、監視、操作、あるいは AWS への移行が容易になります。RDS on VMware により、データベースのプロビジョニングや、オペレーティングシステムとデータベースのパッチ適用、バックアップ、ポイントインタイムの復元、ストレージとコンピューティングのスケーリング、インスタンスのヘルスモニタリング、そしてフェイルオーバーを自動化します。

スケーラビリティとパフォーマンス

Amazon RDS on VMware は、わずか数回のクリック、またはコマンドラインインターフェイス (CLI) コマンドを使って、ストレージ、コンピューティング、オンプレミスデータベースのメモリをスケーリングします。AWS の Amazon RDS インスタンスの容量をバースト、またクラウドに読み取りレプリカを作成することで全体を拡張します。RDS on VMware を使用すると、Amazon CloudWatch や RDS Performance Insights などの AWS ツールにアクセスして、データベースのパフォーマンスを監視および最適化することができます。

可用性と耐久性

Amazon RDS on VMware により AWSを拡張し、可用性と耐久性を高めます。オンプレミスデータベースを AWS の Amazon RDS インスタンスにレプリケートするだけで、低コストのハイブリッドバックアップ、災害復旧、長期アーカイブ、ポイントインタイムリストアを実現できます。Amazon S3 の RDS バックアップの保持機能は、99.999999999% の耐久性を確保し、クラウド内の複数のコピーでデータベースを確実に保護します。

安全性とコンプライアンス

Amazon RDS on VMware は、セキュリティ、プライバシー、規制、またはデータ主権ポリシーに準拠するためにオンプレミスに留めておく必要があるワークロードのデータベースの管理を自動化します。RDS on VMware を使用すると、データをオンプレミスに留めておくか、あるいはクラウドに移行するかを決めることができます。すべてのデータは、使われてない時、転送時、またはご自分が管理するキーでアーカイブ化したときでも暗号化できます。

ユースケース

オンプレミスデータベースの自動化の管理

Amazon RDS on VMware は、ソフトウェアのインストール、パッチ適用、監視、バックアップなどの管理タスクを自動化することで、オンプレミスの VMware データセンターにおけるデータベース管理の運用オーバーヘッドを削減します。VMware vSphere 環境用のソフトウェアアプライアンスである RDS Connector は、高い可用性、スケーラビリティ、専用の VPN トンネルで可能にした耐久性のあるデータベース管理を提供する RDS テクノロジをひとまとめにしてます。

オンプレミスデータベースの自動化の管理

ハイブリッドクラウドバックアップとスケーリング

Amazon RDS on VMware は、デフォルトですべてのデータとバックアップをデータセンターで保持しますが、災害復旧、クラウドバックアップ、読み取りレプリカスケーリングを行うための AWS 拡張機能を簡単に活用できます。同じ RDS コンソール、API、または CLI を使用して、AWS 上で実行されている VMware または RDS データベース上で動作するRDSデータベースを管理できます。

ハイブリッドクラウドバックアップとスケーリング

データベースを AWS に移行する

AWS のワンクリックで実行できるレプリケーションを使い、Amazon RDS on VMware データベースインスタンスを Amazon RDS データベースインスタンスに移行することができます。稼働時間に影響を与えずにデータベースを移行することができ、カスタマーエクスペリエンスを中断することなく、すべての AWS リージョンにおいてデータベースを迅速にデプロイできます。

データベースを AWS に移行する
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品の特徴を見る

VMware の機能に関する Amazon RDS on VMware の詳細

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
プレビューにサインアップ

Amazon RDS on VMware パブリックプレビューに登録

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
デモをご覧ください

Tech Talk ウェブセミナーで RDS on VMware の紹介を見る

サインイン