クラウドを使いこなす - マネージド/サーバーレスで運用/保守中心の作業から脱却し、機能開発/サービス提供に注力したいと考える企業が増えています。情報はあちこちにあるけれどどこから始めたら良いかわからない、そんな開発者のための「今から始めるサーバーレス」情報です(随時更新)。

サーバーレスを始めよう  ≫   エンジニア/開発者の方へ  |  アーキテクトの方へ  |  プロジェクト責任者の方へ

NoServerManagement

サーバー管理が不要
(準備、OS 保守)

 
Scalability

柔軟なスケーリング
(拡張/縮退)

 
Availability

十二分に考慮された
高可用性

 
NoIdel

アイドル時の
リソース確保が不要

 

 

  • まずは体験 - 最初は「Hello World!
    • 記述したコードがそのまま動く - 当たり前のことですが、この手順ではサーバーの準備も実行環境の設定もしていません。実際の処理実行時に必要なサーバーリソースが自動割り当てられているのです。それでいて、冗長化が考慮された構成になっています。
  • 一つのアプリケーションを作る
    - 初めての動的 Web アプリ構築(2h 程度)
  • [NEW!] オンラインで学ぶ、作る(5-10分 × 11本)
    AWS Hands-on for Beginners 〜Serverless 編〜
  • あらためて、サーバーレスを理解する
    - サーバーレスのおさらい(PDF資料)
learn-more1

 

「なぜサーバーレス?」 それに対する答えとなるビジネス上の意味はいくつかあります。

  • 代表的な効果
      - 開発生産性
          [実例] 33% の生産性向上
      - 運用・保守の効率化
          [実例] ほぼゼロの運用作業
      - アジリティ
          [実例] 展開スピード 5 倍向上
  • 参考ホワイトペーパー
      - 企業エコノミクスの最適化
       (技術的な観点から経済的な効果を解説)
DeckAssets_allup_light_learn

次のステップ: 開発環境やフレームワークを整備するとともに、典型的なパターンを認識すれば全体デザインを迅速に進められます。

タブを選択してその情報にアクセスしてください。

 

 


Next-Steps-Icon_Blog

関連情報・ご相談

サーバーレスのビジネス価値を数字で理解
 ≫ 「サーバーレスのビジネス効果とは

アーキテクト・設計担当にご紹介したい
全体設計の考え方のページ
 ≫ 「形で考えるサーバーレス設計

資料請求やユースケース相談がしたい
 ≫  AWS クラウドの無料相談

技術的なディスカッションがしたい
 ≫  AWS Loft Tokyo - Ask an Expert
     などが利用可能です

AWS アカウントを今すぐ無料で作成 ››