Amazon Web Services ブログ

Amazon Aurora: 暗号化されたスナップショット・データベースに対する新機能

by AWS Japan Staff | on | in Amazon Aurora, Amazon RDS |

本日Amazon Auroraの新機能を2つリリース致しました。

暗号化済みデータベースのクロスリージョンサポート

暗号化済みのデータベースでAWSリージョンをまたいだレプリケーションがサポートされました。クロスリージョンレプリケーションを利用することで、ユーザに近い場所でリードオペレーションを実行することが可能になったり、ディザスターリカバリー環境を簡単に構築出来ます。また、リージョンをまたいだデータベースの移行も容易に行なえます。

また、暗号化されたスナップショットをAWSリージョン間でコピー可能になりました。開発チームとテストチームが様々な地域に分散していたとしても、本番データベースの最新のコピーを安全に共有することによって、グローバルな開発プロセスを構築できます。また、遠隔地にスナップショットを安全に保管することで、ディザスターリカバリー戦略を強化することも可能です。

詳細は、クロスリージョンレプリケーションクロスリージョンスナップショットコピーのドキュメントをご覧ください。

 

AWSアカウント間で暗号化済みスナップショット共有をサポート

AWSアカウント間で暗号化済みスナップショットの共有が可能になりました。暗号化キーを共有しているアカウントを分離するためにAuroraのセキュリティモデルを拡張出来ます。他のアカウントの所有者は、スナップショットをコピーしたり、スナップショットからデータベースインスタンスを復元することができます。

詳細なドキュメントはこちらをご覧ください。

Amazon Auroraは、フルマネージド、高可用性、コストパフォーマンスのよいリレーショナルデータベースです。MySQLと互換性があるためアプリケーションコードの変更なしに移行が行なえます。また、こちらのツールを利用することでダウンタイムを最小限に移行を行うことも可能です。

翻訳は星野が担当しました。原文は、Amazon Aurora Announces Encryption Support for Globally Distributed Database DeploymentsAmazon Aurora Supports Cross-Account Encrypted Snapshot Sharing