Amazon Web Services ブログ

Category: General

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Cloud Development Kit (CDK) 資料及び QA 公開

先日 (2020/03/03) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Cloud Development Kit (CDK)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200303 AWS Black Belt Online Seminar AWS Cloud Development Kit (CDK) AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CircleCI などの他社製品との親和性はいかがなものでしょうか? A. 特に外部サービスで使うことの制限はなく、実際に使っていらっしゃるお客様もいらっしゃいます。各種デプロイツールのビルドフェーズで cdk synth までを実施し、デプロイフェーズで cdk deploy を実施することで、AWS上に環境をデプロイするといったことが行われています。 Q. ライフサイクルが異なる複数の Stack を連携する場合は、どのようにするのが良いでしょうか? A. Appの中で異なる Stack として定義していただき、参照が必要なオブジェクトをそれぞれの Stack 間で渡すことで、クロススタックリファレンスによるスタック管理が可能です。デプロイする場合は 「cdk deploy スタック名」のコマンドで指定したスタックだけをデプロイできますので、ライフサイクルが異なる場合でも分けて管理ができます。 Q. Stack 作成時のパラメータを、扱うときに、環境変数とコンテキストなどがあると思いますが、どう使い分けるのが良いでしょうか? A. […]

Read More

AWS Innovate 2020 : 今年もスタート!

今週 2020年3月10日 から開催している「AWS Innovate」をお楽しみいただいていますでしょうか?ライブ配信は視聴していただけましたでしょうか? AWS Innovate はグローバルでも人気のある「クラウド活用のための無償オンラインカンファレンス」です.今回は 2020年3月10日 から 2020年4月17日 までの「計39日間」毎日開催をしており,「計42個のセッション」を何度でも視聴可能です.参加申込みは簡単です!以下の申込みサイトにアクセスをしましょう. AWS Innovate サイト AWS Innovate 申込みサイト(無料)   本記事は AWS テクニカルトレーナーの吉田慶章が担当します.私自身の観点から「AWS Innovate 2020 の見どころ」を3週間連続で紹介していきます.去年から AWS Innovate の紹介記事を書き続けているため,この時期が来ると「またセッション視聴祭りだワッショーイ!」という気持ちになります.過去の AWS Innovate 紹介記事も載せておきますね! AWS Innovate 2019(4月) 今すぐ視聴しよう!AWS Innovate 見どころ紹介 | Amazon Web Services ブログ AWS Innovate 2019(10月) さぁ!AWS Innovate に参加しよう! – Week.1 見どころ紹介 | Amazon Web Services ブログ […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/3/2週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 3月になりました。暖かくなったかと思ったら、急に寒くなるといった日々が続きますね。三寒四温と言いますが、このところの東京は一寒一温のような気がしますね。 さて、AWSの学習をオンラインで行える、AWS Innovate オンラインカンファレンスが、明日(3/10)から開催されます。オンライン開催で、かつオンデマンド視聴可能ですので場所も時間も選ばず参加できます。ぜひスキルアップや最新情報のキャッチアップに活用してください。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/2/24週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの小林です。 前回私が担当したブログポストで河津桜について触れましたが、先週末に実際に見に行ってきました。残念ながら見頃を過ぎて葉っぱが大分出てしまっていましたが、菜の花も咲いており春の気分を味わうことができました。 だんだん暖かくなってきて、春が近づいている感じがします。やっぱり徐々に春めいてくるこの時期の雰囲気は良いですね。これで花粉症さえなければ、最高のシーズンと断言できるのですが、こればかりはどうしようもありません……。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

サーバーレスハンズオン第3弾 “AI サービスを活用した音声文字起こし&感情分析編” を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年2月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。 本日は、先日 2/21 に公開した新たなサーバーレスハンズオン “AWS Lambda と AWS AI Services を組み合わせて作る音声文字起こし&感情分析パイプライン“ を紹介します。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: “サーバーレス第2弾 AWS SAM 編とオススメ学習方法を紹介します! – Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年1月号   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら AWS サービスについて学んでいただくコンテンツです。名前の通り、初めて AWS サービスをご利用される方向けの内容ですので、学習の最初のステップとしてご活用いただけます。オンデマンド形式での配信となるので、移動時間などのスキマ時間での学習もできますし、分かりにくい部分を巻き戻して何度でもご覧いただくことができます。   [New] サーバーレス第3弾 “AWS Lambda と AWS AI Services […]

Read More

AWS Security Hub PCI DSS v3.2.1 コンプライアンス標準の使用方法

2020年2月13日に、AWS は、AWS Security Hub に Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) バージョン 3.2.1 要件の部分的なサポートを追加しました。 この更新により、PCI DSS の要件のサブセットを検証でき、継続的かつ自動化されたチェックを実施することにより、進行中の PCI DSS 準拠の活動を支援します。新しい Security Hub コンプライアンス標準により、AWS リソースを積極的に監視することも容易になります。これは、カード会員データの保存、処理、または送信に関与する企業にとって重要です。また、Security Hub コンプライアンス標準のセキュリティスコア機能もあり、PCI DSS 評価の準備をサポートできます。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/2/17週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 仕事や何か作業をする際にイヤホンで外の音を遮断して集中するという方は多いのではと思いますが、私はある程度環境音が聞こえている方が好みです。なので普段はあまりイヤホンを使わなかったのですが、最近「ながら聞き」タイプの開放型イヤホンを購入して、快適に使っています。カフェで音楽が流れているような感じの使用感ですね。耳栓的な圧迫感が苦手とか、環境音があった方が安心できるという方にお勧めです。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/2/10週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの小林です。 ここ数年は、毎年河津桜を見に行くことがこの時期の恒例イベントになっています。早咲きの桜でとても綺麗なのでお気に入りなのですが、とても人気があり直前に電車の切符や宿を予約することが難しいのです。やむなく見切り発車で計画を立ててしまうのですが、今年は暖冬の影響で咲き始めが早く、若干見頃を過ぎてしまいそうな様子です。ソメイヨシノよりも長持ちするので大丈夫だとは思っているのですが、はたしてどうなることやら……。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

Amazon EventBridge パートナーとしての日本の SaaS ベンダーのご紹介

Amazon EventBridge をご存知でしょうか? EventBridge は、独自のアプリケーション、SaaS および AWSのサービスから発行されるイベントをタイムリーにトリガーできるようにするサーバーレスなイベントバス機能として 2019年に発表されました。CloudWatch Events の拡張として作られており、AWSサービスからのシステムイベントも受信できますが、一番の特徴は、サードパーティの SaaS からイベント発行していただけるような仕様になっていることです(こちらもご覧ください)。 上図の左下あたりにある [SaaS Apps] として対応いただいたアプリケーションをご利用いただくと、SaaS 側で発生したイベントを SaaS 利用ユーザー側の AWS アカウント(SaaS アプリケーションとは異なる環境)へ EventBridge を経由してイベント通知することができるようになります。これによって、利用ユーザー環境で AWS Lambda の関数で追加の処理を起動したり、Kinesis/SQS/SNS にメッセージを飛ばしたり、Step Functions のフローを起動するなどの Push 型処理を簡単に実現できるようになります。つまり、SaaS がサーバーレスアプリケーションのトリガーとしてサーバーレス環境と融合することになるのです。 直近で BlackBelt セミナーも実施しましたので、EventBridge というサービス自体を理解したい方はこちらをぜひご覧ください。

Read More