Amazon Web Services ブログ

Tag: educator

AWS Educateでクラウド学習コンテンツに自宅から今すぐアクセス

今、多くの学生の皆さんが長い時間を家で過ごされていると思います。私達も同じです。そういう時間を利用してクラウドの学習を始めてみませんか?AWSは無料で利用できる学習リソースを数多く提供しています。特に学生の方には手厚いプログラムが用意されています。 ここでは教員・学生(14才以上)の方が自由に参加できる学習プログラムAWS Educateでできること、在宅学習や在宅勤務に活用いただけるAWSのサービスを紹介します。 オンライン学習コースでクラウドを学ぶ AWS Educateに参加し学生のポータルにログインすると、将来就きたい職業に合わせてデザインされたオンライン学習コース(パスウェイ)があります。クラウドの基本をゼロから学ぶCloud Computing101から始め、マシンラーニング、データサイエンティストといったコースを選択して学習することができます。また特定のテクノロジー(IoT、DeepRacer、Alexaなど)に特化した学習(バッジのコース)を行うこともできます。パスウェイは日本語を含む10の言語に対応しています(所要時間は各パスウェイで30〜40時間程度)。バッジはわかりやすい英語の学習コンテンツになっています。(所要時間10時間程度) パスウェイとバッジのご紹介ページ 【パスウェイの例】       【バッジの例】         学生がパスウェイまたはバッジでの学習を終了すると、デジタル資格が学生のポートフォリオに表示されます。 またAWS Educateのメンバーにはクレジットカードの登録をせずに利用できる学習用のAWSアカウント(スターターアカウント)が提供され実際にクラウドを使ってみることも可能です。           AWS Educateのクラスルーム機能 教員用ポータルのクラスルームとクレジット機能を使うと、学生が実践的な環境でクラウドについて学ぶための仮想スペースを作成できます。各教室は、クラウドの基本、ビッグデータ、機械学習など、さまざまなトピックに合わせて用意された環境(特定のサービスを使う環境、クラス専用の追加クレジット)をクラスの参加者に提供できます。クラスルーム機能の他に学生をAWS Educateに招待したり、自身のクラス運営のための追加クレジットをリクエストする機能もご利用いただけます。 その他、在宅学習や在宅勤務に活用いただけるAWSのサービス 在宅勤務や在宅学習をできるサービスとして、以下のようなサービスがあります。 Amazon Chime 組織の内外で会議、チャット、および業務上の音声・ビデオ通話や画面シェアを行うことを可能にする従量課金制のサービスです。一度に100名まで会議に参加することができますので説明会やセミナーなどにもご利用いただけます。 Amazon WorkSpaces 自宅からのリモート業務をサポートするセキュアな仮想デスクトップサービスです。ユーザーは、時間と場所を問わず、ほぼすべてのコンピュータから職場・学校内のコンピューティングのデスクトップにアクセスできます。 Amazon AppStream 2.0 アプリケーションへのリモートアクセスを提供する必要がある場合、Amazon AppStream 2.0 を使用すれば、コンピュータ支援設計 (CAD)、メディア編集、統計処理などをデータを移動させずに自宅のコンピュータにアプリケーションを配信できます。 Amazon Connect 簡単にクラウド上に電話用のコンタクトセンターを構築できるサービスです。 AWSでは学術機関向けの助成や契約方法に関するご相談を承っています。お気軽にお問い合わせください。 在宅勤務全般のご支援についてより詳しく書かれたこちらのポストも是非ご参照ください。 問い合わせ窓口:aws-jpps-qa@amazon.com パブリックセクター エデュケーションプログラム担当 澤

Read More