Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます)

Q. Amazon QuickSight ACL で SSO ユーザーのグループとサブグループを使用できますか?
A. QuickSight内のグループ機能は、SSO(フェデレーション)先のグループとは独立して利用可能です。つまりSSOには関係なくQuickSightの中でグループを作り、ユーザを登録することが可能です。SaaSでの利用において自動的なグループ登録を実現するには、例えばユーザをregister-userで登録した際に、同時にcreate-group-membershipを実行してグループ登録を行うように実行するなどで対応が可能です。

Q. Name spaceの管理はGUIには無いのでしょうか?
A. 現時点ではName space機能はコマンドライン(CLI)もしくはAPIでの操作になります。

Q. マップのテーマのカスタマイズで詳細なマップに変更したり、といったことは可能でしょうか?
A. QuickSightの地図ビジュアルにおいては、利用者独自のマップに変更するということはできません。

Q. email認証を使って閲覧ユーザーを招待した時に送信されるメールの文面をカスタマイズすることはできますでしょうか?
A. GUIで登録した際に自動的に送付されるメッセージのカスタマイズはできませんが、CLIやAPIでユーザを登録すると、登録に必要なURLを取得することができます。
この際には自動ではメールは送信されませんので、お客様側の仕組みなどでURLとメッセージを添えてメールを送っていただくことで対応可能と思われます。

Q. QuichSightでExcelの近似曲線表示のような機能はございますか?ない場合,実現する手段はございますか?
A. 近似曲線の機能はございません。代替案としては、たとえばQuickSightの外部で任意のツールでグラフを描画して、それをS3に置いておき、その画像のURLをQuickSightに埋め込むことで、図を表示するということが可能です。

Q. Salesforceのデータを活用して日本でよく多様される集計表形式でデータを表現可能でしょうか。
A. Salesforce.comの使い方はご利用者によってさまざまですので一概には申し上げられませんが、QuickSightはSalesforce.comに接続し、データを取得する機能がございますので、その機能で取得可能なデータであれば、それをQuickSightのビジュアルで、例えばピボットテーブルとして見せることが可能です。具体的な操作例についてはこちらのURLをご確認ください。

Q. あるデーターセットのグラフの色のカスタマイズを保存して、別のデーターセットにも適応させる方法はありますか?
A. QuickSightの配色設定(カラーパレット)は、テーマという機能で保存しておくことが可能です。ただし、そのテーマはデータセットにではなく、アナリシスに適用する形になります。

—–

今後の AWS Webinar | イベントスケジュール

直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

——

AWSome Day Online Conference

「AWSome Day Online」は、AWSの主要サービスや基礎知識を約 3 時間という短い時間で、ポイントを押さえて紹介いたします。技術的な面だけではなく、AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。

※この回ではAWSエキスパートによる技術的な内容についてチャット形式でのQ&Aを実施します。
※AWS サービスの導入に関するご相談も同時にチャット形式にて対応します。
※2020年は毎月第一水曜日に開催します。

日時:2020 年 12 月 2 日(水) 15:00 – 18:00 終了予定 | 詳細・お申込みについてはこちら≫

——

【オンラインセミナー(ハンズオン)】スケーラブルウェブサイト構築編

$25クーポン付き!
スケーラブルウェブサイト構築編 は、WordPressを使ったブログサイトの構築を通じて、スケーラブルな Web システム構築を学んでいただけるハンズオンセミナーです。主に取り扱う AWS サービスは Amazon EC2、Amazon RDS、ELB の3つです。また、作って終わりではなく、実際にEC2インスタンス1台を停止させ、その状態でもブログサイトにアクセスできることも確認します。前提となる必須知識はありませんので、スケーラブルな Web アーキテクチャについて学ぶ第一歩としてご活用ください。

※ AWSome Day Online Conference とセットでご視聴いただきますと効果敵です。
※当日はサポート講師が待機し、チャットで皆様の操作をサポートします。

日時:2020 年 12 月 3 日(木) 14:00 – 17:00 終了予定 | 詳細・お申込みについてはこちら≫

——

AWS Black Belt Online Seminar

12 月のアジェンダを公開しました。またセミナー中は内容に関する疑問点を質問することができます。参加された方だけの特権ですので、ぜひこの機会にご視聴ください。

12 月分の詳細・お申込はこちら≫

  • 12/7(月)18:00-19:00 2020 年 AWS re:Invent 速報 Part1
  • 12/8(火)12:00-13:00 AWS Config update
  • 12/9(水)18:00-19:00 HPC on AWS
  • 12/14(月)18:00-19:00 2020 年 AWS re:Invent 速報 Part2
  • 12/15(火)12:00-13:00 AWS IoT Greengrass
  • 12/16(水)18:00-19:00 Amazon Timestream
  • 12/21(月)18:00-19:00 2020 年 AWS re:Invent 速報 Part3