Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能 資料及び QA 公開

先日 (2018/8/1) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

PDF

Q. DynamoDBやESなどで溜め込んでいる注文情報などをS3などに定期的に吐き出していく(吐き出すたびに別ファイル)場合でも、今回の紹介された形で定期的にリフレッシュするなどして読み込めますか?それともRDSなどに一度入れないと行けないでしょうか?

A. QuickSight用のマニフェストファイルを作成し、 “URIPrefixes”で、バケットやプリフィックスを指定しておくと、その中にある複数のファイルをまとめて1つのデータセットとして扱うことが可能です。バケットにファイルを追加した後に、そのデータセットをREFRESHしてSPICEを更新すると、新しいデータがデータセットに追加されます。また、Athenaをつかっても、上記が実現可能です。データ規模が大きい場合はAthenaの方がフィットするケースも多いと考えられます。

参考:マニフェストファイルの書き方

Q. ダッシュボードは外部サイトなどに埋め込んで閲覧させることはできますか

A. ダッシュボードをサイトに埋め込むことはできません。また、ダッシュボードの閲覧にはかならずQuickSightへログインできる必要があるため、企業ホームページのような、だれもがアクセスする外部サイトに使う用途での利用は難しいといえます。

Q. 例えばオンプレではなく、複数契約のレンタルサーバーに格納されているDBのデータをAWSに集約して、QuickSightで分析したい場合、集約の方法としてどのような方法・手段で行うのが一番良いでしょうか。

A. 集約の方法としては、データソースがRDBであれば、AWSのDMS (Database Migration Service)を使うことでAWSへのレプリケーションを実現可能です。もしくはファイルとしてダンプして、S3に転送するという方法も考えられます。AWS上に集めたあとはS3に集約してAthenaで検索する、もしくはRedshift(DWH)に格納する等の方法でデータソースを作成することがかんがえられます。

以上です。

今後のWebinar情報

AWS Innovate Japan 2018

AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様は時間や場所の制約にとらわれず、Machine Learning、IoT、コンテナ、IT基礎、ソリューションなどのセッションに自由に参加できます。AWS Innovate は 36 のセッションからなり、初心者も上級者も AWS クラウドを活用してビジネスを構築し変革するのに必要な知識が包括的に学べるよう設計されています。8/28、9/4、9/11 に用意されたライブ開催では、AWS エキスパートによるQAも用意されています。

開催日時 2018 年 8 月 28 日(火)~ 10 月 10 日(水)
詳細・お申し込みはこちら

AWS Innovate プレセミナー開催決定!

〜クラウド活用に必要な、クラウド推進組織の作り方・クラウド人材の育て方〜

技術習得の裏には、クラウド推進組織や人材育成基盤の整備など、技術習得を促進するような仕組みが必要不可欠となります。本オンラインセミナーは、AWS Innovate に向けて、クラウド活用に必要なクラウド推進組織の作成、それに伴うクラウド人材育成についてのAWS ベストプラクティスをお伝えします。

開催日時 2018 年 8 月 22 日(水)10:00 ~ 11:00
詳細・お申し込みはこちら

みなさまのご登録をお待ちしております。