Amazon EC2 Run Command では、お客様のデータセンターまたはクラウドプラットフォームで実行するサーバーまたは仮想マシンをリモートで安全に管理できます。また、Linux シェルのスクリプトやコマンドの実行、Windows での PowerShell コマンドの実行、ソフトウェアやパッチのインストールといった一般的な管理タスクを簡単に自動化できます。さらに、このようなコマンドを複数のインスタンスに対して実行し、結果を確認できるため、インスタンス群全体に対する構成変更を簡単に管理できます。

Amazon EC2 Run Command では、AWS、オンプレミスシステム、および他のクラウドプラットフォームに配置されたインスタンスや仮想マシンと連携できます。オンプレミスと AWS にまたがるハイブリッド環境でも、ロケーション全体で整合性を保ちながらスクリプトを拡張できるようになりました。また、Amazon EC2、VMware ESXi、Microsoft Hyper-V といったさまざまなプラットフォーム内で実行している Windows と Linux の両方のオペレーティングシステム向けのスクリプトを、1 つのインターフェイスから実行できるようになりました。

AWS Identity and Access Management (IAM) との統合により、詳細なアクセス権限を適用し、インスタンスに対してユーザーが実行できるアクションを制御できます。Run Command で実行されたアクションはすべて AWS CloudTrail で記録されるため、環境全体の変化を監査できます。

今すぐ申し込む

今すぐ無料でお試し

Benefit_Scalable-Instance_LightBlue

Run Command では、ソフトウェアのインストールやアップデート、Linux のスクリプトやコマンドの実行、インスタンスのドメインへの結合、PowerShell コマンドの実行といった一般的な管理タスクを簡単に自動化できるため、EC2 インスタンス群全体を簡単に管理できます。

Benefit_Managed-Deployment_Orange

Run Command と AWS Identity and Access Management (IAM) との統合により、ユーザーとアクセスレベルの両方を管理でき、異なるインスタンス群に対する特定の管理タスクを個別に割り当てることもできます。

Benefit_Compliance_Blue

Run Command を使うと、インスタンス群全体で整合性を保ちながら構成の変更を実装、追跡、および監査できるため、ワークロードの信頼性を向上させることができます。

Benefit_Check-Logs_Yellow

Run Command を使用すると、簡単なコマンドによる追跡や、AWS CloudTrail とのシームレスな統合に基づく API コール履歴の記録によって、構成の変更結果をより適切に確認できるようになります。

Benefit_Customize_Red

Run Command では、事前定義されたコマンドを利用できるほか、ユーザー環境で最もよく使用されるタスクを簡単に実行するためのカスタムアクションを作成できます。

AWS Benefits Trade Capital

Run Command を使うと、ハイブリッドクラウド実装内の複数の仮想マシンに対する構成の更新を、1 つのインターフェイスから管理できます。また、Amazon EC2、VMware ESXi、Microsoft Hyper-V といったさまざまなプラットフォーム内で実行している Windows オペレーティングシステムと Linux オペレーティングシステムに対して、スクリプトを実行できます。


リモートサーバーで整合性を保ちながらアプリケーションをインストール、設定、またはアンインストールすることは、重要な管理機能です。Run Command では、事前定義されたコマンドを利用して、リモート EC2 インスタンス群全体でアプリケーションの管理を簡素化できます。

大規模な変更を行う際のタスクを簡素化するため、Run Command では、オペレーティングシステムの変更やローカルユーザーとそのアクセス権限の管理を行うことができます。また、PowerShell と Linux のすべてのコマンドに対応しています。

EC2 インスタンスにおけるソフトウェアのインストールとブートストラップが頻繁に必要になる場合は、Run Command の簡単な自動化ツールを利用できます。このツールは、構成管理ソリューションのデプロイや、サードパーティ製エージェントのインストールおよび設定に役立ちます。

ソフトウェア更新の確認、ログの収集、インスタンスに関する特定のパラメータの評価、および収集した情報に基づくアクションを行うカスタムコマンドまたはカスタムスクリプトを実行します。


Run Command は、Amazon EC2、Amazon S3、およびお使いいただいている AWS のその他のサービスの標準使用料のみでご利用いただけます。追加料金は発生しません。

Run Command は、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、米国西部 (北カリフォルニア)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、アジアパシフィック (中国)、アジアパシフィック (ソウル)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シドニー)、南米 (サンパウロ) の各リージョンで利用できます。

Run Command は、Windows Server のすべてのバージョンと Linux の一般的なディストリビューションに対応しています。Run Command の使用を開始する方法については、インスタンスをリモートで管理するをご覧ください。