Amazon Web Services ブログ

Amazon FSx for Windows ファイルサーバー – ストレージサイズおよびスループットキャパシティーのスケーリング



Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、サーバーメッセージブロック (SMB、Server Message Block) プロトコル経由でアクセスできる、信頼性の高いフルマネージドファイルストレージを提供しています。Windows Server 上に構築されており、オンプレミスの Microsoft Windows ファイルサーバーの運用と一貫性のある、ユーザークォータ、エンドユーザーファイルの復元、Microsoft Active Directory 統合などの幅広い管理機能を提供します。本日、ストレージキャパシティーのスケーリングスループットキャパシティーのスケーリングの 2 つの新機能を発表いたします。ストレージキャパシティーのスケーリングにより、データセットの増加に応じてファイルシステムのサイズを増やすことができます。スループットキャパシティーは双方向であり、スループットを動的に調整して、パフォーマンスを微調整し、コストを削減できます。ストレージキャパシティーを拡張する機能を使用すると、データセットの増加に応じてストレージサイズを調整できるため、ファイルシステムの作成時にデータセットの増加を心配する必要がありません。スループットキャパシティーを変更する機能を使用すると、周期的なワークロードまたはワンタイムバーストのスループットキャパシティーを動的に調整して、データ移行などの時間が重要な要素となる目標を達成できます。

ファイルシステムを作成するときに、[ストレージキャパシティー] と [スループットキャパシティー] を指定します。

SSD のストレージキャパシティーは 32 GiB〜65,536 GiB の範囲で指定でき、HDD のキャパシティーは 2,000 GiB〜65,536 GiB の範囲で指定できます。スループットキャパシティーを使用すると、すべての Amazon FSx ファイルシステムに、ファイルシステムの作成時に設定するスループットキャパシティーを有することになります。スループットキャパシティーにより、ファイルシステムをホストするファイルサーバーが、これにアクセスするクライアントにファイルデータを提供できる速度が決まります。より高いレベルのスループットキャパシティーには、ファイルサーバーにデータをキャッシュするためのより多くのメモリが付属し、より高いレベルの IOPS をサポートします。

このリリースでは、AWS マネジメントコンソール内のボタンをクリックするだけで、ストレージキャパシティーを拡大したり、ファイルシステムのスループットキャパシティーを拡大/縮小したりすることができるほか、AWS ソフトウェア開発キット (SDK) またはコマンドラインインターフェイス (CL) ツールを使用したりできます。ファイルシステムは、スケーリングの進行中にオンラインで利用でき、ストレージのスケーリングのためにファイルシステムに完全にアクセスできます。スループットのスケーリング中、Amazon FSx for Windows はファイルシステムのファイルサーバーを切り替えます。そのため、マルチ AZ ファイルシステムで自動フェイルオーバーとフェイルバックが表示されます。

それでは、新機能を概観してみましょう。最初に AWS マネジメントコンソールを確認します。

AWS マネジメントコンソールによる操作

始めるに際して、AWS Directory Service による AWS Managed Microsoft AD と Amazon FSx for Windows ファイルサーバーがすでにセットアップされていることを前提とします。こちらからチュートリアルガイドを入手できます。[アクション] のドロップダウンで、[ストレージキャパシティーを更新] と [スループットキャパシティーを更新] を選択できます。

[割合] または [絶対] 値で新しいストレージキャパシティーを割り当てることができます。

スループットのスケーリングでは、ドロップダウンリストから目的のキャパシティーを選択できます。

次に、[ステータス] が [進行中] に変更され、ファイルシステムに引き続きアクセスできます。

CLI によるストレージキャパシティーとスループットキャパシティーのスケーリング

まず、CLI 環境が必要です。私は AWS Cloud9 を好みますが、別のものでも問題ありません。スケーリングするには、ファイルシステム ID が必要です。以下のコマンドを入力してください。

aws fsx --endpoint-url <endpoint> describe-file-systems

endpoint は AWS リージョンによって異なり、完全なリストはこちらで取得できます。長くて詳細な戻り値を受け取ります。ファイルシステム ID は戻り値の先頭にあります。

ストレージキャパシティーを変更します。以下は、変更するためのコマンドです。

aws fsx --endpoint-url <endpoint> update-file-system --file-system-id=<FileSystemId> --storage-capacity <new capacity>

<new capacity> は最大 65536 の数値であり、新しく割り当てられたキャパシティーは現在のキャパシティーより少なくとも 10% 大きい必要があります。コマンドを入力すると、新しいキャパシティーが数分以内に使用可能になります。ファイルシステムで新しいストレージキャパシティーが利用可能になると、Amazon FSx はストレージの最適化を開始します。これは、ファイルシステムのデータを新しい大きなディスクに移行するプロセスです。必要に応じて、ファイルシステムのスループットキャパシティーを一時的に増やすことにより、いつでもストレージ最適化プロセスを加速できます。Amazon FSx がこれらの操作をバックグラウンドで実行している間、パフォーマンスへの影響は最小限であり、ファイルシステムへのフルアクセスは常に可能です。

次のコマンドを入力すると、ファイルシステムの更新が「IN_PROGESS」にあり、ストレージの最適化が「PENDING」にあることがログリターンの下部を見るとわかります。

aws fsx --endpoint-url <endpoint> describe-file-systems

ストレージ最適化プロセスの開始後は、以下のとおりとなります。

さらに、スループットのスケーリングを同時に実行することもできます。以下のコマンドを入力してください。

aws fsx --endpoint-url <endpoint> update-file-system --file-system-id=<FileSystemId> --windows-configuration ThroughputCapacity=<new capacity>

「new capacity」は、<8 または 16 または 32 または 64 または 128 または 256 または 512 または 1024 または 2048> で、現在のキャパシティーよりも大きい必要があります。

これで、スループットのスケーリングとストレージの最適化の両方が進行中であることがわかります。この場合も、ファイルシステムへのフルアクセスは可能です。

スループットのスケーリングでは、ドロップダウンリストから目的のキャパシティーを選択できます。

65,536 GiB を超えるさらに大きなキャパシティーが必要な場合は、Microsoft の Distributed File System (DFS) Namespaces を使用して、複数のファイルシステムを 1 つの名前空間にグループ化できます。

本日よりご利用いただけます

ストレージキャパシティーのスケーリングスループットキャパシティーのスケーリングは、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーが利用可能なすべての AWS リージョンで現在利用できます。このサポートは、本日から新しいファイルシステムで利用でき、今後数週間ですべてのファイルシステムに拡張されます。詳細については、ドキュメントをご確認ください。

– Kame;