Amazon Web Services ブログ

AWS Health Tools リポジトリを発表

by AWS Japan Staff | on | in 活用例 |

今回は Tipu QureshiRam Atur を迎え、AWS Health / Personal Health Dashboard の Git リポジトリに関する最新情報についてご紹介します。

-Ana


改善操作の自動化やヘルスアラートのカスタマイズを可能にするコミュニティベースのツールソース、AWS Health Tools のリポジトリを本日リリースしました。AWS Health サービスは、AWS インフラストラクチャに影響するイベントにおいてユーザー独自の情報を提供します。これにより、予定済みの変更を実施しやすくしたり、ユーザーの AWS リソースやアカウントに関する問題のトラブルシューティングを促進することができます。また、AWS Health API は AWS リソースの基盤となる AWS サービスのパフォーマンスや可用性について、各ユーザーに適した情報を表示する Personal Health Dashboard を提供します。さらに Amazon CloudWatch イベントを使用すると、AWS Personal Health Dashboard (AWS Health) イベントのステータスで変更を検出し対応することができます。AWS Health Tools は AWS Health、Amazon CloudWatch イベント、AWS Lambda の統合を活用し、AWS インフラストラクチャに関するイベントへの対応の自動化をカスタマイズすることもできます。たとえば、AWS Health の問題に対応する上で CloudWatch イベントを生成した場合、AWS Health Tools を使用して AWS CodePipeline の一部となるデプロイメントを一時停止することができます。

AWSHealthToolsArchitecture

AWS Health Tools リポジトリは、AWS コミュニティが蓄積したアイデアと専門知識をユーザーが上手く活用することで、効率的に AWS Health イベントを利用できるようにします。リポジトリは無料で公開しているほか、独自のプラットフォームでホストされています。また、リポジトリにはフルソースコードが含まれているので、ユーザーは学びながら参加することができます。AWS のエキスパートと幅広い AWS ユーザーベースの専門知識を活用していけるよう、共に協力していくことを楽しみにしています。AWS Health Tools のサンプルはこちらをご覧ください。

こうしたツールを AWS アカウントで今すぐ使い始めるには GitHub の readme ファイルをご覧ください。

ご自分で作成した AWS Health Tools を AWS コミュニティと共有するには、このリポジトリの使用をおすすめします。

-Tipu Qureshi & Ram Atur