Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Transfer for SFTP

re:Invent 2019 での AWS ストレージガイド: ラスベガスでの時間を最大限に活用する方法

AWS ストレージチーム全体を代表して、re:Invent での計画についてすべてお伝えしたいと考えています。今年のカンファレンスは、ラスベガスストリップの 6 つの会場で、60,000 人以上の参加者を迎え 2,500 を超えるテクニカルセッションが行われ、これまでで最大のカンファレンスになる予定です。最初に、まだ登録されていない場合は、今すぐ登録してください。 登録したら、必ずお気に入りのセッションの座席を予約してください。おそらくストレージ関連になるでしょうが、分析、機械学習、ロボット工学セッションの一部もぜひご確認ください。 ストレージサービス全体で素晴らしいセッションがあり、新しいヒントやテクニック、ベストプラクティスを学び、最新のストレージのイノベーションがライブで発表される機会を十分に得ることができるでしょう。 re:Invent に一度も行ったことがないなら、re:Invent の活用方法の動画を参考にしてください。 re:Invent では本当に多くのことが行われているので、どのように時間を過ごすかを決定するのが難しい場合があります。 10 月 15 日に予約席が公開されることを忘れないでください。アカウントにログインし、セッションカタログにアクセスし、目的のセッションをマークすることで、いつでもスケジュールの計画立案を開始できます (リストを絞り込むのに役立つストレージフィルターを使用することをお勧めします)。日付、時刻、場所を含む完全なスケジュールも利用できます。 re:Invent のすべてのストレージセッションは、こちらをご覧ください プロ向けのヒント: 興味のあるトピックを検索し、参加を希望する可能性があるセッションの絞り込み/予約を開始します。ステップ 2 お気に入りの約 80% が分科会であることを確認してください。ステップ 3 お楽しみください。 中心となるトピックを探索し、セッションをお気に入りに追加したら、他のトピックも探索しましょう。 何が見つかるかわかりません。 ストレージリーダーシップセッション STG201-L – リーダーシップセッション: ストレージの一般教書演説: このリーダーシップセッションでは、すべての AWS ストレージサービスにわたる最新のイノベーションに注目します。AWS のオブジェクト、ファイル、ブロックストレージ、ならびにハイブリッド、エッジ、データ転送サービスの新機能をご覧ください。また、主要な AWS ストレージのお客様が、AWS ストレージを使用してビジネスに競争上の優位性をもたらす方法について講演します。 プロ向けのヒント: リーダーシップセッションは、AWS のリーダー達が AWS でこのトピックのビジョンと方向性を共有するトピックエリアの「一般教書演説」です。 分科会 講義スタイルで、時間は 60 分間です。こうしたセッションは、re:Invent のキャンパス全体で行われ、すべてのレベル (200–400) のすべてのトピックを扱います。セッションは、AWS の専門家、お客様、パートナーによって行われ、通常、最後に […]

Read More

SAPファイル転送ワークロードのためのAWS Transfer for SFTP – 第1回

この記事は、AWSでパートナーソリューションアーキテクトを務めるKenney Antoney Rajanによるものです。 SAPのようなエンタープライズリソースプランニング (ERP)ソフトウェアを使用する多くの組織は、セキュアファイル転送プロトコル (SFTP)サーバーを稼働および保守して、ビジネス上の重要なデータをSAPから外部のパートナーシステムに安全に転送しています。この一連のブログ記事では、SAP Process Integration (SAP PI)とSAP Process Orchestration (SAP PO)、およびSAP Cloud Platform IntegrationとAWS Transfer for SFTP (AWS SFTP)を統合するための手順を紹介します。また、AWS SFTPがAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)に格納するデータを後処理分析に使用する方法も紹介します。

Read More