Amazon Web Services ブログ

Tag: Amaon Forecast for Electric Load Forecast. AIML energy load data

Amazon Forecastによる短期電力負荷予測

この記事は、Short-term Electric Load Forecasting with Amazon Forecastを翻訳したものです。現在、家庭用、商業用、工業用(RCI)のお客様の大半は、「フィーダー」と呼ばれる配電回路を介して電気を受け取っています。配電フィーダーは、下図のように、配電変電所内の回路ブレーカーを起点とし、多くのお客様にサービスを提供しています。送電網の信頼性を高めるために、フィーダーは複数の変電所から電気を受け取るように構成されていることが多いですが、これらの接続スイッチは常に1つしか作動しないようになっています。フィーダーの一方で断線が発生した場合、スイッチを所定の方法で開閉し(スイッチング)、もう一方の端からフィーダーに電力を供給します。 図1:変電所、フィーダー、お客さまの位置のイメージ キロワット(kW)単位で測定されるフィーダーの電気負荷は、動的に変動し、時間、日、季節ごとに非線形なパターンを持っています。電圧低下やサービス停止などの悪影響を避けるためには、送電網の電力の需要と供給のバランスを常に保つ必要があるため、給電網と変電所の需要の正確な短期電力負荷予測(ST-ELF)は、電気事業者の運営と計画に不可欠な要素となっています。ST-ELFは、グリッドに接続されている断続的な分散型発電(RCIソーラー、エネルギー貯蔵、風力発電システムなど)の普及率が高いことなど、多くの要因によって複雑になっています。 ST-ELFの主な目的は、今後1〜14日間の近い将来のネットフィーダー負荷を予測することです。ネットフィーダー負荷とは、フィーダー回路ブレーカーで測定される負荷のことで、系統に接続されているすべての種類の顧客の電気消費量と発電量の合計に、電線や変圧器の電気損失を加えたものです。ST-ELFのエンドユーザーは、電力会社のコントロールセンターのオペレーターや系統運用計画のエンジニアが一般的です。ST-ELFを必要とするユースケースには、以下のようなものがあります。

Read More