Amazon Web Services ブログ

Tag: k8s

Amazon EKS が Kubernetes 1.21 のサポートを開始

この記事は Amazon EKS now supports Kubernetes 1.21 を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Kubernetes 1.21 のサポートを発表できることを嬉しく思います。私は 2021 年の 1 月から 4 月まで、このリリースのアップストリームのリリースチームに参加することができました。Amazon EKS のお客様が “Power to the Community” リリースを体験できることに興奮しています。

Read More

Amazon EKS 1.20 がリリースされました

この記事は Amazon EKS 1.20 Released を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Kubernetes 1.20 のサポートを発表できることを嬉しく思います。私は 2020 年の 9 月から 12 月まで、このリリースのアップストリームのリリースチームを務めるという特権に恵まれました。Amazon EKS のお客様が “The Raddest Release” (訳注: 最高のリリース) のその素晴らしさを体験できることを楽しみにしています。

Read More

マルチアーキテクチャの Amazon EKS クラスターに Spring Boot アプリケーションをデプロイする

この記事は、Deploy a Spring Boot application on a multi-architecture Amazon EKS clusterを翻訳したものです。 本投稿は、Senior Cloud Technical Consultant の Andrew (Qingjie) Ren により寄稿されました。 はじめに ARM ベースと AMD ベースのインスタンスの両方を使用して、マルチアーキテクチャの Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) クラスターにアプリケーションをデプロイすることを検討する理由は何でしょうか? コストの最適化は、お客様にとって重要なビジネスの推進要因であることがよくあります。また、Well-Architected デザインの重要な柱でもあります。通常、コンピューティングリソースのコストを削減するには、いくつかの方法があります。例えば、Savings Plans、オンデマンドインスタンス、スポットインスタンスなどの購入オプションを組み合わせたり、コンピューティングリソースのサイズを適切に設定するなどの方法です。 AWS Graviton2 (ARM ベース) は様々なワークロードに対して、同等の現行世代の AMD ベースのインスタンスに比べて最大 40 %のコストパフォーマンスを提供します。2019 年 12 月に Graviton2 インスタンスが最初に登場されて以来、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)、Amazon Relational […]

Read More

Amazon EKS on Fargate を使用してコンテナイメージをビルドする方法

この記事は、How to build container images with Amazon EKS on Fargate を翻訳したものです。 本投稿は、Container Specialist Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar により寄稿されました。 コンテナは、開発者がアプリケーションをパッケージ化、配布、そしてデプロイする方法を簡素化するのに役立ちます。開発者は、アプリケーションコード、ライブラリ、およびその他の依存関係を含むコンテナイメージにコードをパッケージ化します。このイメージを使用して、コンテナ化されたアプリケーションを互換性のある任意のオペレーティングシステムにデプロイすることができます。2013 年の Docker のリリース以来、コンテナの実行、イメージのビルドおよびリポジトリへのプッシュが容易に行えるようになりました。 ただし、Amazon ECS や Amazon EKS のような環境で Docker を使用してコンテナをビルドするには、Docker で Docker を実行する必要がありますが、これには重大な影響があります。おそらく、Docker を使用してコンテナ化された環境でコンテナイメージをビルドするための最も魅力的ではない前提条件は、特権モードでコンテナを実行する、という要件です。これは、セキュリティ意識の高い殆どの開発者が避けたい慣行です。Docker を使用してラップトップ上でイメージをビルドしても、セキュリティに深刻な影響はない場合があります。それでも、Kubernetes クラスターでコンテナに昇格された特権を与えることは避けるのが最善です。この厳しい要件により Fargate では特権コンテナが許可されていないため、Fargate で Docker と EKS を使用してコンテナイメージをビルドすることもできなくなります。 kaniko 特権モードを必要とせずにコンテナイメージをビルドする問題に対処するために、ここ数年で新しいツールが登場しました。kaniko は、Docker と同じように、Dockerfile からコンテナイメージをビルドするツールの 1 つです。ただし Docker とは異なり、Docker デーモンに依存せずに Dockerfile […]

Read More

Amazon EKS を利用した、ステートレスなマルチリージョンアプリケーションの運用

この記事は、Operating a multi-regional stateless application using Amazon EKS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と、Technical Account Manager の Avi Harari により寄稿されました。 AWS の上で運用を行う主な利点の一つは、お客様が AWS のグローバルフットプリントを利用して複数のリージョンでワークロードを実行することが、いかに簡単かという点です。ディザスターリカバリーをサポートするため、あるいはエンドユーザーとなるお客様の近くでアプリケーションを稼働させるためにマルチリージョンアーキテクチャが必要な場合、AWS はアプリケーションの可用性や信頼性、そしてレイテンシーを改善するためのビルディングブロックを提供します。本投稿では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用して複数の AWS リージョンでアプリケーションを実行し、AWS Global Accelerator を使用して AWS リージョン間でトラフィックを分散する方法を示します。 本投稿での説明をシンプルにするために、複数の AWS リージョンを跨いで実行されるステートレスアプリケーションにスコープを絞って説明しています。データの永続化が必要なワークロードでは、DynamoDB グローバルテーブル、 Amazon Aurora グローバルデータベース、そして Amazon S3 クロスリージョンレプリケーションのような機能を利用することができます。本投稿では、ステートレスアプリケーションの基本的なアーキテクチャを提案しています。ステートフルなマルチリージョンアプリケーションのブループリントをビルドするために、データやデータベースレプリケーションサービスでこのアーキテクチャを補完することもできます。 Amazon EKS はグローバル化においてどのように役に立つのか Kubernetes の宣言的なシステムは、マルチリージョンデプロイメントを運用するための理想的なプラットフォームとなります。宣言的なシステムでは、desired […]

Read More
EKS Managed Addons

Amazon EKS add-ons のご紹介: Kubernetes 運用ソフトウェアのライフサイクル管理

この記事は、Introducing Amazon EKS add-ons: lifecycle management for Kubernetes operational software を翻訳したものです。 当初から、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の目標は、Kubernetes クラスター管理の専門家ではなくても AWS 上で Kubernetes を簡単に実行できるフルマネージドサービスを構築することでした。Amazon EKS が最初にローンチしたとき、それはフルマネージドな Kubernetes コントロールプレーンを意味していました。やがて、お客様からはクラスターに必要なコンピュートパワーの管理を支援してほしいという要望が出てきました。1 年前には、EKS Managed Node Groups と AWS Fargate のサポートを導入しました。 お客様からはさらなる改善のご要望をいただいていました。本日は、フルマネージドな Kubernetes クラスターを提供するための主要なステップである新機能、EKS add-ons について紹介したいと思います。EKS add-ons を使用すると、Kubernetes アプリケーションをサポートするための重要な機能を提供する運用ソフトウェアまたはアドオンを構成、デプロイ、更新することができます。これらのアドオンには、Amazon VPC CNI のようなクラスタネットワーキングのための重要なツールのほか、可観測性、管理、スケーリング、セキュリティのための運用ソフトウェアが含まれます。 本日より Amazon VPC CNI plugin から、Amazon EKS では、新しいクラスターを作成するとき、またはクラスターの実行後いつでもアドオンを有効にできるようになりました。EKS は、クラスター上でアドオンソフトウェアを起動し、1 […]

Read More