Amazon Web Services ブログ

Tag: k8s

Amazon EKS を利用した、ステートレスなマルチリージョンアプリケーションの運用

この記事は、Operating a multi-regional stateless application using Amazon EKS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と、Technical Account Manager の Avi Harari により寄稿されました。 AWS の上で運用を行う主な利点の一つは、お客様が AWS のグローバルフットプリントを利用して複数のリージョンでワークロードを実行することが、いかに簡単かという点です。ディザスターリカバリーをサポートするため、あるいはエンドユーザーとなるお客様の近くでアプリケーションを稼働させるためにマルチリージョンアーキテクチャが必要な場合、AWS はアプリケーションの可用性や信頼性、そしてレイテンシーを改善するためのビルディングブロックを提供します。本投稿では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用して複数の AWS リージョンでアプリケーションを実行し、AWS Global Accelerator を使用して AWS リージョン間でトラフィックを分散する方法を示します。 本投稿での説明をシンプルにするために、複数の AWS リージョンを跨いで実行されるステートレスアプリケーションにスコープを絞って説明しています。データの永続化が必要なワークロードでは、DynamoDB グローバルテーブル、 Amazon Aurora グローバルデータベース、そして Amazon S3 クロスリージョンレプリケーションのような機能を利用することができます。本投稿では、ステートレスアプリケーションの基本的なアーキテクチャを提案しています。ステートフルなマルチリージョンアプリケーションのブループリントをビルドするために、データやデータベースレプリケーションサービスでこのアーキテクチャを補完することもできます。 Amazon EKS はグローバル化においてどのように役に立つのか Kubernetes の宣言的なシステムは、マルチリージョンデプロイメントを運用するための理想的なプラットフォームとなります。宣言的なシステムでは、desired […]

Read More
EKS Managed Addons

Amazon EKS add-ons のご紹介: Kubernetes 運用ソフトウェアのライフサイクル管理

この記事は、Introducing Amazon EKS add-ons: lifecycle management for Kubernetes operational software を翻訳したものです。 当初から、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の目標は、Kubernetes クラスター管理の専門家ではなくても AWS 上で Kubernetes を簡単に実行できるフルマネージドサービスを構築することでした。Amazon EKS が最初にローンチしたとき、それはフルマネージドな Kubernetes コントロールプレーンを意味していました。やがて、お客様からはクラスターに必要なコンピュートパワーの管理を支援してほしいという要望が出てきました。1 年前には、EKS Managed Node Groups と AWS Fargate のサポートを導入しました。 お客様からはさらなる改善のご要望をいただいていました。本日は、フルマネージドな Kubernetes クラスターを提供するための主要なステップである新機能、EKS add-ons について紹介したいと思います。EKS add-ons を使用すると、Kubernetes アプリケーションをサポートするための重要な機能を提供する運用ソフトウェアまたはアドオンを構成、デプロイ、更新することができます。これらのアドオンには、Amazon VPC CNI のようなクラスタネットワーキングのための重要なツールのほか、可観測性、管理、スケーリング、セキュリティのための運用ソフトウェアが含まれます。 本日より Amazon VPC CNI plugin から、Amazon EKS では、新しいクラスターを作成するとき、またはクラスターの実行後いつでもアドオンを有効にできるようになりました。EKS は、クラスター上でアドオンソフトウェアを起動し、1 […]

Read More