Amazon Web Services ブログ

Amazon EC2 Systems Manager による Microsoft VSS を使用したスナップショットサポート

私たちはここでWindows AMIを稼働させるAmazon EC2におけるMicrosoftボリュームシャドウコピー(VSS)のサポートをアナウンスできることを嬉しく思います。VSSはMicrosoft Windows(主要なSQL ServerやExchange Serverなどのマイクロソフトアプリケーションを含む互換性のある)環境における非常に一般的なボリュームバックアップ技術です。VSSはファイルの書き込みなどのディスク処理をバックアップ処理実行中も適切に管理するため、アプリケーション一貫性を持ったバックアップが可能となります。 アプリケーション一貫性バックアップは、マシンまたはインスタンスに接続されたボリュームのバックアップと同時に実行され、メモリ内のすべてのデータと処理中のすべてのトランザクションをキャプチャします。

VSSが有効なAmazon EBSボリュームのスナップショット(以降、”VSS有効化スナップショット”と表記) は、Amazon EC2 Systems ManagerのRun Commandから使用可能です。AWSEC2-CreateVssSnapshot コマンドによってWindowsインスタンスのEC2にアタッチされたEBSボリュームを、バックアップ処理の間トランザクションデータの一貫性を失うことなく、アプリケーション一貫性を持ったスナップショットを取得可能です。この機能によってSQL Backupや、カスタムスクリプトなどによって提供されたアプリケーション固有のバックアップソリューションは不要となります。さらに、イメージレベルバックアップにおけるアプリケーション一貫性を維持するためのサードパーティ製ツールも不要になります。

AWSEC2-CreateVssSnapshotの使用方法

VSS有効化スナップショットは、Windowsが稼働するEC2インスタンスに対してAWSEC2-CreateVssSnapshotコマンドをEC2 Systems Manager Run Commandから呼び出すことで実行します。AWS管理コンソールやAWS CLIから実行したり、PowerShellスクリプトやLambda関数から呼び出すことも可能です。本ブログではEC2コンソールからコマンドで実行する例を示します。

AWSEC2-CreateVssSnapshot Run Command

EC2管理コンソールで、AWSEC2-CreateVssSnapshotコマンドのドキュメントを選択し、VSS有効化スナップショットを取得したいEBSボリュームを持つインスタンスを選択します。 インスタンスを選択した後、スナップショットに追加したい説明やタグを設定します。ブートボリュームをスナップショット処理から除外することも可能です。

Calling AWSEC2-CreataeVssSnapshot Run Command

起動されるとRun CommandはVSSコンポーネント(詳細については後述)に対して、EC2 Windowsインスタンス上のVSS対応アプリケーションのすべての処理中のI/Oをコーディネーションするよう指示します。これによってI/OバッファはEBSボリュームに対してフラッシュされ、すべてのI/Oはスナップショット取得が完了するまでフリーズされます。この結果アプリケーション一貫性が維持されます。スナップショットが取得された後、I/Oフリーズが解除され通常処理に復帰します。

Run Commandやスクリプトから取得したスナップショットは、EC2コンソール左側のEBSスナップショットメニューで確認できます。 このプロセスで正常に取得された全てのVSS有効化スナップショットには “AppConsistent:True”というタグが付与されます。本機能についてのより詳細についてはこちらAWSEC2-CreateVssSnapshot のドキュメントを参照してください。

VSS有効化スナップショットを取得するためのEC2インスタンスの準備

  • インスタンスへのスナップショット許可 : IAMコンソールを開き、”Amazon EC2″サービスに対する以下の権限を許可する新しいポリシーを作成します。
    1. DescribeInstances
    2. CreateTags
    3. CreateSnapshot

またIAMコンソールからAmazon EC2ロールAmazonEC2RoleForSSMに対して上記で作成したポリシーを適用します。さらにこのロールを直接EC2 Windowsインスタンスにアタッチします。

IAM permissions to take VSS-enabled EBS snapshots

  • VSSコンポーネントのインストール : 2017年11月以降のMicrosoft Windows Server AMIイメージにはVSSコンポーネントはプリインストールされています。もし使用しているWindowsインスタンスのパッケージが最新でない場合は、VSSコンポーネント(AwsVssComponents)をAWS-ConfigureAWSPakageコマンドをSystems ManagerのRun Commandから呼び出してインストールする必要があります。

AWS-ConfigureAwsPackage to install VSS components

より詳しいVSS有効化スナップショット取得のためのEC2インスタンスのセットアップについてはこちらAmazon EC2 ドキュメントを参照ください。

Installing VSS components on EC2 instances

AWSEC2-CreateVssSnapshot使用する際には、対象のEC2インスタンスに対してEBSスナップショット作成およびタグ書き込み許可のIAM許可が必要となります。コンプライアンスやポリシーの理由から追加のIAM許諾をインスタンスに付与したくない場合には、カスタム可能なサンプルのスクリプトを活用可能です。このスクリプトの詳細についてはこちらAWSEC2-ManageVssIOに関するドキュメントを参照して下さい。

VSS有効化スナップショットのリストアプロセスは通常のEBSスナップショットと同様です。こちらのリストアのサンプルスクリプトも使用できます。このリストア用スクリプトで、指定されたEBSスナップショットからEC2 Windowsインスタンスにリストアすることが可能です。

About the Author

Purvi Goyal is a Senior Product Manager with the Amazon EC2 team, where she strives to enhance the cloud experience of AWS Enterprise customers. Outside of work, she enjoys outdoor activities like hiking and kayaking.

 

(翻訳:SA松崎, 元の記事はこちらです)