全般

Q: AWS Fargate とは何ですか?

AWS Fargate は、Amazon Elastic Container Service (ECS) と Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) の両方で動作する、コンテナ向けのサーバーレスコンピューティングエンジンです。AWS Fargate を使用すると、アプリケーションの構築に簡単に集中することができます。Fargate ではサーバーのプロビジョンと管理が不要で、アプリケーションごとにリソースを指定してその分のみ料金を支払うことができるだけでなく、設計段階からのアプリケーション分離によりセキュリティを強化します。

Q: AWS Fargate を使用するメリットは何ですか?

AWS Fargate によって、アプリケーションに集中して取り組むことができます。アプリケーションコンテンツ、ネットワーク、ストレージ、スケーリングの要件を定義します。プロビジョニング、パッチ適用、クラスターの容量管理、またはインフラストラクチャ管理の必要はありません。

Q: AWS Fargate はどのようなユースケースをサポートしていますか?

AWS Fargate はコンテナの一般的なユースケースをすべてサポートしています。マイクロサービスアーキテクチャアプリケーション、バッチ処理、機械学習アプリケーション、オンプレミスアプリケーションのクラウドへの移行などを含みます。

Q: AWS Fargate の料金はどうなっていますか?

AWS Fargate では、コンテナ化されたアプリケーションで消費される vCPU、メモリ、およびストレージリソースの量に対してのみ料金が発生します。

vCPU とメモリリソースは、コンテナイメージを取得した時点から Amazon ECS タスクまたは EKS ポッドが終了するまでを対象として計算され、最も近い秒に切り上げられます。1 分の最低料金が適用されます。デフォルトでは、すべての Fargate タスクとポッドで 20 GB のエフェメラルストレージを利用できます。設定した追加のストレージに対してのみ料金をお支払いいただきます。

Fargate は、Amazon EC2 インスタンスの場合と同様に、スポットおよびコンピューティングの Savings Plan 料金オプションをサポートします。詳細については、料金ページをご覧ください。

Q: AWS Fargate は Amazon ECS および Amazon EKS とどのように連携していますか?

Amazon Elastic Container Service (ECS) は、非常にスケーラブルで高性能な Docker コンテナに対応したコンテナ管理サービスで、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) はフルマネージドの Kubernetes サービスです。ECS と EKS は、Fargateによってプロビジョニングされたコンテナを使用し、マネージドスケジューリングによってコンテナの可用性を自動的にスケール、ロードバランス、最適化することで、コンテナ化されたアプリケーションの構築や運用を簡略化します。

Q: AWS Fargate を使用する時期を決めるにはどうしたらよいですか?

分離モデルとセキュリティのため AWS Fargate を選択する。また、EC2 インスタンスのプロビジョンや管理をせずにコンテナを起動したい場合にも Fargate を選択する必要があります。EC2 インスタンスをより細かく制御したい場合や、幅広いカスタマイズオプションが必要な場合は、Fargate なしの ECS または EKS を使用してください。現在 Fargate でサポートされていない GPU ワークロードの場合は EC2 をお使いください。

Q: AWS Fargate の Amazon ECS と Amazon EKS のサポートでサポートされる機能に違いはありますか?

当社の目標は 2 つのオーケストレーターで一貫した機能を提供することです。ただし現時点では、機能がデプロイされるタイムラインが原因で差異が生じる可能性があります。

セキュリティとコンプライアンス

Q: AWS Fargate はどのコンプライアンスプログラムに従っていますか?

AWS Fargate は、PCI DSS Level 1、ISO 9001、ISO 27001、ISO 27017、ISO 27018、SOC 1、SOC 2、SOC 3、HIPAA 適合の基準を満たしています。

詳細については、コンプライアンスのページを参照してください。 

Q: AWS Fargate は、保護医療情報 (PHI) やその他の HIPAA 規制対象ワークロードに使用できますか?

はい。AWS Fargate は HIPAA 対応サービスです。AWS と事業提携契約 (BAA) を締結している場合、Fargate にデプロイされている Docker コンテナを使用して、暗号化された保護医療情報 (PHI) を処理できます。

詳細については、HIPAA コンプライアンスのページを参照してください。PHI の処理、保存、転送を予定しているものの、まだ AWS との BAA を締結していない場合、詳細についてお問い合わせください。

Q: AWS Fargate を使用して、米国政府の規制対象ワークロードを扱うことや、機密扱いの管理された非格付け情報 (CUI) を処理することはできますか?

はい。AWS GovCloud (米国) リージョンで Fargate が利用可能です。AWS GovCloud (米国) リージョンは Amazon の単独クラウドインフラストラクチャおよびサービスで、クラウド上で機密性の高いワークロードを実行する政府機関および請負業者、教育機関、その他の米国内のお客様の特定の規制およびコンプライアンス要件に対応するよう設計されています。Fargate が利用可能な AWS リージョンの一覧については、リージョン表をご覧ください。

詳細については、AWS GovCloud のページを参照してください。

サービスレベルアグリーメント (SLA)

Q: AWS Fargate の SLA は何を保証していますか?

Compute SLA は、AWS Fargate について毎月最低 99.99% の稼働率を保証しています。

Q: SLA サービスクレジットの資格を有しているかどうかは、どうすればわかりますか?

同じリージョン内でタスクを実行している複数のアベイラビリティーゾーンで、毎月の課金期間中の稼働率が 99.99% 未満なら、Compute SLA 対象の AWS Fargate SLA クレジットの資格があります。

SLA の利用規約に関するすべての詳細、およびクレジット請求方法の詳細については、Compute SLA の詳細ページを参照してください。

AWS Fargate の使用を開始する

Amazon ECS コンソールにアクセスする
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ