Amazon RDS はマネージド型リレーショナルデータベースで、データベースエンジンを Amazon AuroraMySQLMariaDBOracleMicrosoft SQL Server、およびPostgreSQL という一般的な 6 種類から選択できます。つまり、既存のデータベースで現在すでに使用しているコード、アプリケーション、およびツールを Amazon RDS で使用できます。Amazon RDS はプロビジョニング、パッチの適用、バックアップ、リカバリ、障害検知、リペアなど、データベースのルーティンタスクを処理します。

Amazon RDS ではレプリケーションが簡単に使用でき、本稼働のワークロードでの可用性と信頼性が向上します。マルチ AZ 配置オプションを使用すると、ミッションクリティカルなワークロードを運用するときの可用性が高まります。プライマリデータベースから、同期レプリケートされたセカンダリデータベースに自動的にフェイルオーバーできます。リードレプリカを使うと、読み込み負荷の高いデータベースワークロードに単一データベースデプロイメントの能力が対応しきれない場合に、スケールアウトできます。

アマゾン ウェブ サービスのすべてのサービスと同様に、初期投資が不要であり、お支払いいただくのは使用したリソースの分のみです。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、Amazon Relational Database Service (RDS)について、1 年間毎月 750 時間の Micro DB Instance、20 GB のストレージ、バックアップ用に 20 GB のストレージが含まれます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »
AmazonRDS_ProductBanner

ここに示す機能の一部は、特定の Amazon RDS データベースエンジンに固有のものです。各エンジンの特長については、詳細ページを参照してください。

Amazon Aurora | MySQL | MariaDBOracle | SQL Server | PostgreSQL

AWS マネジメントコンソールAmazon RDS コマンドラインインターフェイス、またはシンプルな API 呼び出しを使用して、本稼働に対応したリレーショナルデータベースの機能に数分でアクセスできます。

Amazon RDS データベースインスタンスは、選択したエンジンとクラスに適したパラメータと設定で、あらかじめ設定されています。数分のうちにデータベースインスタンスを起動し、アプリケーションを接続できます。DB パラメータグループではデータベースの厳密な管理および微調整が可能です。

Amazon RDS はデータベースインスタンスに Amazon CloudWatch のメトリクスを提供します。追加料金はかかりません。AWS マネジメントコンソールを使用して、コンピューティング/メモリ/ストレージキャパシティ利用率、I/O アクティビティ、 インスタンス接続など、主要オペレーションメトリクスを表示できます。RDS では、50 個を超える CPU、メモリ、ファイル システム、ディスク I/O のメトリクスへのアクセスを提供する拡張モニタリングも提供されます。 詳細 »

Amazon RDS では、デプロイメントが運用されているリレーショナルデータベースソフトウェアに最新のパッチが適用され、常に最新の状態が維持されています。データベースインスタンスにパッチを適用している場合には、オプションのコントロールを使用できます。詳細情報 »

Amazon RDS 汎用ストレージは SSD タイプのストレージオプションで、プロビジョニング容量 1 GB あたり 3 IOPS の安定したベースラインを実現し、最大 3,000 IOPS までバーストする機能を備えています。このストレージタイプは、幅広いデータベースのワークロードに適しています。詳細情報 »

Amazon RDS プロビジョンド IOPS ストレージは、SSD タイプのストレージの選択肢の 1 つです。I/O のパフォーマンスが高速で、予測可能で、一定となるよう設計されています。データベースインスタンス作成時に IOPS レートを指定すると、Amazon RDS はその IOPS レートがデータベースインスタンスに常に適用されるようプロビジョニングします。このストレージタイプは I/O 負荷の高いトランザクション (OLTP) データベースのワークロード向けに最適化されています。データベースインスタンスごとに最大 30,000 IOPS をプロビジョニングできますが、実際に実装される IOPS はデータベースのワークロード、インスタンスタイプ、データベースエンジンの選択によって変化します。詳細情報 »

最大 32 vCPU および RAM 244 GiB までの範囲でコンピューティングリソースとメモリリソースをスケーリングし、デプロイメントをパワーアップまたはパワーダウンすることができます。コンピューティングのスケーリングは通常、数分以内に完了します。

ストレージへの要求が増すのに合わせて、追加ストレージをプロビジョニングできます。Amazon Aurora エンジンは、データベースストレージのニーズが増大するのに合わせて、最大 64 TB または自己設定した最大値までデータベースのボリュームサイズを自動的に拡大します。MySQL、MariaDB、Oracle および PostgreSQL エンジンでは、最大 6 TB のストレージを、稼働中にダウンタイムゼロでプロビジョンできます。詳細情報 »

既定でオンになっている Amazon RDS の自動バックアップ機能により、データベースインスタンスのポイントインタイムリカバリが可能です。Amazon RDS は、お客様のデータベースとトランザクションログをバックアップし、ユーザーが指定した保持期間両者を格納します。これによって、直近で 5 分前まで、保持期間内の任意の時点にデータベースインスタンスを復元できます。自動バックアップの保持期間は、最大 35 日間まで設定できます。

データベースのスナップショットはお客様が開始して Amazon S3 に保存するバックアップで、お客様が明示的に削除するまで保持されます。ご希望の際にいつでも、データベーススナップショットから新しいインスタンスを作成できます。データベーススナップショットはフルバックアップとして動作しますが、ストレージ使用の増加分に対してのみ課金されます。

Amazon RDS マルチ AZ 配置は、データベースインスタンスの拡張された可用性と持続性を提供し、運用データベース作業負荷に自然に適合させます。Multi-AZ データベースインスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS は異なるアベイラビリティーゾーン (AZ) のスタンバイインスタンスにデータを複製します。詳細情報 »

Amazon RDS では、ハードウェア障害が発生した場合、デプロイメントが運用されているコンピューティングインスタンスが自動的に交換されます。

Amazon RDS では、AWS Key Management Service (KMS) を介して管理するキーを使って、データベースを暗号化できるようになりました。Amazon RDS 暗号化を使用して実行するデータベースインスタンスでは、基盤となるストレージに保管されるデータが、自動バックアップ、リードレプリカ、スナップショットとして暗号化されます。

Amazon RDS は、SQL Server および Oracle の Transparent Data Encryption をサポートします。Oracle の Transparent Data Encryption は、AWS CloudHSM と統合されています。これにより、AWS クラウド内のシングルテナントの Hardware Security Module (HSM) アプライアンスで安全に暗号化キーを生成、保管、管理できます。

Amazon RDS は、通信中のデータを保護する SSL の使用に対応しています。

AWS では、データベースインスタンスを Amazon VPC で実行することを推奨します。これによりデータベースを独自の仮想ネットワークに隔離し、業界標準の暗号化 IPsec VPN を使用してオンプレミスの IT インフラストラクチャに接続できます。ファイアウォールを設定して、データベースインスタンスへのネットワークアクセスを制御できます。

Amazon RDS はAWS Identity and Access Management (IAM) と統合されており、データベースインスタンスからスナップショット、パラメータグループ、オプショングループに至るまで、AWS IAM ユーザーおよびグループが特定の Amazon RDS リソースで実行可能なアクションを制限できます。Amazon RDS リソースにはタグを付けることもでき、同じタグおよび関連付けられた値を持つリソースグループで IAM ユーザーおよびグループが実行可能なアクションを制限できます。たとえば、開発者は「Development」データベースインスタンスを変更できるものの、「Production」データベースインスタンスに変更を加えられるのはデータベース管理者のみにするように IAM 規則を設定できます。詳細情報 »

Amazon RDS はデータベースインスタンスに Amazon CloudWatch のメトリクスを提供します。追加料金はかかりません。AWS マネジメントコンソールを使用して、コンピューティング、メモリ、ストレージ、クエリスループット、キャッシュのヒット率、アクティブな接続など、データベースインスタンスに対する 40 以上の主要な運用メトリクスを確認できます。

Amazon RDS は Amazon SNS を使用して、メールまたは SMS テキストメッセージでデータベースイベントを通知します。AWS マネジメントコンソールまたは Amazon RDS API を使用して、データベースインスタンスに関連する 40 種類以上ものデータベースイベントを登録できます。

AWS Config と統合された Amazon RDS では、コンプライアンスに対応しており、パラメータグループ、サブネットグループ、スナップショット、セキュリティグループ、イベントサブスクリプションといった DB インスタンス構成内容の変更の記録と監査によってセキュリティが強化されます。

Amazon RDS のご利用にあたり、初期費用は不要です。起動したデータベースインスタンス 1 つごとに月額料金が発生します。また、不要になったデータベースインスタンスは簡単な操作で削除できます。詳細については、Amazon RDS の料金表ページをご覧ください。

Amazon RDS リザーブドインスタンスとは、1 年契約または 3 年契約で DB インスタンスを予約しておくもので、見返りとして DB インスタンスのオンデマンドインスタンス料金に比べて、大幅な割引を受けられます。

Amazon RDS では、データベースインスタンスを一度に最大 7 日間停止して起動することができます。これにより、常にデータベースを実行する必要がない場合に簡単に手頃な価格で開発やテスト用にデータベースを使用できます。

 


Amazon RDS では現在次のデータベースインスタンスクラスがサポートされています。Amazon Aurora、MySQL、Oracle、SQL Server、PostgreSQL の各データベースエンジンに対応したインスタンスクラスを参照してください。

T1、M1、M2、または CR1 DB インスタンスをお探しですか?旧世代のインスタンスページをご覧ください。

インスタンスタイプ vCPU メモリ (GiB) PIOPS 用に最適化
ネットワークパフォーマンス
スタンダード 
db.m4.large 2
8
搭載
db.m4.xlarge 4
16
搭載
db.m4.2xlarge 8
32
搭載
db.m4.4xlarge 16
64
搭載
db.m4.10xlarge 40
160
はい 10 ギガビット
db.m3.medium 1 3.75
db.m3.large 2 7.5
db.m3.xlarge 4 15 搭載
db.m3.2xlarge 8 30 搭載
メモリ最適化
db.r3.large 2 15
db.r3.xlarge 4 30.5 搭載
db.r3.2xlarge 8 61 搭載
db.r3.4xlarge 16 122 搭載
db.r3.8xlarge 32 244
10 ギガビット
マイクロインスタンス        
db.t2.micro 1 1
db.t2.small 1 2
db.t2.medium 2 4
db.t2.large 2 8