Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Managed Services

AWS Managed Services – エンタープライズ向けのインフラストラクチャ操作管理

大規模なエンタープライズデータセンターは慣例に従うのが一般的です。ポリシー、ベストプラクティス、操作手順は IT マネジメントが担う責任の一部として開発、改善、キャプチャ、体系化する作業が行われています。そしてその際に ITIL モデルに目を向けることは少なくありません。すべてのインフラストラクチャの改善や設定変更そしてプロビジョニングなどのリクエストは必要以上に複雑であったり大幅に時間を要することなく、データセンターのオペレーションがある程度の規律を守り、段階を追って処理することが理想と言えるでしょう。IT スタッフはハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのインストール、パッチの適用、操作のモニタリング、バックアップやその復元、予期していなかった操作上の問題やセキュリティ関連の問題の対応に追われるといったように、その作業量はかなりのものです。多くの企業がこれまで以上に俊敏性を備えコスト節約を実現でき、スケールや革新性に優れた AWS クラウドが提供するメリットを活用できないかと考えていました。クラウドへの移行を計画する上で、こうした企業はすでに使用しているシステムやプラクティスを破棄せずに、クラウドが提供する利点をすべて取り入れることを望んでいます。日常的な操作をできる限り減らすことでスタッフの負担を減少するため、自動化の追加や 1 回以上の使用が可能な標準コンポーネントの利用を希望しています。 AWS マネージドサービスのご紹介 本日、AWS は をリリースしました。Fortune 1000 および Global 2000 向けに設計したこのサービスはクラウド導入を迅速化します。Amazon の社員で構成された専任のチームがサポートする同サービスは、自動化や機械学習を使用することでデプロイ、移行、管理を簡略化します。AWS で構築される は、既存のサービス管理システムの接続用となる一連の統合ポイントを提供しています。エンタープライズが必要としている幅広い要件を満たせるサービスを実現するため、AWS は過去数年に渡り AWS エンタープライズをご利用されているお客様やパートナーと協力してきました。 は 1 つ以上の AWS アカウントとリンクしている仮想データセンターの概念をもとに構築されました。Virtual Private Cloud (VPC) から成る VDC は、DMZ のマルチ AZ サブネットや共有サービス、顧客のアプリケーションを含む複数のデプロイグループを含んでいます。各アプリケーションまたはアプリケーションコンポーネントはマネージド型のスタックでパッケージ化されています。一連の機能概要は次の通りです: インシデントのモニタリング & 解決 – は AWS のモニタリングシステムが検出したインシデントまたは当社の顧客が報告したインシデントを管理します。この機能は複数の アラームを関連付け、実行中のアプリケーションの正常な状態に影響を与える可能性を持つ失敗したアップデートやセキュリティイベントを探します。調査用にインシデントが 内で作成され、AWS のエンジニアが自動または手動で解決します。システムやプロセスの改善に誤検出を使用します。広範囲に渡りデータを収集することで徐々に を改善していくことができます。コントロールの変更 – はすべての操作とリソースを連係させます。変更は変更リクエスト (RFC – […]

Read More