Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon EC2 Auto Scaling

アップデート — EC2 Auto Scalingのキャパシティリバランシング機能によるスポットインスタンスの事前置き換え

本記事は、EC2プロダクトサービスチームのDeepthi ChelupatiとChad Schmutzerによる寄稿です。 本日より、Amazon EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシング機能を提供するようになりました。これは、Auto Scaling グループで Amazon EC2 スポットインスタンスのライフサイクルをプロアクティブに管理するための新機能です。キャパシティリバランシングは、最も余裕のある空きキャパシティを自動的に選択する capacity-optimized 配分戦略 (英語記事)と、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって複数のインスタンスタイプを活用できるミックスインスタンスポリシー機能を補完する位置付けの機能です。キャパシティリバランシングは、スポットインスタンスが Amazon EC2 サービスによって中断される前に、 Auto Scaling グループのスポットインスタンスを自動的に置き換えます。これにより、お使いの Auto Scaling グループの可用性をより一層高めることができます。 スポットインスタンスの事前置き換えを実現するため、キャパシティリバランシングは EC2 サービスの新機能である、 EC2 インスタンスのリバランス通知を活用します。これは、スポットインスタンスが中断のリスクが高まった際に送信されるシグナルです。リバランス通知は、これまで提供してきた 2 分前のスポットインスタンス中断通知よりも早く提供されることが期待されるため、来たる中断に備え、ワークロードをプロアクティブにリバランスする機会を提供します。 EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシングは、スポットインスタンスのライフサイクルを踏まえ、その時点で必要な希望容量を維持するためのシームレスで自動化された仕組みを提供します。これには、リバランス通知の監視、また中断のリスクが高い場合の代替キャパシティーの事前起動、さらに必要に応じて Elastic Load Balancing からのデタッチや、設定されたライフサイクルフックの実行が含まれます。この記事では、スポットインスタンスを中心としたワークロードに対して、EC2 Auto Scaling でキャパシティリバランシングを使用して Auto Scaling グループを管理する方法の概要を説明し、お使いの環境でキャパシティリバランシングを活用するためのユースケースの例を紹介します。 EC2 Auto Scaling と スポットインスタンス — これまでのおはなし さてここで、スポットインスタンスが何であるか、また EC2 […]

Read More