Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon Game Development

EC2とNICE DCVを使ったOculus Quest2でのアプリ実行、開発環境の構築

本記事は Enabling Quest 2 AR/VR on EC2 with NICE DCV を翻訳したものです。 AR/VR が普及するにつれ、いくつかの企業はクラウド内でリアルタイムで利用できる AR/VR 開発環境、テスト環境、実行環境を提供し始めています。これらの需要を満たすためにAR/VR 企業はヘッドセットユーザー向けの高性能なソリューションを確保する必要があります。 AWS では、HPCを使ったインフラストラクチャとサービスを活用して、これらのソリューションを実現するためのいくつかの方法を提供しています。その一つが、G4dn EC2 インスタンス、Nice DCV プロトコル、お客様とソリューション間の高スループットネットワーク接続です。 本記事では、Oculus Quest 2 向けアプリケーション開発、テスト、実行のようなグラフィックを多用するソリューションを作成するために、高性能のEC2 インスタンスを使ったアーキテクチャの構築方法について説明します。セットアップが完了すると、エンドユーザーは高性能のクラウドインスタンスにワイヤレスで接続して、AR/VR アプリケーションを開発、テスト、実行ができるようになります。

Read More

Now available: Amazon GameLift における新しいアジアパシフィック (大阪) リージョンと Graviton2 のサポート

この記事は、”Now available: New Asia Pacific (Osaka) region and Graviton2 support for Amazon GameLift” を翻訳したものです。 本日、Amazon GameLift のアップデートの発表により、開発者のカバレッジを拡大し、日本のプレイヤーにおけるシームレスで低レイテンシーなゲーム体験を強化できることを嬉しく思います。マルチプレイヤーゲームの専用ゲームサーバーをデプロイ、運用、スケーリングする AWS マネージドサービスである GameLift を使用すると、開発者は 200 名以上のプレイヤー向けバトルロイヤルゲームを Large Match Support で作成したり、Autoscaling を使用してプレイヤーのトラフィックに合わせてサーバー容量を自動的に調整したりできます。本日のアップデートでは、GameLift にアジアパシフィック (大阪) リージョンが追加され、ゲーム開発者はmulti-region fleetsを用いて、日本におけるプレイヤーの実際のロケーションに近いアジアパシフィック (大阪) リージョンおよびアジアパシフィック (東京) リージョンにサーバーを配置できるようになりました。

Read More