AWS JAPAN APN ブログ

Category: AWS Training and Certification

「AWS 認定取得: ソリューションアーキテクトチャレンジ」が始まりました!

パートナーソリューションアーキテクトの大林です。AWS パートナーへのイネーブルメントを担当しています。 本日は、習熟度の確認にとても有効な AWS 認定関連の最新情報と関連 Tips をお届けしたいと思います。ぜひ最後までご一読いただけると幸いです。   「AWS 認定取得: ソリューションアーキテクトチャレンジ」が始まりました! 「AWS 認定取得: ソリューションアーキテクトチャレンジ」とは、推奨トレーニングやリソースを活用していただいて、「AWS Certified Solutions Architect – Associate」を支援する取り組みです。トレーニングリソースハブへのアクセスや毎週の進捗確認メールが日本語で配信されるといったサポートに加え、参加者には 50% 割引バウチャーが進呈されます。参加いただくためには、2021 年 11 月 1 日までにサインアップいただく必要がありますが、具体的なバウチャー取得の流れと注意点についてまとめてみました。 50% 割引バウチャー取得の流れ(申請期限:2021 年 11 月 1 日まで) チャレンジ登録ページからチャレンジ登録します。 登録後に案内されるトレーニングリソースハブの説明でバウチャー申請について説明を確認します。 バウチャー申請ページからバウチャーを申請します。(申請期限:2021 年 11 月 1 日まで) 7 営業日以内にメールでバウチャー番号が通知されます。 50% 割引バウチャー取得に関連する注意点 2021 年 11 月 15 日までに、バウチャーを使用して Pearson VUE で試験を予約する必要があります。 2021 […]

Read More

AWS 初学者向け AWS パートナーのラーニングパスご紹介

パートナーソリューションアーキテクトの高橋(Yukki)です。AWS パートナーの育成を行うテクニカルイネーブルメントチームで日々育成の活動をしています。 その中で、「AWS 初学者の勉強方法を教えて欲しい!」というご要望をいただくことが多いので、今回は本ブログでまとめてお伝えしていきたいと思います。 初学者の目標: まずは AWS 認定クラウドプラクティショナー取得がオススメ AWS を学ぶという志を持っても、どうすすめていけばよいか皆さん悩まれます。そこでオススメしているのが、短期的な目標を置いて勉強することです。具体的には、AWS 認定を取得することが効率的かつモチベーションを持って勉強できるので、オススメしています。様々な AWS 認定がありますが、特に初学者の皆様には「AWS 認定クラウドプラクティショナーを目指すこと」を推奨しています。AWS クラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に証明することができます。今後の AWS 学習の基礎になるので、全ての初学者にオススメです! クラウドプラクティショナーの勉強方法 さて、具体的なラーニングステップですが、基本的にAWS学習においてはインプットとアウトプットを繰り返していくことが鉄板です。 インプットとアウトプットとは? ご自身で取り入れた情報(Input)を、外に出す(Output)することで、より理解が深まり更なる学習に繋がります(次の Input)。これを繰り返していくことが、効率よく AWS を学ぶ方法です。 AWS 初学者向けオススメのラーニングパス そこで、AWS パートナーの皆様には状況の考え方に沿って、AWS 初学者向けオススメのラーニングパスを 、7 ステップに分けてご紹介します。順にトライいただくことで、体系的に学べるようになっています。 (*)がついているリソースは AWS パートナー限定のコンテンツです。ここからは、各ステップについてご紹介していきます。 1. Input: 入門 – AWS New Grads Training / はじめてのクラウド クラウドの最初の入り口となるパートナー限定セミナーです。新入社員に特化したトレーニング 「AWS New Grads Training」と、新入社員以外の皆様向けトレーニング 「はじめてのクラウド」を開催しています。「クラウドとは?」といった内容から AWS の学び方までお伝えします。IT 初心者にも伝わる構成となっており、AWS を学ぶ最初の一歩として広くご利用いただけるセミナーです。以下のリンクから録画を公開しておりますのでご視聴ください。 「はじめてのクラウド」視聴ページ […]

Read More

AWSパートナーのエンジニアの皆様!自身のAWS認定資格の紐づけはお済みでしょうか?

下記の「AWS認定資格」のいずれかをお持ちのAWSパートナー企業のエンジニアの皆様、ご自身が取得された各種AWS認定を勤務先のAPNアカウントに紐づけていますか?

Read More

2021年度 APN AWS Top Engineers クライテリアのお知らせ

みなさん、こんにちは! PSA (Partner Solutions Architect)の相澤です。 2019年から実施している「APN AWS Top Engineers」ですが、2021年も実施することが決定しました! 本日は「2021 APN AWS Top Engineers」の募集要項について一足先に発表しますので、表彰を目指しているエンジニアの皆様、是非今から申請に向けたご準備をお願い致します。 「APN AWS Top Engineers」とは AWS Partner Network (APN) に加入している会社に所属している AWS エンジニアの皆様を対象にした表彰制度です。 2020年度の受賞者発表はこちらをご覧ください。 2021年度 APN AWS Top Engineers 募集要項 表彰スケジュール 申し込み時期: 2021年3月下旬 (予定) 結果発表: 2021年5月上旬 (予定)

Read More

AWSパートナーの皆様にAWS認定クラウドプラクティショナー取得をお勧めする理由

AWSには様々な認定があります。認定というと技術者だけが取得するもの、と考えがちなのですが、AWSには「AWS認定クラウドプラクティショナー」という資格があり、AWSパートナーの皆様(文字通り皆様)に取得いただくようにお勧めしています。 今回はAWS認定クラウドプラクティショナー取得をAWSパートナーの皆様にお勧めする理由と年内無償で開催されているクラウドプラクティショナーセミナーをご紹介します。

Read More

AWSパートナー様向け AWSサーバー移行ハンズオン会 開催のお知らせ 11/25(水) 13:00~17:00

AWS Hands-on for Beginnersでは初心者向けのハンズオン動画を毎月更新しておりますが、先日新たにCloudEndure Migration編が追加されました! CloudEndure Migration編 公開記念として、オンラインハンズオン会を開催致します。 当日限定でAWSアカウント貸出、並びにQA対応を行うソリューションアーキテクトが待機しておりますので、オンプレミスサーバーをAWSへ移行する方法を学びたい方は是非この機会にご参加ください! ##################### ■対象 ・オンプレミスサーバーをAWSへ移行する方法を学びたい方 ・オンプレミスサーバーの構築/運用経験をお持ちの方 ・CloudEndure Migrationにご興味がある方 ■AWSからの支援内容 1. ハンズオン用AWSアカウントを当日限定でお貸出し致します。 2. ソリューションアーキテクトが当日13:00-17:00に待機しており、ハンズオンQA問合せフォームに登録頂くとハンズオンのフォローや質疑の対応を致します。

Read More

AWS認定クラウドプラクティショナー取得予定の皆様へ

めっきり秋らしくなってきました今日この頃、スポーツの秋、食欲の秋などいろいろありますが、本日は勉学のススメをさせていただきたいと思います。   9月からスタートし、本Blogでも紹介して大好評をいただいておりますAWS認定クラウドプラクティショナー演習講座ですが開催もいよいよ折り返し。 嬉しいご報告もぽつぽつといただくようになりました。 AWS認定クラウドプラクティショナーは技術者だけでなく、クラウドビジネスに携わるすべての人に取得いただきたい認定です。

Read More

AWS GameDay Online APN Cup.vol1 結果発表!

パートナーSAの相澤です。先日(9/2)にAPN Partner様向けAWS GameDay(Microservice Madness)をオンライン開催し、APN Partner 24社 – 30チーム(120名)の方に全国各地からご参加頂きました。 AWS GameDayとは毎年re:Inventで大々的に行われ、世界中から多くのエンジニアが参加するコンテスト要素も含んだ実践型トレーニングイベントになります。 オンラインという性質上、会場に集まってワイワイガヤガヤといった雰囲気を味わうことはできませんでしたが、オンラインならではのリモート用モジュールや動画コンテンツを交えながら、会場で実施するときとは一味違ったGameDayを楽しんで頂けました。

Read More