Amazon Web Services ブログ

200 拠点めの Amazon CloudFront POP (Points of Presence) + 料金の引き下げ

2 年足らず前に、Amazon CloudFront の 100 番目の POP (Points of Presence) を発表しました。

POP (Points of Presence) の フットプリント全体は、1 年あたり 50% 増えています。2017 年に 100 番目の POP (Points of Presence) を開始して以来、中国、イスラエル、デンマーク、ノルウェー、南アフリカ、UAE、バーレーン、ポルトガル、ベルギーを含む 34 か国の 77 の都市に拡大しました。

CloudFrontは、 Superbowl LIII木曜夜のフットボール (Prime Video 経由)、 ロイヤルウェディング冬季オリンピックコモンウェルスゲーム、多くのサッカー試合 (2019 FIFA ワールドカップを含む)などを含む注目度の高いライブストリーミングイベントを多く配信するために使用されます。

CloudFront は単独で使用する場合でも、またほかの AWS のサービスと共に使用される場合でも、コンテンツを保護し、基礎のソースを守るために役立つ多くのオプションと共に、コンテンツを配信するための素晴らしい方法です。例:

DDoS 保護Amazon CloudFront の顧客は、2018 年には 84,289 件の DDoS (Distributed Denial of Service) 攻撃から自動的に保護されました。これには、1.4 Tbps の Memcached レフレクション攻撃が含まれます。

攻撃の軽減CloudFront の顧客は AWS Shield Advanced および AWS WAF を使用して、毎秒 2000 万を超えるリクエストのフラッドを含むアプリケーションレイヤーの攻撃を軽減します。

証明書マネジメント – 2016 年には AWS Certificate Manager と CloudFront の統合 を発表し、カスタム証明書の使用は 600% 増えました。

南米の新しいロケーション
今日、当社のグローバルネットワークは成長を続け、アルゼンチン (198)、チリ (199)、コロンビア (200) の新しい場所を含む 200 箇所の POP (Point of Presence) を含むことを発表できることを嬉しく思います。

AWS の顧客である NED はチリを本拠地にしています。同社は、CloudFront を使用してサーバー側の広告インジェクションと低遅延コンテンツ配信をクライアントに提供し、 Lambda@Edge を使用して堅牢な著作権保護対策も実装しています。

料金の引き下げ
また、2019 年 11 月 1 日から、南米のすべての POP (Point of Presence) で CloudFront からのオンデマンドデータ転送の料金を 56% 引き下げています。詳細については、CloudFront の料金 ページをご確認ください。

CloudFront のリソース
以下は、組織で CloudFront を最大限に活用する方法を学ぶのに役立つリソースです。

Jeff