Amazon Web Services ブログ

AWS Service Catalog の AWS のサービスパートナーのステータスを達成した 5 つのパートナーの発表

by AWS Japan Staff | on | in AWSパートナーアワード |

AWS Marketplace の Allison Johnson 氏が、APN の重要なお知らせを伝えるために以下のゲスト投稿を執筆しました。-Ana


昨年 11 月の re:Invent で、AWS のお客様が特定の AWS のサービスの専門知識やスキルを持つパートナーを AWS パートナーネットワーク (APN) で見つけられるよう支援する、AWS Service Delivery Program を発表しました。本日は、Service Delivery Program の新しいパートナーソリューションとして管理ツールを追加します。AWS Service Catalog が、このカテゴリで開始する最初の製品となります。APN Service Catalog パートナーは、お客様の組織によって、AWS での使用が承認された IT サービスのカタログの作成を支援します。AWS Service Catalog では、お客様や APN パートナーが一般的にデプロイされた IT サービスを集中管理し、一貫性のあるガバナンスを実現してコンプライアンス要件を満たすのと同時に、承認済みのサービスをユーザーが自己プロビジョニングできるようにします。数千のコンサルティングパートナーを含む膨大な APN パートナーエコシステムがあり、このプログラムにより、Service Catalog の実装経験のあるパートナーを見つけるプロセスが簡略化されます。本日このプログラムを共に開始するコンサルティングパートナーは、BizCloud Experts、Cloudticity、Flux7、Logicworks、および Wipro です。

パートナーが Service Catalog の称号を達成するためのプロセスは簡単ではありません。すべてのパートナーは、Service Catalog を使用して一般的に照会可能な顧客を持っている必要があり、当社のソリューションアーキテクトとほとんど同じように Service Catalog について理解していることを確認するテクニカルレビューがあります。パートナーのすべてのテクニカルアプリケーションの 1 つの共通のテーマは、顧客が HIPAA のコンプライアンス目標を満たせるようにする要件でした。HIPAA の要件には、1) プロセスの確立、2) プロセスの適用、3) ロールの分離という 3 つの基本的なコンポーネントがあります。Service Catalog は、これら 3 つすべてに役立ちます。パートナーは、AWS CloudFormation テンプレート、Service Catalog の起動制限、および Identity and Access Management (IAM) ベースの Service Catalog ポートフォリオへのアクセス権限を使用して、顧客のためのインフラストラクチャのデリバリープロセスを確立し、厳密に実施します。ロールの分離は Service Catalog の起動制限および IAM を使用して達成され、パートナーはロールの分離を作成できたため、開発者は迅速でありながらも、ポリシーで許可されたことのみを実行できました。もう 1 つの一般的なテーマは、AWS のサービスのセルフサービスの検出と起動のための Service Catalog の使用でした。お客様は Service Catalog に移動して、利用可能な製品のダッシュボードを表示し、独自のリソースを起動することができます。また、標準化と集中管理のために Service Catalog を使用します。お客様の Service Catalog マネージャーは、Service Catalog ダッシュボードを通じてリソースの更新と変更を管理できます。タグは、Service Catalog から起動されたインスタンス間で標準化できます。BizCloud Expert の 2 社の顧客用に作成された Service Catalog ワークフローの視覚的な図を次に示します。

さらに、Service Catalog の専門知識を持つコンサルティングパートナーをお探しの AWS のお客様は、開始パートナーの詳細についてここをクリックしてください。メンバーシップの申請を希望するコンサルティングパートナーは、当社にお問い合わせください。

-Allison Johnson