Amazon Web Services ブログ

Category: Database

2018 年に最もよく読まれた AWS データベースブログ

この記事では、私たちが 2018 年に掲載した AWS データブログ記事で、最もよく読まれた10本を紹介しています。このリストをガイドとして使って、まだ読んでいないデータベースブログに目を通す、または特に有益だと思った記事を読み返すことができます。

AWS データストア内の機密データを保護するためのベストプラクティス

このブログ記事では、データを保護する一般的なデータセキュリティパターンとそれに対応する AWS セキュリティコントロールに焦点を当てます。クラウド内の機密データを保護するための効果的な戦略を立てるには、一般的なデータセキュリティパターンをよく理解し、これらのパターンを明確にマッピングしてクラウドセキュリティコントロールに活かすことが必要です。

Amazon DynamoDB グローバルテーブルを使用してマルチリージョンアーキテクチャを強化する方法

この記事では、Amazon DynamoDB を使用して、複数の AWS リージョンにデプロイされたグローバルバックエンドのデータベースを強化する方法について説明します。ここでは DynamoDB グローバルテーブルを使用します。これは完全マネージド、マルチリージョンかつマルチマスターのデータベースを提供するもので、世界中のどこにいても低レイテンシーのデータアクセスをユーザーに提供できます。

Amazon RDS Under the Hood: シングル AZ インスタンスのリカバリ

この投稿では、Amazon RDS シングル AZ RTO と RPO で何を期待できるかについて説明します。 ワークロードによっては RTO と RPO の要件が緩和されている可能性があり、これらのニーズを満たすにはシングル AZ 設定で十分な可能性があります。ただし、シングル AZ のみのソリューションに着手する前に、シングル AZ RDS インスタンスのリカバリの期待値と、どのようなシナリオがあるかを理解する必要があります。

DynamoDB グローバルセカンダリインデックスを使用してクエリのパフォーマンスを向上させ、コストを削減する方法

この記事では、グローバルセカンダリインデックスを使用してデータを照会し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、毎月の DynamoDB 請求金額を削減する方法をいくつかご紹介します。最近、テーブルあたりのグローバルセカンダリインデックスの最大数が 5 から 20 に、制限が引き上げられました。そのため、今が DynamoDB の使用を最適化するためのグローバルセカンダリインデックスの使用方法を学ぶ恰好のタイミングです。

AWS Schema Conversion Tool で仮想パーティション分割を使用する

データウェアハウスの移行では、AWS SCT はデータベーススキーマを Amazon Redshift に移行するだけでなく、データを移行することもできます。この記事では、仮想パーティション分割を使用して AWS SCT でデータウェアハウスの移行を最適化する方法について検討します。仮想パーティション分割は、並列処理を使用することで大きなテーブルからのデータ抽出作業を高速化します。。

Intuit 社の導入事例: オンプレミス MySQL から Amazon Aurora への移行の自動化

Intuit社はレガシーデータセンターを売却し、顧客向けアプリケーションである QuickBooks、TurboTax、および Mint を AWS に移動させており、今後数年の間には完全に移行させる予定です。このブログ記事では、彼らがオンプレミスMySQLの移行先として、どのような基準で Amazon Aurora を選び、どのようにして最小限のダウンタイムで移行したのかについて共有されています。

新しい Amazon DynamoDB キー診断ライブラリを使用して、アプリケーションのトラフィックパターンを視覚化および理解する方法

最もアクセスしたデータベース項目のグラフとダッシュボードを表示することを可能にする Amazon DynamoDB キー診断ライブラリを公開しました。このブログ記事では、主要な診断ライブラリを設定する方法を説明します。次に、ライブラリの視覚化を使用して、映画データベースの例で、不均一なアクセス分布のキーを特定する方法を説明します。