Amazon Web Services ブログ

FPGAを搭載した EC2 F1インスタンス – 一般提供開始

by AWS Japan Staff | on | in Amazon EC2 |

私達はAWS re:InventでFPGA搭載F1インスタンスの開発者プレビューを開始しました。 この発表に対する反応は素早く圧倒的でした!私たちは2000件以上のエントリーを受け取り、200人以上の開発者にハードウェア開発キット(HDK)と実際のF1インスタンスへのアクセスを提供することができました。

当時私が書いた記事で、私はこのように述べました:

この高度に並列化されたモデルは、計算集約型の問題を処理するカスタムアクセラレータを構築するのに理想的です。 適切にプログラミングされたFPGAは、ゲノム解析や地震解析、財務リスク分析、ビッグデータ検索、暗号化アルゴリズムなど多くのタイプのアプリケーションに30倍のスピードアップを提供する強力な能力を備えています。

プレビュー中に、パートナーや開発者はあらゆる種類の刺激的なツール、サービス、アプリケーションを開発しています。 それらについてちょっとだけ詳細を紹介します。

一般提供開始

本日、米国東部(バージニア州北部)リージョンでF1インスタンスの一般利用を開始しました、多くの時間が経過する前に他のリージョンにも展開する予定です。

私達は、プレビュー中にフィーチャーや機能を追加し、開発ツールをより効率的に使いやすくしました。 下記が概要です:

開発者コミュニティAWS FPGAデベロッパーフォーラムを立ち上げ、FPGA開発者が私たちとやりとりしたり、互いにやりとりする場所を提供しました。

HDKとSDK – EC2 FPGAハードウェア(HDK)とソフトウェア開発キットをGitHubに公開し、プレビュー中に受け取ったフィードバックに応じて多くの改善を行いました。

この改善には、Verilogに加えてVHDL (バーチャルJTAG、バーチャルLED、バーチャルディップスイッチ)、FPGA管理用のAWSライブラリ、FPGAランタイム、AWS OpenCLランタイムライブラリを含むOpenCLのサポートが含まれます。

FPGA Developer AMI – このMarketplace AMIには、RTLコンパイラとシミュレータ、OpenCL開発用 Xilinx SDAccelのフルセットのFPGA開発ツールが含まれており、C4M4R4インスタンスで使用するために全てチューニングされています。

FPGAのワーク

ここでは、我々のパートナーがF1で行っている印象的なものを紹介します。

Edico Genomeは、リアルタイムで実行される全ゲノムシーケンシングを提供することを期待して、F1インスタンスにDRAGEN Bio-ITプラットフォームを導入しています。

Ryftは、Elastic Stackを拡張したデータ解析と機械学習のアクセラレータであるRyft Cloudを提供しています。 Amazon KinesisAmazon Simple Storage Service(S3)Amazon Elastic Block Store(EBS)、およびローカルインスタンスストレージからのデータをソースとし、大量のビット並列処理を使用してパフォーマンスを向上させます。 この製品は、低レベルのC、C++、Java、およびPython APIとともに、高度なJDBC、ODBC、およびRESTインターフェイスをサポートしています (詳細については、Ryft APIページを参照してください)。

Reconfigure.ioは、Goプログラミング言語を使用してFPGAをプログラムできるクラウドベースのサービスを開始しました。 goroutines (軽量スレッド)、channels、selectsなどの並行性指向の言語機能を活用しながら、クラウドベースの環境からコードをビルド、テスト、展開することができます。

NGCodecRealityCodecビデオエンコーダをF1に移植し、ブロードキャスト品質のビデオを毎秒80フレームで生成するために使用しました。 彼らのソリューションは、1つのF1インスタンスで最大32の独立したビデオストリームをエンコードすることができます(詳しくは、彼らの新しい投稿、You Deserve Better than Grainy Giraffes、を読んで下さい)

学校と研究のFPGA

トップクラスの大学の研究グループと大学院のクラスは、AWS Educateを通じて我々に連絡し、F1インスタンスにアクセスすることを熱望していました。

UCLAのCS133クラス(パラレルおよび分散コンピューティング)は、3〜4週間以内に運用可能なF1ベースのFPGAラボを設立しています。 UCLAチャンセラーのジェイソン・コング教授によると、FPGA性能のデバッグ、機械学習の加速、SparkからFPGAへのコンパイル、およびシストリックアレイのコンパイルなど、F1をカバーするための複数の研究プロジェクトが展開されています。

先月、我々は、大規模なデータ研究の革新を促進するためにNSF(National Science Foundation)と協力していることを発表しました(助成金を申請する方法を見つけるためにAWSがNational Science Foundationと共同で革新を促進します)

AWS MarketplaceのFPGA

オリジナルの記事で共有したように、我々は開発者がFPGAを利用したアプリケーションやサービスを構築し、AWS Marketplaceに掲載するための完全なソリューションを構築しました。どのような種類のクールなものがそこに現れるのか、私は待つことができません!

Jeff;

原文:EC2 F1 Instances with FPGAs – Now Generally Available (翻訳:SA小川)