Amazon Web Services ブログ

ランサムウェア「WannaCry」に関するAWSへの影響について

by AWS Japan Staff | on | in Amazon EC2, Amazon EC2 Systems Manager, Amazon Inspector, Amazon WorkSpaces, AWS Directory Service, AWS Elastic Beanstalk, セキュリティ |

 

2017年5月12日頃からWannaCry(別名、WCry、WanaCrypt0r 2.0、Wanna Decryptorなど)と呼ばれるランサムウェア(身代金マルウェア)による被害が世界中から報告されはじめました。日本でも複数の大手企業がこのマルウェアに感染したというニュースが報道されています。

このマルウェアは、ファイル共有および印刷共有サービスを提供するWindows SMBサーバー上に存在する脆弱性を悪用します。デフォルトでは、SMBサーバーはUDPポート137/138およびTCPポート139/445で動作します。また、Windowsオペレーティングシステムの複数のバージョンが対象で、Microsoft社は、この脆弱性を解消するため、2017年3月14日にMicrosoft Windows SMB Server(4013389)の重要なセキュリティ更新プログラムをリリースしました。詳細は、Microsoft MSRC blog もしくは Microsoft Security Bulletin MS1​​7-010 をご参照ください。

 

WannaCryによるAWSサービスへの影響

 

EC2 Windows

 

Amazon EC2上のWindowsに関しては、AWSから提供されている2017.04.12以降のリリースのAMIであれば、この脆弱性の被害を受けていません。また、自動更新が有効になっている場合も、この脆弱性は解消されています。2017.04.12より前のAMIを使用している、かつ、自動更新を有効にしていないお客様は、前述のセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

AWSでは、セキュリティのベストプラクティスに従い、セキュリティグループの設定を確認し、その必要のあるインスタンスおよびリモートホストに対してのみ前述のポートへのアクセスを許可することを、常にお勧めしています。デフォルトでは、EC2セキュリティグループはこれらのポートをブロックします。

AWSのWindows AMIのリリースノートはこちらです。

 

WorkSpaces

 

Amazon WorkSpacesに関しては、2017 年4月15日以降にWorkSpaceを作成した、または、自動更新を有効にしたAmazon WorkSpacesのお客様は、この脆弱性の影響を受けません。 2017年4月15日より前にWorkSpaceを作成し、自動更新を有効にしていないお客様は、セキュリティ更新プログラムをインストールするか、 WorkSpaceを終了して再作成することをお勧めします。

 

Directory Service

 

AWS Directory Serviceに関しては、2017/05/20時点でパッチ適用作業が完了しました。お客様による対応は必要ありません。Amazon Simple AD、 AD Connector、AWS Cloud Directory はこの問題の影響を受けていません。最新情報につきましては、下の原文へのリンク先をご参照ください。

 

Elastic Beanstalk

 

AWS Elastic Beanstalkに関しては、2017 年5月4日以降のWindowsサーバーで構築された環境は、本問題の影響を受けません。ただし、既存のElastic Beanstalk Windows環境のアップデートは常に推奨しています。AWS管理コンソールから、もしくは、環境を再構築することでアップデート可能です。Elastic Beanstalkの現時点での最新のリリースノートはこちらです。

 

AWSによるセキュリティ速報(原文)は、こちらをご覧ください。

 

AWSサービスの効果的な使い方

 

Amazon Inspectorは、Amazon EC2インスタンスに対してエージェントを導入し、セキュリティ診断を行うサービスです。CVE(共通脆弱性識別子)のルールパッケージに基づいた診断も可能で、WannaCryに関連するCVE-2017-0143からCVE-2017-0148の脆弱性の検証ができます。AWS管理コンソール、CLI、APIから診断を実行できます。診断結果は、AWS管理コンソールで表示したり、エグゼクティブサマリー含むPDF形式のレポートとしても取得できます。

AWSコンソール上でのAmazon Inspector 結果一覧画面例

 

AWSコンソール上でのAmazon Inspector 結果詳細画面例

 

詳しくは、Amazon Inspector ユーザーガイドをご覧ください。

 

Amazon EC2 Systems Managerは、Amazon EC2インスタンスおよびオンプレミスサーバーに対してエージェントを導入し、ソフトウェアインベントリ収集やOSパッチ適用、OS構成変更などを一元的に管理できるサービスです。インスタンスに対して、シェルスクリプトやPowerShellコマンドの実行、パッチ適用の時間指定や定期実行などの管理タスクを簡単に自動化できます。今回のような、Windowsのセキュリティ更新プログラム適用にもご利用いただけます。詳しくは、Amazon EC2 Systems Manager ユーザーガイドをご覧ください。

 

推奨するAWSソリューション

 

今回のようなランサムウェアに対する最も有効な対策は、常日頃からバックアップを取得・管理し、セキュリティ推奨構成を保っておくことです。AWSではバックアップ&復旧に関する各種ソリューションの情報が提供されています。

上記の情報も参考に、これからも安心・安全なAWSライフをご満喫ください。

桐山 隼人, セキュリティソリューションアーキテクト
坪 和樹, クラウドサポートエンジニア
長谷川 淳, クラウドサポートエンジニア