Amazon Web Services ブログ

【InterBEE 2021登壇事例】朝日放送テレビ株式会社 「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、朝日放送テレビ株式会社にご登壇いただいた「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

本セッションも含めた、2021年11月18日のInter BEE内のAWS出展社セミナーのアジェンダは以下の通りです。

改めまして本Blogではセミナー発表の中から、朝日放送テレビ株式会社様による「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」について紹介させていただきます。

AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組

昨今、スポーツ中継やeスポーツなどにおいて、クラウドへ映像信号を打ち上げてスイッチングやミキシングを行うリモートプロダクションの事例が増えてきております。その背景には迅速に環境を構築・解体し機動的かつ低コストで番組制作体制を作りたい、現地には最小限のスタッフを派遣しリモートで番組制作を行う事でオペレーションの効率化を図りたいといったニーズが高まっている事が挙げられます。ただし、クラウド上にリモートプロダクションを構築する際、映像の打ち上げ方法、伝送プロトコル、インカム、タリー、スイッチャソフトウェアの実現方法など考慮すべき要素は多数あります。本セッションではそれらの構成要素の特長を捉えつつ、迅速な環境構築と少人数での運用を実現したリモートプロダクションの取り組みを朝日放送テレビ株式会社様がご紹介されております。

登壇者一覧

朝日放送テレビ株式会社
技術局 技術戦略部
土井 匠 氏

アマゾン ウェブサービス ジャパン合同会社
エンタープライズソリューションアーキテクト本部メディアビジネス部ソリューションアーキテクト
小南 英司

セッション概要

本セッションの冒頭では、アマゾンウェブサービスジャパン合同会社の小南より、リモートプロダクションの概要やメリット、及びAWSでの実現方法、利用サービス、パートナーソリューションについてご紹介しています。

remote live prod

お客様事例の紹介パートでは、朝日放送テレビ株式会社の土井様より前半はリモートプロダクションに取り組んだ背景やNDI、Unity、vMixなどの利用技術について触れております。後半ではクラウドを用いてリモートプロダクション環境を構築し、生放送番組での本番利用やスポーツ中継でのvMIX、Grass Valley AMPP利用についてもご紹介いただいております。興味深いのはライブプロダクション業務で必須となるタリー、インカム、スロー再生、CGなどもクラウドを用いて実現されている事です。そしてリモートプロダクションを構築する際の注意点や本番利用を通して得られた知見、及び今後の展望をセッション中では説明いただいております。

abc cloud live prod

終わりに

本Blogでは、2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021出展社セミナーの中から、朝日放送テレビ株式会社様にご登壇いただいた「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」の概要について簡単にご紹介させていただきました。リモートプロダクションを検討されており、機動的でコスト効率の高い構成や制作スタッフの省力化にご興味があるお客様は是非ご覧をいただけますと幸いです。

このBlogは SA 金目が担当しました。


参考リンク

AWS Media Services
AWS Media & Entertainment Blog (日本語)
AWS Media & Entertainment Blog (英語)

AWSのメディアチームの問い合わせ先: awsmedia@amazon.co.jp
※ 毎月のメルマガをはじめました。最新のニュースやイベント情報を発信していきます。購読希望は上記宛先にご連絡ください。