Amazon Web Services ブログ

Tag: Sports

Media & Entertainment 向け re: Invent 2021 / InterBEE 2021 / Siggraph Asia 2021 Recap セミナー 開催報告

はじめに 2022 年 2 月 3 日に Media & Entertainment (M&E) 業界のお客様を主な対象として、昨年開催された AWS re:Invent 2021、InterBEE 2021、Siggraph Asia 2021 の Recap イベントを実施しました。 昨年 2021 年 11 月 29 日(月) 〜 12 月 3 日(金)にわたって開催された re:Invent では、M&E 業界に対する AWS のさまざまな取り組みや世界中のお客様の最新事例が紹介されるとともに、数多くの AWS 新サービス、新機能も発表されました。 国内では、11 月の Inter BEE 2021 で、お客様に最新事例を発表いただきました。東京開催となった 12 月の Siggraph Asia 2021 では、コンテンツ制作ソリューションについてのキーノートスピーチセッションも実施されました。 今回開催された re:Cap イベントでは、これら […]

Read More
205

【InterBEE 2021登壇事例】株式会社 U-NEXT 「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社 U-NEXT 様にご登壇いただいた「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
204

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社 NTTぷらら「AWSで実現するスポーツコンテンツ管理と機械学習の活用」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回は Inter BEE 2021 出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社NTTぷらら様、ソニーマーケティング株式会社様にご登壇いただいた 「AWSで実現するスポーツコンテンツ管理と機械学習の活用」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

【InterBEE 2021登壇事例】朝日放送テレビ株式会社 「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、朝日放送テレビ株式会社にご登壇いただいた「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
jpmne-nhl-goes-all-in-on-uhd-aws

NHLがAWS Elemental Link UHDで映像制作パイプラインのUHD化を実現

NHLの新しいUHD映像制作パイプラインにより、ファンは氷上で起こっていることをより鮮明に、リアルタイムに見ることができるようになりました。NHLは32のアリーナにAWS Elemental Link UHDクラウド打ち上げエンコーダーを複数台導入するなど、最近の技術インフラのアップデートにより、革新的な視聴体験を提供しています。 NHLは新しいLink UHDにより、氷上から撮影された複数のUHDカメラアングルのライブ映像を素早くクラウドに取り込むことを可能にし、メディアパートナーへの高品質なライブコンテンツの配信を効率化し、VOD(ビデオ・オン・デマンド)番組の制作を加速することができました。また、今回のアップグレードにより、NHLはUHDのライブ映像と同じくAWS上で稼働しているPuck and Player Trackingシステムからのリアルタイムデータや統計情報をより簡単に組み合わせることができるようになり、データに基づいたファン体験を提供できるようになりました。

Read More
aws-media2cloud-helps-formula-1-migrate-to-the-cloud-and-manage-its-growing-asset-library

フォーミュラ 1(F1)のクラウド化:AWS Media2Cloudを活用したアセットライブラリ管理

1950年の創設以来、フォーミュラ1(F1)は世界的に認知されたブランドに成長し、世界中のグランプリレースイベントで撮影された画像、音声、映像の膨大なライブラリーを持っています。長い時間をかけて撮影されたF1の膨大なメディア資産は、保存、管理、利用する上での課題となっていました。研究者、編集者、プロデューサーは、新旧の映像を探したりアクセスしたりするために、プロジェクト全体の時間の50%を費やし、ワークフローの非効率性を生み出していました。AWS Solutions Media2Cloud: Architecture for the Formula 1 Legacyでは、AWSがMedia2Cloud(M2C)リファレンス実装を用いて、F1のメディアアセット管理ニーズに対する長期的な解決策をどのように構築したかを紹介しています。このソリューションにより、F1はクラウド上のメディア資産に効率的にアクセスできるようになります。

Read More
stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More
edge caching on aws wavelength

AWS Wavelengthでのエッジキャッシング

エッジキャッシングとコンテンツ配信ネットワーク(CDN)はオーバー・ザ・トップ(OTT)とオーバー・ザ・エア(OTA)の配信で重要な役割を担っています。エッジキャッシングとCDNはオリジンサーバーや長距離ネットワークの負担を軽減しつつ、ユーザーデバイスの近くにデータを一時的に置いておくことで地理的な配信を可能にします。これにより数千人のユーザーがより大きな都市圏や地域においてレスポンスタイムを短縮しながらコンテンツに効率的にアクセスできるようになります。 この記事ではエッジキャッシングを「最初のデータソース(オリジンサーバー)からのデータを、データソースから離れたデバイスで消費するために中間で保存すること」と大まかに定義します。データはオリジンサーバーからエッジキャッシュによって取得され、後続の「近隣」のデバイスはエッジキャッシュからコンテンツを取得します。

Read More

クローズアップ: BundesligaとAWSが2021シーズンに向けてパフォーマンススタッツを活用した新しいリアルタイムゲーム分析をアップデート

Bundesligaはファンにピッチ上でのアクションに対するより深い洞察を与えるための「Bundesliga Match Facts」 powered by AWSに新しい3つの機能の追加をアナウンスしました。3つの新しいMatch Factsには次のものが含まれます。まず「Most Pressed Player」はボールを保持中の選手が試合中にどれだけプレス (プレッシャー)を受ける状況に置かれたかを定量化し表示するものです。次に「Attacking Zones」は、応援するチームがどこから攻撃をしているか、ピッチのどのサイドから攻撃すると得点しやすいかを示すものです。3つ目は「Average Positions – Trends」で、チームの戦術フォーメーションがどのように変化したかまた、それが結果にどのようにインパクトを与えたかを示すものとなっています。

Read More