Amazon Web Services ブログ

Tag: Sports

edge caching on aws wavelength

AWS Wavelengthでのエッジキャッシング

エッジキャッシングとコンテンツ配信ネットワーク(CDN)はオーバー・ザ・トップ(OTT)とオーバー・ザ・エア(OTA)の配信で重要な役割を担っています。エッジキャッシングとCDNはオリジンサーバーや長距離ネットワークの負担を軽減しつつ、ユーザーデバイスの近くにデータを一時的に置いておくことで地理的な配信を可能にします。これにより数千人のユーザーがより大きな都市圏や地域においてレスポンスタイムを短縮しながらコンテンツに効率的にアクセスできるようになります。 この記事ではエッジキャッシングを「最初のデータソース(オリジンサーバー)からのデータを、データソースから離れたデバイスで消費するために中間で保存すること」と大まかに定義します。データはオリジンサーバーからエッジキャッシュによって取得され、後続の「近隣」のデバイスはエッジキャッシュからコンテンツを取得します。

Read More

クローズアップ: BundesligaとAWSが2021シーズンに向けてパフォーマンススタッツを活用した新しいリアルタイムゲーム分析をアップデート

Bundesligaはファンにピッチ上でのアクションに対するより深い洞察を与えるための「Bundesliga Match Facts」 powered by AWSに新しい3つの機能の追加をアナウンスしました。3つの新しいMatch Factsには次のものが含まれます。まず「Most Pressed Player」はボールを保持中の選手が試合中にどれだけプレス (プレッシャー)を受ける状況に置かれたかを定量化し表示するものです。次に「Attacking Zones」は、応援するチームがどこから攻撃をしているか、ピッチのどのサイドから攻撃すると得点しやすいかを示すものです。3つ目は「Average Positions – Trends」で、チームの戦術フォーメーションがどのように変化したかまた、それが結果にどのようにインパクトを与えたかを示すものとなっています。

Read More