Amazon Web Services ブログ

Tag: Live Video

205

【InterBEE 2021登壇事例】株式会社 U-NEXT 「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社 U-NEXT 様にご登壇いただいた「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

【InterBEE 2021登壇事例】朝日放送テレビ株式会社 「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、朝日放送テレビ株式会社にご登壇いただいた「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
aws-elemental-live-introduces-jpeg-xs-for-low-latency-visually-lossless-contribution-to-the-cloud

AWS Elemental LiveがJPEG XSの導入で低レイテンシーかつ視覚的ロスレスなクラウドへの映像打ち上げを実現

JPEG XSの概要 ビデオの消費が増加し、コンテンツプロバイダーによる高品質コンテンツの提供が増加するにつれて、帯域幅の容量がますます重要になっています。放送設備での非圧縮ビデオ伝送について、従来のシリアルデジタルインターフェイス (SDI) インフラストラクチャから、インターネットプロトコル (IP) 技術に移行する放送局は、SMPTE ST 2110やSMPTE ST 2022-6など、米国映画テレビ技術協会 (SMPTE:Society of Motion Picture and Television Engineers) の規格に準拠します。ST2110については、Brian Bedardによるブログ、SMPTE ST 2110 blog (3部構成のうち第1部)をぜひご参照ください。

Read More
jpmne-nhl-goes-all-in-on-uhd-aws

NHLがAWS Elemental Link UHDで映像制作パイプラインのUHD化を実現

NHLの新しいUHD映像制作パイプラインにより、ファンは氷上で起こっていることをより鮮明に、リアルタイムに見ることができるようになりました。NHLは32のアリーナにAWS Elemental Link UHDクラウド打ち上げエンコーダーを複数台導入するなど、最近の技術インフラのアップデートにより、革新的な視聴体験を提供しています。 NHLは新しいLink UHDにより、氷上から撮影された複数のUHDカメラアングルのライブ映像を素早くクラウドに取り込むことを可能にし、メディアパートナーへの高品質なライブコンテンツの配信を効率化し、VOD(ビデオ・オン・デマンド)番組の制作を加速することができました。また、今回のアップグレードにより、NHLはUHDのライブ映像と同じくAWS上で稼働しているPuck and Player Trackingシステムからのリアルタイムデータや統計情報をより簡単に組み合わせることができるようになり、データに基づいたファン体験を提供できるようになりました。

Read More
jpmne-contextualized-viewer-engagement-and-monetization-for-live-ott-events

ライブOTTイベントにおけるコンテキスト化された視聴者エンゲージメントと収益化

人気のライブ配信イベントの多くは、そのコンテンツのスリルや予測不能性、新鮮さ、未知要素によって、視聴者の高い注意を引き付けます。一方、オーバーザトップ (OTT) の世界では、ラストマイルのネットワークレイテンシーとメディアプレーヤーバッファによって、多くの場合、視聴者はリアルタイムよりも少なくとも数秒遅れに抑えられています。視聴者のその関心の高まりとラストマイルのネットワークレイテンシーを組み合わせて活用することで、コンテキスト化されたハイパーターゲットによるエンゲージメントや、ティーザー広告、サプライズを提供することができます。それは、収益化の機会の増大や効果的な視聴者エクスペリエンスにつながる可能性があります。ライブコンテンツのコンテキストと視聴者プロファイルに応じて、パーソナライズされ、コンテキスト化されたエンゲージメントのインストルメント(手段)を、ほぼリアルタイムで視聴者のインターフェイスにプッシュすることが可能です。そのようなインストルメントには、トリビア、クーポンのオファー、投票、コンテスト、アクションを促すパーソナライズされた広告などがあります。

Read More
jpmne-aws-media-seminar-q3-cloud-live-production

【開催報告&資料公開】AWS メディアセミナー Q3 ~クラウドライブプロダクション~

2021年9月2日にメディア業界のお客様向けに、AWSで実現するライブリモートプロダクションソリューションについてのセミナーを開催いたしました。ライブプロダクションの現場では、現地へ派遣するスタッフや機材を減らし、制作コストを抑えるニーズが高まっています。そこで本セミナーでは、AWSで実現するライブリモートプロダクションソリューションを実現するための課題とポイント、AWSのお客様の事例を交え、お客様がどのようにこの課題に対して取り組まれてきているのかについてお話をいただきました。 セミナーのアジェンダ: アマゾンウェブサービス(AWS)ジャパン : Cloud Live Production の展望 株式会社フジテレビジョン様: フジテレビ ニュース総局 LIVE STUDIOとしての取り組み ~AWSを用いた番組制作とクラウド編集~ 株式会社フォトロン様: フォトロンが提供するクラウドライブプロダクション 株式会社Jストリーム様: リモートプロダクション/ライブパブリッシングを実現するGrabyoサービスのご紹介 ~ソーシャルメディア配信の重要性と配信環境の課題について~

Read More
how-amazon-live-is-creating-interactive-shoppable-livestreams-for-customers-powered-by-amazon-ivs

Amazon LiveでのAmazon IVSを活用したインタラクティブなShoppable(ショッパブル)ビデオライブストリーム

OTTコンテンツ、ソーシャルメディア、そしてコネクテッドテクノロジーが普及した今、消費者はこれまで以上にライブやオンデマンドのビデオに注目しています。約80%の消費者はブログを読むよりもライブビデオを見たいと考えており、一般的なビデオストリーミングはインターネットトラフィックの80%以上を占めると推測されています。米国でいち早くライブストリーム・ショッピングを開始したAmazon Liveは、Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)を利用して、お客様とお気に入りのインフルエンサーやブランドとを結びつけ、インタラクティブなライブストリームを通じてお客様にショッピングのインスピレーションを提供しています。

Read More
vMix on Amazon EC2

vMix on Amazon EC2でライブビデオ制作環境を構築する

ライブビデオは企業がユーザーやステークホルダーとエンゲージメントを高めるために利用される効果的で注目を浴びているメカニズムです。ビジネス上の制約でコンテンツ制作者が自宅を含むスタジオの外でライブコンテンツを制作することが求められる中、AWSのライブビデオ制作ソリューションは様々な業界の企業が迅速に適応できるよう支援していきたいと考えております。 このブログでは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)上のvMixとAWS Elemental Media Servicesを使用して、独自のクラウドベースのライブプロダクションおよびストリーミングプラットフォームを構成する方法を紹介します。

Read More
Elemental Live supports JPXS

AWS Elemental LiveオンプレミスエンコーダーでJPEG XSおよびSMPTE2110-22をサポート、AWS クラウドでの非圧縮動画ワークフローを実現

AWS Elemental Liveはさまざまな IP 動画ワークロードで高い信頼性と豊富な機能を提供するソフトウェアベースのオンプレミスエンコーダーです。先日の2.21.3 GA ソフトウェアリリースで JPEG XS のエンコーディング・デコーディングおよびSMPTE2110-22入出力をサポートしました。JPEG XSは低レイテンシーかつ視覚的にロスレスなコーデックで、SMPTE2110-22により映像伝送サービスAWS Elemental MediaConnect経由でクラウドへのロスレス入出力をサポートします。 MediaConnect ではAWS Cloud Digital Interface (AWS CDI) フローをサポートしており、AWS クラウドでの非圧縮の動画ワークフローを構築できます。この度のElemental Live のJPEG XS及びSMPTE2110-22入出力サポートにより、AWS CDI フローにAWS Direct Connect を効率的に利用することで、オンプレミスの SDI および SMPTE 2110 動画ネットワークを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) VPC ライブ動画ネットワークにブリッジできるようになりました。フローにJPEG XS を使用することで、クオリティやレイテンシーを犠牲にすることなく、クラウド動画の帯域幅を最大 90% 削減できます。

Read More
srt-inputs-in-aws-elemental-live

AWS Elemental LiveにSRT(Secure Reliable Transport)を入力する方法

SRTとは SRT(Secure Reliable Transport)はHaivision社が開発したビデオストリーミングのパフォーマンスを最適化するオープンソースのビデオトランスポートプロトコルです。SRTは2つのエンドポイントを接続し信頼性の低いネットワーク上で低遅延でビデオを配信する技術パッケージとプロトコルを含んでおり、優れたビデオ品質を提供しネットワークの瞬断にも耐えるように設計されています。 SRTはジッター、パケットロス、ネットワーク帯域の変動から保護し視聴者に最高品質の映像を提供します。 またレイテンシーの設定が可能な低遅延プロトコルであり、レイテンシーと信頼性の最適化が可能です。 SRTは接続性の限られたコンサート会場やコンベンションセンターからのライブストリーミングなど、ロスの多いネットワーク上で映像を送信しなければならないお客様に最適なプロトコルです。SRTはこのようなロスの多いネットワーク上でも、信頼性の高い低遅延のストリームを配信することができます。SRTはまた、エンドツーエンドで128ビット、192ビット、256ビットのAES暗号化を提供し、コンテンツの転送中の保護を確実にします。

Read More