Amazon Web Services ブログ

Tag: Live Video

How to: Build an engaging feed app with React and Amazon IVS

ReactとAmazon IVSを使用して魅力的な動画フィードアプリを構築する方法

はじめに ライブ動画配信は人々を魅了するコンテンツとしての新しいスタンダードになりましたが、動画の専門知識を持たない開発者はいざ配信を開始する際にしばしば苦労していると聞きます。ライブ動画の取り込み、処理、パッケージング、配信、再生を、優れたユーザーエクスペリエンスで管理することは大変な作業です。 Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)は視聴者の場所に関わらず、低レイテンシーのライブ動画を配信する際の複雑な技術的課題に対応できるよう設計されています。Amazon IVSを使用すると人々を魅了するようなインタラクティブな動画エクスペリエンスを作り出すことに集中できます。

Read More
Elemental Link

AWS Elemental Linkが国内代理店様から購入可能になりました

2020年4月にリリースされたAWS Elemental Link(以下Link)。まもなく登場から1年が経過しようとしています。日本でも30社を超えるお客様にご購入頂いており、「操作がシンプルで使いやすい。」「画質が良い。」「ライブ運用中の監視が容易。」などのポジティブな感想を頂戴しております。また一方、LinkはAWSのコンソールで簡単に購入できるものの、輸入購入となるため、米ドルで米国の銀行に振り込みをしなければならないことや、電安法の規定により再販ができないことに苦言を頂戴することもありました。流通面で、より容易に、迅速に、そして再販については電安法準拠をして可能とするように後述する代理店様を設定致しました。本ブログでは、良い評価を頂ける背景にあるLinkの機能について最新情報を交えながらお伝えしたいと思います。

Read More

クローズアップ: BundesligaとAWSが2021シーズンに向けてパフォーマンススタッツを活用した新しいリアルタイムゲーム分析をアップデート

Bundesligaはファンにピッチ上でのアクションに対するより深い洞察を与えるための「Bundesliga Match Facts」 powered by AWSに新しい3つの機能の追加をアナウンスしました。3つの新しいMatch Factsには次のものが含まれます。まず「Most Pressed Player」はボールを保持中の選手が試合中にどれだけプレス (プレッシャー)を受ける状況に置かれたかを定量化し表示するものです。次に「Attacking Zones」は、応援するチームがどこから攻撃をしているか、ピッチのどのサイドから攻撃すると得点しやすいかを示すものです。3つ目は「Average Positions – Trends」で、チームの戦術フォーメーションがどのように変化したかまた、それが結果にどのようにインパクトを与えたかを示すものとなっています。

Read More

VLC Media Player から クラウド上の AWS Media Services への RTP を使った接続

全 5 回の Blog 連載のうちの最終回である今回は、様々なエンコーダーから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 VLC MEDIA PLAYER と RTP および AWS MEDIA SERVICES を利用したチャンネルの作成 こちらの例では、RTP (Real-Time Transport Protocol) 伝送用エンコーダーとして VLC media player を用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Services の設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 VLC media player は、様々なストリーミングプロトコルをサポートしている、フリーかつオープンソースのクロスプラットフォームのマルチメディアプレイヤーとフレームワークです。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 ・RTP を使った伝送用エンコーダーとして VLC media player をセットアップ ・伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) […]

Read More

FFmpeg から クラウド上の AWS Media Services への RTMP を使った接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 4 回目の連載である今回は、様々なエンコーダーから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 FFMPEG と RTMP および AWS MEDIA SERVICES を利用したチャンネルの作成 こちらの例では、RTMP (Real-Time Messaging Protocol) 伝送用エンコーダーとして FFmpeg を用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Services の設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 FFmpeg は、オーディオとビデオを記録、変換、およびストリームする完全なクロスプラットフォームのソフトウェアソリューションです。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 ・RTMP を使った伝送用エンコーダーとして FFmpeg をセットアップ ・伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 ・AWS Elemental MediaLive の出力を AWS Elemental […]

Read More

FFmpeg から クラウド上の AWS Media Services への RTP を使った接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 3 回目の連載である今回は、様々なエンコーダーから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 FFMPEG と RTP および AWS MEDIA SERVICES を利用したチャンネルの作成 こちらの例では、RTP (Real-Time Transport Protocol) 伝送用エンコーダーとして FFmpeg を用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Services の設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 FFmpeg は、オーディオとビデオを記録、変換、およびストリームする完全なクロスプラットフォームのソフトウェアソリューションです。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 RTP を使った伝送用エンコーダーとして FFmpeg をセットアップ 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 AWS Elemental MediaLive の出力を AWS […]

Read More

OBS Studio から クラウド上の AWS Media Services への接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 2 回目の連載である今回は、様々なエンコーダから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 OBS STUDIO と AWS MEDIA SERVICESを利用したチャンネルの作成 こちらの例では、OBS(Open Broadcaster Software) Studio というソフトウェアと RTMP (Real-time Messaging Protocol) Pushを用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Servicesの設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 RTMP push を使った伝送用エンコーダーとしての OBS Studio のセットアップ 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 AWS Elemental MediaLive の出力を AWS […]

Read More

オンプレミスの AWS Elemental Live から クラウド上の AWS Media Services への接続

AWS Media Services は、あなたのカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、クラウド上で追加的な処理、パッケージング、配信する前に、まず、撮影機器からのビデオ信号をエンコードする必要があります。まずは、(クラウドに対して)地上のカメラ、ソフトウェア、ハードウェアから始めていきましょう。 オンプレミスエンコーダと AWS Media Services を使用してライブビデオの作成を開始する 全 5 回の Blog 連載を通じて、様々なエンコーダをどのように設定して AWS Media Services に接続するのかを学ぶことが出来るでしょう。最初のこのワークフローでは、撮影現場の AWS Elemental Live エンコーダーを利用して、Real-time Transport Protocol (RTP) と forward error correction (FEC) のチャンネルを作成・設定し、クラウド上で処理およびパッケージングをするための AWS Media Services を設定する方法をステップバイステップで解説していきます。 下記の方法を学びます。 オンプレミスのアプライアンスである AWS Elemental Live を、FEC を有効にした RTP を使った伝送用エンコーダーとしてセットアップする方法 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 […]

Read More