Amazon Web Services ブログ

Tag: Live Video

Elemental Live supports JPXS

AWS Elemental LiveオンプレミスエンコーダーでJPEG XSおよびSMPTE2110-22をサポート、AWS クラウドでの非圧縮動画ワークフローを実現

AWS Elemental Liveはさまざまな IP 動画ワークロードで高い信頼性と豊富な機能を提供するソフトウェアベースのオンプレミスエンコーダーです。先日の2.21.3 GA ソフトウェアリリースで JPEG XS のエンコーディング・デコーディングおよびSMPTE2110-22入出力をサポートしました。JPEG XSは低レイテンシーかつ視覚的にロスレスなコーデックで、SMPTE2110-22により映像伝送サービスAWS Elemental MediaConnect経由でクラウドへのロスレス入出力をサポートします。 MediaConnect ではAWS Cloud Digital Interface (AWS CDI) フローをサポートしており、AWS クラウドでの非圧縮の動画ワークフローを構築できます。この度のElemental Live のJPEG XS及びSMPTE2110-22入出力サポートにより、AWS CDI フローにAWS Direct Connect を効率的に利用することで、オンプレミスの SDI および SMPTE 2110 動画ネットワークを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) VPC ライブ動画ネットワークにブリッジできるようになりました。フローにJPEG XS を使用することで、クオリティやレイテンシーを犠牲にすることなく、クラウド動画の帯域幅を最大 90% 削減できます。

Read More
srt-inputs-in-aws-elemental-live

AWS Elemental LiveにSRT(Secure Reliable Transport)を入力する方法

SRTとは SRT(Secure Reliable Transport)はHaivision社が開発したビデオストリーミングのパフォーマンスを最適化するオープンソースのビデオトランスポートプロトコルです。SRTは2つのエンドポイントを接続し信頼性の低いネットワーク上で低遅延でビデオを配信する技術パッケージとプロトコルを含んでおり、優れたビデオ品質を提供しネットワークの瞬断にも耐えるように設計されています。 SRTはジッター、パケットロス、ネットワーク帯域の変動から保護し視聴者に最高品質の映像を提供します。 またレイテンシーの設定が可能な低遅延プロトコルであり、レイテンシーと信頼性の最適化が可能です。 SRTは接続性の限られたコンサート会場やコンベンションセンターからのライブストリーミングなど、ロスの多いネットワーク上で映像を送信しなければならないお客様に最適なプロトコルです。SRTはこのようなロスの多いネットワーク上でも、信頼性の高い低遅延のストリームを配信することができます。SRTはまた、エンドツーエンドで128ビット、192ビット、256ビットのAES暗号化を提供し、コンテンツの転送中の保護を確実にします。

Read More
enhance-your-live-stream-with-html5-motion-graphics

HTML5 モーショングラフィックスオーバーレイでライブストリームを強化する

ライブコンテンツにHTML5のグラフィック要素を追加することは、その容易さからリニア放送の強化のため一般的に利用されるようになってきています。これらのグラフィック要素は標準的なウェブ技術を用いて構築されているため、コンテンツ制作者は専用のオーサリングツールやレンダリングツールを使用する必要がありません。一般的な使用例としては、スポーツイベントにスコアボードやチームステータスを追加したり、ニュースチャンネルのLower Third(ローワーサード)をスクロールさせたり、エピソードコンテンツに今と次のバナーを表示したり、単にチャンネルロゴを追加したりすることが挙げられます。AWSはお客様からのご要望にお応えしてクラウド型のAWS Elemental MediaLiveとオンプレミス型のAWS Elemental Liveのビデオ処理ソリューションにHTML5ベースのグラフィックスのレンダリング機能を追加しました。

Read More
broadcast monitoring

AWSの機械学習を活用したライブ・放送ビデオモニタリングの自動化

放送およびオーバーザトップ(OTT)ライブストリームのサービスプロバイダーは、大量コンテンツの品質チェックを行う必要があります。品質チェックの範囲は、低レベルの信号エラーからコンテンツ自体のエラーなど高レベルの問題にまで至ります。従来のライブメディア解析ソフトウェアは、ETSI TR 101 290 プライオリティチェック1および2など、信号レベルでの品質チェックに重点を置いています。番組内容、字幕、音声言語の検証など、より高レベルな品質チェックは、放送ストリームで問題がないか人間のオペレーターによって常にモニタリングが行われています。放送ビデオストリームの数が増加するにつれて、追加のチャンネルや番組をサポートするために、手動のモニタリング作業をスケールすることは困難であり、コストもかかります。

Read More
Play Video Store

高品質な動画配信を最速で実現するPLAY VIDEO STORESでのAWSの活用

業界を取り巻く環境 世界的なパンデミックが日本にも影を落としている中、ストリーミングを使ったライブイベントの配信が驚異的な伸びを示しています。2020年の早い段階から、大規模なイベントや対面集会が次々に中止に追い込まれました。オリンピックが延期され、プロスポーツは無観客となりました。企業においても入社式や集合教育、株主総会といったものがソーシャルディスタンスの導入により大きな影響を受けています。この流れの中、ライブイベント配信を支える企業にはこれまで無縁だったビジネスを含め、様々な業界から無数の依頼が舞い込んでおり、その全てに対応するには非常に難しい環境にあります。

Read More
Choosing the right AWS live streaming solution for your use case

ユースケースに合わせたAWSライブストリーミングソリューションの選択

昨年7月、AWSは低遅延の双方向ストリーミングサービスを実現するマネージドライブストリーミングサービスAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を発表しました。Amazon IVSは、既存のAWSメディアサービスに加えてライブストリーミング体験を構築するための優れた機能を備えていますが、お客様から特定のユースケースに対してどのオプションが最適かという質問をよく受けます。 この質問に回答するためには、まずお客様のビジネスゴール、コア技術コンピテンシー、アプリケーション要件を理解することが重要だと考えています。

Read More

株式会社トラフィック・シム 放送データ共有システム RecShare CLOUD における AWS の活用

メディアワークロードにおける同録の概要や課題 メディアワークロードでは、同録(同時録画または同時録音の略称)という領域があり、例えば、日本の放送事業者に対しては、放送法第十条「放送番組の保存」において、いわゆる「法定同録」の義務が定められています。「法定同録」以外の、視聴者目線での身近な例としては、スポーツや音楽関連などのライブイベントを放送しつつ「同録」しておき、適宜簡易な編集を施してハイライトシーンで利用する例などが挙げられます。前者の法定同録については高い可用性・耐久性が求められますし、後者のイベント利用においては、可用性・耐久性に加えて、編集者にとって使いやすい UI/UX が求められることになります。従来はこれらの要件に対応するには、オンプレミス環境に高価な収録機器や高耐久なストレージなどを調達・設置したり、高価なソフトウェアの購入や開発をする必要がありました。本記事では、これらの課題を解決することができる SaaS ソリューションとして、株式会社トラフィック・シムが提供している RecShare CLOUD における AWS の活用についてご紹介します。

Read More
How to: Build an engaging feed app with React and Amazon IVS

ReactとAmazon IVSを使用して魅力的な動画フィードアプリを構築する方法

はじめに ライブ動画配信は人々を魅了するコンテンツとしての新しいスタンダードになりましたが、動画の専門知識を持たない開発者はいざ配信を開始する際にしばしば苦労していると聞きます。ライブ動画の取り込み、処理、パッケージング、配信、再生を、優れたユーザーエクスペリエンスで管理することは大変な作業です。 Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)は視聴者の場所に関わらず、低レイテンシーのライブ動画を配信する際の複雑な技術的課題に対応できるよう設計されています。Amazon IVSを使用すると人々を魅了するようなインタラクティブな動画エクスペリエンスを作り出すことに集中できます。

Read More
Elemental Link

AWS Elemental Linkが国内代理店様から購入可能になりました

2020年4月にリリースされたAWS Elemental Link(以下Link)。まもなく登場から1年が経過しようとしています。日本でも30社を超えるお客様にご購入頂いており、「操作がシンプルで使いやすい。」「画質が良い。」「ライブ運用中の監視が容易。」などのポジティブな感想を頂戴しております。また一方、LinkはAWSのコンソールで簡単に購入できるものの、輸入購入となるため、米ドルで米国の銀行に振り込みをしなければならないことや、電安法の規定により再販ができないことに苦言を頂戴することもありました。流通面で、より容易に、迅速に、そして再販については電安法準拠をして可能とするように後述する代理店様を設定致しました。本ブログでは、良い評価を頂ける背景にあるLinkの機能について最新情報を交えながらお伝えしたいと思います。

Read More

クローズアップ: BundesligaとAWSが2021シーズンに向けてパフォーマンススタッツを活用した新しいリアルタイムゲーム分析をアップデート

Bundesligaはファンにピッチ上でのアクションに対するより深い洞察を与えるための「Bundesliga Match Facts」 powered by AWSに新しい3つの機能の追加をアナウンスしました。3つの新しいMatch Factsには次のものが含まれます。まず「Most Pressed Player」はボールを保持中の選手が試合中にどれだけプレス (プレッシャー)を受ける状況に置かれたかを定量化し表示するものです。次に「Attacking Zones」は、応援するチームがどこから攻撃をしているか、ピッチのどのサイドから攻撃すると得点しやすいかを示すものです。3つ目は「Average Positions – Trends」で、チームの戦術フォーメーションがどのように変化したかまた、それが結果にどのようにインパクトを与えたかを示すものとなっています。

Read More