Amazon Web Services ブログ

Tag: ecs exec

Amazon EC2 および AWS Fargate 上の Windows コンテナにアクセスするための Amazon ECS Exec のご紹介

この記事は、Introducing Amazon ECS Exec to access your Windows containers on Amazon EC2 and AWS Fargate を翻訳したものです。 本投稿は、Software Engineer の Harsh Rawat により寄稿されました。 2022 年 4 月 4 日 (米国時間)、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、AWS Fargate または Amazon ECS Anywhere 上で Windows コンテナを実行する Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) をご利用の方向けに、Amazon ECS Exec 機能の提供を開始します。この機能により、Amazon EC2 上で動作しているコンテナ内でコマンドを実行したり、Shell を取得したりできます。この記事では、必要なインフラストラクチャをセットアップする手順を説明し、Amazon EC2 […]

Read More

New – Amazon ECS Exec による AWS Fargate, Amazon EC2 上のコンテナへのアクセス

この記事は、 NEW – Using Amazon ECS Exec to access your containers on AWS Fargate and Amazon EC2 を翻訳したものです。 本日、開発者、運用者を含むすべての Amazon ECS ユーザに向けて、 Amazon EC2 もしくは AWS Fargate にデプロイされたタスク内のコンテナに “Exec” する機能を発表しました。この新しい機能は、 ECS Exec と名付けられ、コンテナに対して対話型のシェル、あるいは一つのコマンドを実行できるようになります。これは AWS コンテナロードマップ上で最も要望の多かった機能の一つであり、一般公開できることを大変嬉しく思います。 ユーザが個々のコンテナに SSH 接続すべきでなく、監視やデバッグ、ログ分析のために適切な可観測性の仕組みを導入することは、コンテナ利用においてよく知られるセキュリティのベストプラクティスです。この発表は、ベストプラクティスを変更することなく、アプリケーションのセキュリティを改善するのに役立ちます。アプリケーション開発サイクルの初期段階においては、迅速なフィードバックループを回す必要がある場面がしばしばあります。例えば、あなたがローカル環境で開発とテストを行っていて、 docker exec を利用している場合、この新しい ECS の機能はきっと役に立つでしょう。またこの機能は、本番環境で重要度の高い問題をデバッグするために、コンテナへの “緊急用アクセス” が必要になる場合にも役立ちます。ここで、コンテナに対して “Exec” する時に利用できるツールと機能は、コンテナ内にインストールされているもののみであることに注意が必要です。つまり、例えば netstat や heapdump コマンドがコンテナのベースイメージにインストールされていない場合、それらを使用することはできません。 この機能をアナウンスするまでは、 ECS ユーザが EC2 […]

Read More