Amazon Web Services ブログ

Localization Team

Author: Localization Team

新しい AWS Auto Scaling – クラウドアプリケーションのための統合スケーリング

これまで、とても長い間、サーバーやその他のクラウドリソースのスケーラビリティについてお話ししてきました!2006年には、「新しいスケーラブルの世界、オンデマンドのWebサービスで必要なものだけにお金を支払って、無駄な出費をしない」という投稿をしました。これを簡単に行えるように、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) のローンチ直後に、Elastic Load Balancing、EC2 Auto Scaling、および Amazon CloudWatch を同時にローンチしました。それ以降、Auto Scaling をECS、Spot Fleets、DynamoDB、Aurora、AppStream 2.0、EMRなどのその他の AWS サービスにも追加してきました。また、アプリケーションに最も適したメトリクスに基づくスケーリングを容易にするために、ターゲットトラッキングなどの機能も追加してきました。 AWS Auto Scaling の紹介 AWS Auto Scaling の導入により、複数の AWS サービスの Auto Scaling 機能を単一のユーザーインターフェイスで簡単に使えるようになっています。既存のサービスに固有のスケーリング機能を、この新しいサービスの構築で統合しています。AWS CloudFormation スタックで説明されているように、アプリケーションの一部である、それぞれの EC2 Auto Scaling グループ、EC2 Spot Fleet、ECS タスク、DynamoDB テーブル、DynamoDB Global Secondary Indexe、および Aurora Replica、あるいは AWS Elastic Beanstalk で動作します (AWS Auto Scalingで使用するアプリケーションとして、一連のリソースにフラグを立てるためのいくつかの他の方法も検討中です)。 リソースとサービスごとにアラームとスケーリングのアクションを設定する必要はなくなりました。お使いのアプリケーションで […]

Read More

Microsoft Excel を使った Amazon Lex チャットボットの構築

この記事は、AWS コミュニティヒーローの Cyrus Wong によるゲスト投稿です。 ここ香港にある私たちの学院 (IVE) では、教育、研究、およびヘルスケアにおいて Amazon Lex での実験を開始しました。当学院には、IVE の英語教師、IVE の保育、高齢者およびコミュニティサービス学科のセラピストなど、Amazon Lex コンソールで自然言語での対話ボットを作成する技術的ノウハウを持たない従業員が多数存在します。私たちは、非技術系ユーザーのための Amazon Lex チャットボットを構築する試験的なプロジェクトをいくつか完了しました。非技術系ユーザーは Excel スプレッドシートにそれぞれの質問を記入し、その後開発者が Amazon Lex コンソールにユーザーの質問をコピーしました。しかし、ユーザーがチャットボットで何かを変更したい場合、開発者はいつもこれと同じコピーアンドペーストプロセスを行わなければなりませんでした。 そこで私たちは、「チャットボットの構築に Excel を直接使ってコピーアンドペーストの繰り返し作業をやめたらどうだろう?」と考えました。 当学院の従業員は全員 Microsoft Excel の使用方法を知っているため、私たちは最小限のプログラミングスキルでチャットボットを作成するために Excel を使用できる「ExcelLexBot」というプロジェクトを立ち上げることにしました。 ExcelLexBot は、事前定義されたフォーマットの Excel ファイル (xlsx) を Amazon Lex チャットボットに変換するサーバーレスアプリケーションです。私たちが作り上げた ExcelLexBot は様々な方法で使用することができ、その全てが迅速に、最小限の開発スキルで構築できるように設計されています。私のような教師は、ExcelLexBot を使ってインタラクティブなチャットに似たテストや課題を作成することができます。生徒は、最後の学年末プロジェクトにチャットボットの機能性を追加するためにこれを使用しますが、これも迅速に行うことができます。クラウドおよびデータセンター管理の副学士課程に属する 80 人の生徒たちが 1 時間内で 80 のチャットボットを作成しました。 この記事では、ExcelLexBot の仕組みと、それをデプロイして使用する方法について説明します。 Amazon Lex のコンセプト […]

Read More

ロンドンに 3 番目の AWS アベイラビリティーゾーンを開設

AWS を拡大するにあたり、まず地域 (リージョンと呼びます) を決定した後、その地域において複数の独立したアベイラビリティーゾーンを開設します。各アベイラビリティーゾーン (AZ) には、数多くのインターネット接続と電源接続があり、さまざまなグリッドにつながっています。 このたび、50 番目の AWS アベイラビリティーゾーンを開設することになりました。新しいゾーンは、欧州 (ロンドン) リージョンにおける 3 番目のゾーンです。これにより、極めてスケーラブルで耐障害性の高い用途をより柔軟に設計し、イギリス国内の複数の AZ で実行できるようになります。 欧州 (ロンドン) リージョンの開設以来、AWS は新しく革新的な用途でますます多くのお客様に利用されています。特に、公共機関や規制の厳しい業界においてこの傾向は顕著です。たとえば、イギリスの AWS 部門の担当者から、次のような事例の報告を受けています。 企業 – BBC、BT、Deloitte、Travis Perkins など、イギリスの大手有名企業が AWS を利用してビジネスを一変させています。イギリスの大手建材業者である Travis Perkins は、データセンターをまるごと AWS に移行するなど、そのシステムとビジネスにおいてこれまでにない規模の変革を実施しています。 スタートアップ – 国際送金サービスの Currencycloud は、支払業務とデモプラットフォームをすべて AWS に移行し、インフラストラクチャのコストを 30% 削減しています。クレジットスコア業界に新風を吹き込む Clearscore は、自社プラットフォームをすべて AWS でホスティングしています。UnderwriteMe は欧州 (ロンドン) リージョンを使用し、引受業務のプラットフォームをマネージドサービスとしてお客様に提供しています。 公共機関 – Met Office は […]

Read More

AWS CloudTrail が Amazon SageMaker で利用可能に

以前より AWS をご利用のお客様からは、ガバナンスとコンプライアンスのニーズを満たすため Amazon SageMaker でアクティビティを記録したいというご要望をいただいておりました。このたび、Amazon SageMaker が AWS CloudTrail と統合されたことをご案内いたします。これにより Amazon SageMaker API のアクティビティに関するアカウント情報を記録して継続的にモニターして保持できるようになりました。Amazon SageMaker API コールは、Amazon SageMaker SDK、AWS SDK、Amazon SageMaker 用の Apache Spark SDK、Amazon SageMaker コンソールからキャプチャされ、Amazon S3 バケットに配信されて、AWS アカウントアクティビティのイベント履歴を提供します。記録される情報は、送信元 IP アドレス、リクエストされた日時、リクエストに関連付けられたユーザー ID、リクエストされたパラメーターなどです。 AWS CloudTrail との統合により、Amazon SageMaker には一連の管理機能が追加されます。これは、Amazon が共有セキュリティおよびコンプライアンスにおける責任を果たすための継続的な取り組みの一環です。この機能は Amazon が先月配信した管理機能に基づくものであり、ISO 標準認定に準拠しています。また、Amazon SageMaker におけるガバナンスを重視し、監査に対応した将来的機能の基盤であるとともに、お客様が安全かつ標準準拠の機械学習 (ML) プラットフォームを確立して運用するのに役立ちます。 詳細については、「Amazon SageMaker ドキュメント」を参照してください。 その他の参考資料 Amazon SageMaker でのご利用開始: より正確な時系列予測のための […]

Read More

CES におけるコネクテッドカーのための AWS IoT、Greengrass、および AWS Machine Learning

わたしは先週、シアトルを拠点とする INRIX 社社長、ブライアン・ミストル氏の講演を聞きに行きました。ブライアンの講演は、しばしば ACES と略される 4 つの主な属性を中心として、交通機関の将来を垣間見せてくれました。ACES は以下の言葉の頭文字です。 Autonomous (自動) – 車とトラックは、スキャンを行って周囲の状況を理解し、人為的操作なく移動するための機能を備えつつあります。 Connected (接続) – あらゆるタイプの車両に、他の車、およびクラウドベースのリソースへの双方向接続 (常時または断続的) を活用する機能があります。車両は道路とパフォーマンスのデータをアップロードし、群れとなって走る (run in packs) ために互いに通信して、交通と気象データを活用することができます。 Electric (電気) – バッテリーとモーターテクノロジーの継続的な開発は、電気自動車をますます便利でコスト効率がよく、環境にやさしいものにしていきます。 Shared (共有) – ライドシェアサービスは、車の使用を所有型からアズ・ア・サービス型に変えて行きます (聞き覚えがあるのではないでしょうか)。 これらの新たな属性は、個々に、および組み合わせとして、今後10年の間にわたしたちが目にし、使用する車とトラックがこれまでとは著しく異なるであろうことを意味します。 AWS と歩む道 AWS のお客様は、この未来を実現させるために AWS IoT、エッジコンピューティング、Amazon Machine Learning、および Alexa 製品をすでにお使いです。自動車メーカー、それらの一次サプライヤー、そして AutoTech 新興企業はすべて、ACES イニシアチブのために AWS を使っています。AWS Greengrass は、ここで重要な役割を担っており、デザインウィンを引き付け、エッジに処理能力と機械学習インターフェイスを追加するためにお客様を支援しています。 AWS のお客様である Aptiv (旧Delphi) 社は、AWS re:Invent […]

Read More

Amazon SageMaker でのご利用開始: より正確な時系列予測のための DeepAR アルゴリズム

Amazon SageMaker の最新内蔵アルゴリズムとして、Amazon SageMaker DeepAR をリリースします。DeepAR はポイント予測と確率的予測の両方を生成するために再帰型ニューラルネットワーク (RNN) を使用する時系列予測の教師あり学習アルゴリズムです。私たちは、開発者が Amazon 内でミッションクリティカルな決定を行う、この伸縮自在にスケール可能で、極めて精度の高い予測アルゴリズムを利用できるようになることに大変な期待を寄せています。DeepAR アルゴリズムは他の Amazon SageMaker 内蔵アルゴリズムと同じように使用でき、トレーニングや推測のために、インフラストラクチャをセットアップする必要もありません。 どこでも予測 予測は多くの産業で機械学習を適用するためのスタート地点となっています。より良い製品需要予測を介してサプライチェーンを最適化する、ウェブサーバーのトラフィックを予測することでコンピューターリソースを配分する、あるいは、患者のニーズに合わせて病院の人員配備を行い人命を救うなど、その用途に関係なく、正確な予測への投資が、すぐに投資へと還元されない分野はほとんどありません。 Amazon では、様々な使用分野におけるビジネスの意思決定を下すために予測の手法を用いています。その一例としては、配送センターでの製品および労働力需要の予測が挙げられます。たとえば、プライムデー、ブラックフライデー、サイバーマンデーなどの主要な繁忙期の予測です。また、AWS のコンピューティングおよびストレージ能力が AWS のお客様全体に伸縮自在に行き渡るようにすることもその一例です。Amazon の科学者は Amazon におけるこの種の実世界のビジネス用途を、高い精度で解決するために DeepAR などのアルゴリズムを開発します。 DeepAR アルゴリズムのハイライト DeepAR 予測アルゴリズムはいわゆる自己回帰和分移動平均 (ARIMA) や指数平滑化 (ES) といった、予測用のオープンソース型ソフトウェアパッケージと商用ソフトウェアパッケージの多くに実装されている従来の予測技法と比較してより高い精度の予測を提供します。DeepAR アルゴリズムはまた、実世界の用途に特によく適した、他の機能およびシナリオをサポートしています。 コールドスタート予測 コールドスタートのシナリオとは、既存の履歴データがほとんど存在しない、またはまったく存在しない時系列の予測を生成する必要があるときに生じます。これは、実際には新商品の投入時、新 AWS リージョンが登録されたときによく起こります。ARIMA または ES といった従来の手法では個々の時系列に対し履歴データのみに依存するため、コールドスタートのケースでは精度が落ちるのが一般的です。スニーカーのような衣料品の予測を例にして考えてみましょう。 DeepAR のようなニューラルネットワークベースのアルゴリズムは、スニーカーが最初に売り出された時点で他のタイプのスニーカーの販売パターンをベースに新商品のスニーカーの一般的な販売動向を学習できます。 トレーニングデータ内で複数の関連時系列から関係を学習することで、DeepAR は既存の代替アルゴリズムより正確な予測を提供できるのです。 確率予測 DeepAR はまた、ポイント予測と (例: 1 週間に売り上げたスニーカーの量が X) および確率予測 (例: 1 […]

Read More

AWS オンラインテックトーク – 2018 年 1 月

新年明けましておめでとうございます。新しいテックトークの素晴らしい第一陣で AWS の知識を広め、2018 年の幸先良いスタートを切りましょう。今回のテックトークでは、Amazon Neptune、Amazon Rekognition Video、AWS Fargate、AWS Cloud9、Amazon Kinesis Video Streams、AWS PrivateLink、AWS Single-Sign On などを含む re:Invent 一番のビッグローンチをいくつか紹介する予定です。 2018 年 1 月 – スケジュール 以下は、1 月に行われることが予定されているライブのオンラインテクニカルセッションです。AWS 関連のエキスパートによるトークは無料ですが、お見逃しないよう早目にご登録ください。 今月行われるウェビナーは次のとおりです。 1 月 22 日 (月) 分析 & ビッグデータ 午前 11:00~11:45 (太平洋時間) Analyze your Data Lake, Fast @ Any Scale  レベル: 300 データベース 午後 1:00~1:45 (太平洋時間) Deep Dive […]

Read More

今すぐ利用可能: AWS で使用する Machine Learning や人工知能について学べる新しいデジタルトレーニング

※本リンク先には英語トレーニングも含まれています。日本語版ができた時点で改めてご案内をさせていただきます。 先日、AWS トレーニングと認定で無料のトレーニングコースをリリースしました。このコースはクラウドのスキルを磨いたり Machine Learning (ML) や人工知能 (AI) を学びやすくするために提供しています。これには「ディープラーニングの概要 (Introduction to Deep Learning)」や「Amazon SageMaker の概要 (Introduction to Amazon SageMaker)」といった新しいコースが含まれています。 AWS エキスパートが構築した aws.training では、アクセス制限なしに 100 件以上のデジタルトレーニングを無料で利用することができます。ML や AI のデジタルトレーニングへのアクセスは簡単です。[Find Training] ページの [Artificial Intelligence] カテゴリを選択すると、使用可能なトレーニングをブラウズできます。キーワードに [Filter] を使用して特定のトレーニングを検索することもできます。 推奨トレーニング 初めてのご利用ですか、それとも新しいサービスに関する情報をお探しですか?次のデジタルトレーニングコースをご覧ください。 AWS Machine Learning サービスの概要 (AWS Machine Learning Services Overview) (所要時間: 5 分) このコースではフレームワーク、インフラストラクチャ、Machine Learning プラットフォーム、API によるサービスで機能を有効にする Amazon Machine Learning や人工知能ツールについて紹介します。 […]

Read More

Amazon EMR での Spark にバックアップされた Amazon SageMaker ノートブックの構築

2017年の AWS re:Invent で発表された Amazon SageMaker は、データサイエンスと機械学習ワークフローのためのフルマネージド型サービスを提供します。Amazon SageMaker の重要な部分のひとつは、モデルの構築に使用できる強力な Jupyter ノートブックインターフェイスです。Amazon SageMaker 機能は、ノートブックインスタンスを Amazon EMR で実行されている Apache Spark クラスターに接続することによって強化することができます。Amazon EMR は、大量のデータを処理するためのマネージドフレームワークです。この組み合わせにより、大量のデータに基づいてモデルを構築することが可能になります。 Spark はビッグデータの迅速な処理を可能にするオープンソースのクラスターコンピューティングフレームワークで、機械学習ワークロードのための MLlib が含まれています。Amazon SageMaker ノートブックと Spark EMR クラスターとの接続を容易にするには、Livy の使用が必要になります。Livy は、Spark クライアントを必要とすることなく、どこからでも Spark クラスタとやり取りするためのオープンソース REST インターフェイスです。 このブログ記事では、Spark EMR クラスターをスピンアップする、Amazon SageMaker と EMR 間のコミュニケーションを許可にするために必要なセキュリティグループを設定する、Amazon SageMaker ノートブックを開く、そして最後に Livy を使用してそのノートブックを EMR 上の Spark に接続する方法を説明します。このセットアップは、PySpark、PySpark3、Spark、および SparkR ノートブックで利用できます。 EMR […]

Read More

AWS Lambda および Tensorflow を使用してディープラーニングモデルをデプロイする方法

ディープラーニングは、実際のデータを処理する方法に革命をもたらしました。ディープラーニングアプリケーションの種類は、ユーザーの写真アーカイブの整理から、本のレコメンド機能、不正な動作の検出、自動運転車周辺の認識まで、多岐にわたります。 この投稿では、AWS Lambda で独自にトレーニングしたモデルを使用して、単純なサーバーレスのコンピューティング手法を大規模に活用する方法を段階的にご説明します。このプロセスの中で、サーバーレスを使って推論を実行するために使用できる AWS の主要なサービスをいくつかご紹介します。 ここでは、イメージ分類について取り上げます。パフォーマンスが高いオープンソースモデルを多数利用できます。イメージ分類では、ディープラーニングで最も一般的に使用されている畳み込みニューラルネットワークと全結合ニューラルネットワーク (Vanilla Neural Networks としても知られる) の 2 種類のネットワークを使用することができます。 トレーニングされたモデルを配置する AWS の場所や、AWS Lambda が推論のためのコマンドで実行できる方法でコードをパッケージ化する方法についてご紹介します。 このブログ投稿では、AWS のサービス (AWS Lambda、Amazon Simple Storage Service (S3)、AWS CloudFormation、Amazon CloudWatch、AWS Identity and Access Management (IAM)) についてご説明します。使用する言語フレームワークおよびディープラーニングフレームワークには、Python や TensorFlow などがあります。ここで説明するプロセスは、MXNet、Caffe、PyTorch、CNTK などの他のディープラーニングフレームワークを使用して適用できます。 全体的なアーキテクチャ AWS アーキテクチャ プロセスの視点から、ディープラーニングの開発およびデプロイは、従来のソフトウェアソリューションの開発やデプロイと同じように行う必要があります。 以下の図は、開発ライフサイクルの一例です。 図を見て分かるように、通常のソフトウェア開発プロセスは、アイデア開始や開発環境のモデリングから、本番稼働用のモデルの最終デプロイまで複数の段階があります。ほとんどの場合、この開発段階では、環境を絶えず、繰り返し変更する必要があります。通常、この反復は、ソフトウェア/モデルの開発時に使用されるリソースの性質や量に影響を及ぼします。アジャイル開発では、環境をすばやく構築/再構築/解放できることが不可欠です。構築されているソフトウェアにすばやく変更を加えるには、インフラストラクチャの調整が必要です。アジャイル開発やイノベーションの加速の前提条件のひとつに、コードによってインフラストラクチャを管理できること (IaC: infrastructure as code) があります。 ソフトウェア設計の管理、構築およびデプロイの自動化は、継続的な統合および継続的な配信 (CI/CD) の一環です。この投稿では、綿密に計画された CI/CD パイプラインの詳細には触れていませんが、開発/デプロイの俊敏性およびプロセスの自動化を促進する反復可能プロセスを構築する開発チームは、念頭に置いておくべきです。 […]

Read More