Amazon Web Services ブログ

Category: Architecture

ハイブリッド環境向けに複数リージョンを跨ったAWS Managed Microsoft Active Directoryを設計する

これまで、大規模かつ複雑な構成のMicrosoft Active Directoryを複数の地域に跨って展開しているお客様は、オンプレミスのActive DirectoryをAWSに移行するにおいて様々な課題に直面してきました。AWS Managed Microsoft Active Directoryとの連携も、容易ではありませんでした。
昨年リリースされたAWS Managed Microsoft Active Directoryの「マルチリージョンレプリケーション」機能を利用すれば、このようなグローバル展開の作業を簡略化し、移行プロジェクトにおける難題を軽減することができます。このマルチリージョン機能を活用し、AWS Managed Microsoft Active Directoryを利用したハイブリッドActive Directoryをどのように設計・構築すれば良いかという質問を多くのお客様から受けています。
この記事では、複数のリージョンにまたがるAWS Managed Microsoft Active Directoryの設計と名前解決(DNS)のアーキテクチャーについて説明していきます。

Read More

AWS Well-Architected フレームワーク: 高リスクのセキュリティ問題を解決してセキュリティインシデントを防ぎましょう

こんにちは、AWS セキュリティ ソリューションアーキテクトの桐谷、中島です。 本日は AWS をより安全に利 […]

Read More
Amazon FSx architecture diagram

Amazon FSxへのファイルサーバーの移行とAWS Managed Microsoft Active Directoryとの統合

「Amazon FSx」は、他サードパーティ製ファイルシステムのような互換性と同時に多様な用途に堪える様々な機能を提供します。Amazon FSxを活用することによって、ハードウェアの調達・ソフトウェアの設定・パッチ適用・バックアップ等、時間と労力のかかる従来の運用作業を自動化することができます。この記事ではActive Directoryドメイン移行のシナリオにおいて、オンプレミスのファイル共有をAWS DataSyncを用いてどのようにAmazon FSxに移行できるかを説明していきたいと思います。多くのお客様がオンプレミスのADからAWS Managed Microsoft Active Directoryへの移行と同時に、ファイルサーバーもAmazon FSxに移行しています。

Read More