Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Copilot

AWS Copilot CLI を使用した永続性を持つ AWS App Runner サービスの継続的ワークフローの実現

この記事は Enabling continuous workflows for AWS App Runner service with persistency using AWS Copilot CLI を翻訳したものです。 AWS は最近、AWS App Runner と呼ばれる新しいサービスを開始しました。これは、コンテナ化されたステートレスな Web アプリケーションを AWS でビルドして実行する最も簡単な方法です。App Runner は、ビルドパイプライン、ロードバランサー、スケールインとスケールアウト、そしてもちろんその基盤となるインフラストラクチャなど、コンテナを実行するために必要なすべてのリソースをプロビジョニングおよび管理します。 App Runner は Web 層の優れた抽象化レイヤーとして機能し、ステートレスな Web アプリケーションを最も簡単にデプロイして実行することができますが、外部の依存関係が必要になる場合があります。例えば、Web アプリケーションは、DynamoDB テーブルや S3 バケットなど、データ層として他の AWS リソースを必要とするかもしれません。 その必要なリソースをプロビジョニングして管理するには、どのような選択肢があるでしょうか?マネジメントコンソールや AWS CLI を使って作成しますか?それも一部のユーザーには有効ですが、一貫したデプロイメントのためには、より優れた方法が必要かもしれません。CloudFormation や Terraform のテンプレートをスクラッチから書くのはどうでしょうか?これにより、リソースを高度に構成管理することができ、継続的に管理できますが、明らかに簡単な作業ではありません。App Runner のベータ版ユーザーの一部からは、App Runner と同じくらいシンプルに依存するリソースを管理する方法を探しているというフィードバックがありました。 そこで Copilot の出番です。Copilot は […]

Read More

AWS Copilot を使用して、AWS Fargate で実行されるコンテナのインタラクティブシェルに接続する

この記事は、Connecting to an interactive shell on your containers running in AWS Fargate using AWS Copilot を翻訳したものです。 2017 年に AWS Fargate をローンチしてから、多くの開発者の方がコンテナにサーバーレスコンピューティングモデルを採用しています。これらの開発者は、コンテナを実行するための EC2 インスタンスを管理する代わりに、コンテナサイズとコンテナの数の観点からスケーリングについて考えることができます。EC2 で実行可能なワークロードと同じものを AWS Fargate で実行できるように、AWS Fargate はローンチ以降も多くの機能拡張を実施してきました。それらの新機能の一つが “ECS exec” です。ECS exec では、コンテナに対してインタラクティブシェルを開くことができます。ECS exec のさらなる詳細については、ローンチブログを参照してください。 ECS の主要なゴールの一つは、あらゆる規模でお客様のニーズに応えることができるような基盤となる機能を備えた、パワフルな API を提供することです。また、API が使いやすくなるように、基盤となる API の上にユーザーフレンドリーなツールを構築しています。AWS Copilot もその一つで、ECS on Fargate におけるデベロッパーフレンドリーなコマンドラインのエクスペリエンスを提供します。AWS Copilot は、コンテナアプリケーションの構築、リリース、運用までのすべてのプロセスを通じて開発者をガイドします。AWS Copilot は、上記で紹介した “ECS exec” をすでにサポートしています。Copilot […]

Read More