Amazon Web Services ブログ

Tag: TLS

ラウンド 2 の ポスト量子暗号 TLS が KMS でサポートされました

AWS Key Management Service (AWS KMS) が AWS KMS API エンドポイントに接続する際に使われる Transport Layer Security (TLS) 1.2 暗号化プロトコルにおいて新しいハイブリッド型のポスト量子暗号(耐量子暗号)鍵交換アルゴリズムをサポートするようになりました。これらの新しいハイブリッドポスト量子アルゴリズムは、古典的な鍵交換による実証済みのセキュリティと、標準化作業で評価中の新しいポスト量子鍵交換の潜在的な耐量子安全特性を組み合わせたものです。これらのアルゴリズムの中で最も高速なものは、古典的な TLS ハンドシェイクと比較して約 0.3 ミリ秒のオーバーヘッドがあります。追加された新しいポスト量子暗号鍵交換アルゴリズムは、Kyber のラウンド 2 バージョン、Bit Flipping Key Encapsulation(BIKE)、および Supersingular Isogeny Key Encapsulation(SIKE)です。標準化に参加している各組織は、米国国立標準技術研究所(NIST) のポスト量子暗号の標準化プロセスの一環として、アルゴリズムを NIST に提出しています。このプロセスは、複数年にわたる数ラウンドの評価にまたがり、2021 年以降も続く可能性があります。 以前のハイブリッド量子暗号 TLS に関するブログ投稿で、AWS KMS がラウンド 1 バージョンの BIKE と SIKE を備えたハイブリッドポスト量子暗号 TLS 1.2 をリリースしたことを発表しました。ラウンド 1 のポスト量子暗号 アルゴリズムは引き続き AWS KMS でサポートされていますが、ラウンド […]

Read More

ポスト量子暗号 TLS が AWS KMS でサポートされました

AWS Key Management Service (AWS KMS) が KMS API エンドポイントに接続する際に使われる Transport Layer Security (TLS) ネットワーク暗号化プロトコルにおけるポスト量子暗号ハイブリッド鍵交換をサポートしました。この投稿では、ポスト量子暗号 TLS とは何か、 ハイブリッド鍵交換とは何か、 なぜこれらの技術が重要か 、この機能でどのようなメリットを得られるのか、そしてフィードバックの方法について説明します。 ポスト量子暗号 TLS とは? ポスト量子暗号 TLS は、ポスト量子暗号の暗号プロトコルを追加する機能です。 AWS はオープンソースの TLS 実装である s2n を使用しています。2019年6月に AWS はポスト量子暗号 s2n をリリースしました。これは、IETF ドラフトで定義されている2種類のポスト量子暗号ハイブリッド暗号スイートを実装しています。暗号スイートは、従来型とポスト量子暗号の両方のセキュリティ保護を行う暗号鍵交換方式を指定するものです。 ポスト量子暗号 TLS の重要性 大規模な量子コンピュータは、TLS 接続の暗号鍵交換で使用されている既存の公開鍵暗号を破る可能性があります。大規模な量子コンピューターは現時点で利用可能ではありませんが、長期的なセキュリティ保護のニーズについて考え、準備しておくことが重要です。記録された TLS トラフィックは将来的に大規模な量子コンピュータで復号出来る可能性があります。TLS 接続の上で送信されているデータの長期間の機密性維持が必要なアプリケーションを開発している場合、大規模な量子コンピュータが実用化され、悪意を持った人に利用可能になる前にポスト量子暗号に移行することを検討するべきでしょう。AWS はこの機能の提供について取り組んでおり、お客様にも準備して頂きたいと考えています。 AWS は大規模な量子コンピュータの実現を待つのではなく、今この機能を提供します。 お客様は、アプリケーションに対する潜在的なパフォーマンス影響を計測することが可能です。また、お客様は、ポスト量子暗号スキームによってもたらされる追加の利点を得ることが可能です。AWS はこの機能が既に存在する KMS エンドポイントへの接続に関するセキュリティーのバーを向上させると考えていると共に、新しい暗号スイート帯域利用率やレイテンシに影響を与えると考えています。また、TLS 接続を中継する中間システムにも影響を与える可能性があります。将来に渡るサービスの改善のために AWS はこれらのお客様環境における影響についてフィードバックして頂きたいと考えています。 ポスト量子暗号 […]

Read More