全般

Q:Amazon Elastic File System とは何ですか?

Amazon EFS は、ファイルストレージの設定、拡張、コスト最適化を容易にする Amazon クラウドの完全マネージド型サービスです。AWS マネジメントコンソールで数回クリックすると、Amazon EC2 インスタンスからファイルシステムインターフェイス (標準のオペレーティングシステムファイル I/O API を使用) を介してアクセスでき、全般的なファイルシステムアクセスのセマンティクス (強い整合性やファイルのロックなど) に対応したファイルシステムを作成できます。

Amazon EFS ファイルシステムではストレージのプロビジョニングが不要で、ギガバイト単位からペタバイト単位まで自動的にスケールできます。Amazon EFS ファイルシステムには数十、数百、数千の Amazon EC2 インスタンスから同時にアクセスでき、それぞれの Amazon EC2 インスタンスに対して安定したパフォーマンスが提供されます。Amazon EFS は、高い耐久性と可用性を実現するように設計されています。Amazon EFS では、最低利用料金や設定コストは不要です。実際に使用した分に対してのみ料金が発生します。

Q:Amazon EFS はどのようなユースケースをサポートしていますか?

Amazon EFS は、ビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、ホームディレクトリなど、幅広いワークロードやアプリケーションに最適なパフォーマンスを実現できるように設計されています。

Q:Amazon EFS、Amazon S3、Amazon Elastic Block Store (EBS) はそれぞれどのような場合に使用できますか?

Amazon ウェブ サービス (AWS) では、ストレージの幅広いワークロードをサポートするクラウドストレージサービスが提供されています。

Amazon EFS は、Amazon EC2 と組み合わせて使用するファイルストレージサービスです。Amazon EFS にはファイルシステムインターフェイスとファイルシステムのアクセスセマンティクス (強い整合性やファイルのロックなど) が用意されており、最大数千の Amazon EC2 インスタンスからの同時アクセスが可能なストレージが提供されます。

Amazon EBS は、Amazon EC2 と一緒に使用するためのブロックレベルのストレージサービスです。Amazon EBS は、単一の EC2 インスタンスから最も低いレイテンシーでデータにアクセスすることが求められるワークロードで性能を発揮します。

Amazon S3 はオブジェクトストレージサービスです。Amazon S3 では、インターネット API 経由でデータをどこからでも利用できます。

Amazon EFS を考慮する際に何を評価するかについての詳細はこちらを参照してください。

Q:Amazon EFS は、現在どのリージョンで利用できますか?

Amazon EFS サービスのリージョン別の可用性の詳細については、製品およびサービス一覧 (リージョン別) を参照してください。

Q:Amazon EFS の使用を開始するにはどのようにすればよいですか?

Amazon EFS を利用するには、AWS アカウントが必要です。まだ AWS アカウントをお持ちでない場合は、AWS アカウントにサインアップするとすぐに AWS 無料利用枠をご利用いただけます。

AWS アカウントを作成してから、Amazon EFS 入門ガイドを参照して、Amazon EFS の使用を開始してください。ファイルシステムは、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)、および Amazon EFS API (およびさまざまな言語専用の SDK) によって作成できます。

Q:Amazon EC2 インスタンスからファイルシステムにアクセスするにはどうすればよいですか?

ファイルシステムにアクセスするには、標準の Linux のマウントコマンドとファイルシステムの DNS 名を使用してファイルシステムを Amazon EC2 Linux ベースインスタンスにマウントします。EFS ファイルシステムへのアクセスを簡単にするために、EFS マウントヘルパーユーティリティを使用することをお勧めします。  マウントが完了すると、ローカルファイルシステムと同じように、ファイルシステムでファイルやディレクトリを操作できるようになります。

Amazon EFS はネットワークファイルシステムバージョン 4 (NFS v4) プロトコルを使用します。Amazon EC2 インスタンスからファイルシステムにアクセスする方法のステップごとの例については、こちらのガイドを参照してください。

Q:Amazon EFS と一緒に使用できる Amazon EC2 インスタンスタイプと AMI はどれですか?

Amazon EFS は、Amazon EC2 に対応するすべての Linux ベースの AMI と互換性があります。同じファイルシステムに複数の異なるインスタンスタイプを接続できます。Amazon EC2 インスタンスからファイルシステムにアクセスする方法のステップごとの例については、インスタンスタイプのガイドを参照してください。

Q:ファイルシステムはどのように管理できますか?

Amazon EFS はフルマネージドサービスであるため、ファイルストレージインフラストラクチャの管理はすべて AWS 側で行われます。Amazon EFS を使用すると、複雑なファイルシステムインフラストラクチャをデプロイし、維持するという煩わしさがなくなります。Amazon EFS ファイルシステムでは、ファイルの増減に応じて拡張や縮小が自動的に行われるため、ストレージの調達やプロビジョニングの管理は不要です。

ファイルシステムは、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI)、および Amazon EFS API (およびさまざまな言語専用の SDK) によって管理できます。コンソール、API、および SDK を使用して、ファイルシステムの作成および削除、ファイルシステムのアクセス方法の設定、ファイルシステムタグの作成と編集、プロビジョニングされたスループットやライフサイクル管理などの機能の有効化、ファイルシステムの詳細情報の表示が可能です。

Q:データはどのようにしてファイルシステムにロードできますか?

DataSync を使用することで、高速かつシンプルな方法で既存のファイルシステムを Amazon EFS に安全に同期できます。  DataSync は、AWS Direct Connect または AWS VPN による接続を含むあらゆるネットワーク接続で動作します。AWS Direct Connect では、高帯域幅で低レイテンシーな専用ネットワーク接続が提供されます。これを使用して、EFS ファイルシステムをマウントできます。AWS DataSync を使用して異なる EFS ファイルシステム間でファイルをコピーできます。AWS リージョンや AWS アカウントが異なっていてもコピーが可能です。  また、標準の Linux コピーツールを使用して、Amazon EFS にデータファイルを移動することもできます。 

オンプレミスサーバーからファイルシステムへのアクセスの詳細については、このよくある質問のオンプレミスでのアクセスのセクションを参照してください。

Amazon クラウドへのデータ移行の詳細については、クラウドデータ移行ページを参照してください。

ストレージクラスとライフサイクル管理

Q:Amazon EFS では、どのようなストレージクラスが提供されていますか?

Amazon EFS では、標準と低頻度アクセス (IA) の 2 種類のストレージクラスを用意しています。標準のストレージクラスは、アクティブなファイルシステムのワークロード用に設計されており、1 か月間で使用したファイルシステムストレージ分のみ料金が発生します。EFS 低頻度アクセス (EFS IA) は、毎日アクセスされないファイル向けにコストを最適化された低コストのストレージクラスです。EFS IA ストレージクラス上に保存されたデータのコストは標準より 85% 低くなりますが、ファイルを読み書きするたびに料金がかかります。EFS ファイルシステムでは、両方のストレージクラスのデータを透過的に処理します。

Q:EFS IA にファイルを移動するにはどうすればよいですか?

EFS ライフサイクルマネジメントを有効にして、有効期限ポリシーを選択すると、EFS IA へのファイル移動が開始します。ライフサイクル管理では、選択したライフサイクルポリシーにもとづいて、データが自動的に EFS IA ストレージクラスに移動されます。たとえば、14 日間アクセスされていないファイルを自動的に EFS IA に移動することができます。

Q:ライフサイクル管理を有効にする必要があるのはどのような場合ですか?

毎日アクセスしないファイルがファイルシステムに含まれている場合は、ライフサイクル管理を有効にすることでストレージコストを削減することができます。EFS IA は、完全なデータセットにアクセスしやすくする必要があり、ファイルへのアクセス頻度が低くなるにつれてストレージコストを自動的に節約しようと考えている EFS のユーザーにとって理想的なストレージクラスです。例としては、監査の実施や履歴分析の実行、バックアップと復旧などがあります。

Q: EFS ライフサイクル管理を無効にするとどうなりますか?

ライフサイクル管理を無効にすると、ファイルは低頻度アクセスストレージクラスに移動されなくなります。EFS IA に既に移動したファイルはそのまま残ります。

Q: EFS IA ストレージクラスでは、どのような Amazon EFS 機能がサポートされていますか?

EFS IA ストレージクラスでは、すべての Amazon EFS 機能がサポートされています。 128 KiB より小さいファイルは、ライフサイクル管理に適していないため、常に EFS 標準に格納されます。

Q: EFS 標準ストレージクラスと EFS 低頻度アクセスストレージクラスとでは、レイテンシーに違いはありますか?

EFS IA の読み書き時には、EFS 標準よりも 1 バイト目のレイテンシーが高くなります。EFS 標準は平均で 1 桁のレイテンシー、EFS IA は平均で 2 桁のレイテンシーを実現するように設計されています。

Q. EFS 低頻度アクセスストレージクラスに格納されているファイルに対して、どのようなスループットを実行できますか?

EFS ファイルシステムに対して実行できるスループットは、EFS 標準ストレージクラスに格納されているデータの量に比例して変化します。サイズに関係なく、すべての EFS ファイルシステムのスループットを 100 MiB/秒までバーストできます。1 TiB を超える標準ストレージを持つファイルシステムでは、EFS 標準に保存されたデータ 1 TiB あたり 100 MiB/秒までバーストすることができます。EFS IA に対して、ファイルシステムの許容量よりも高いスループットが必要な場合は、EFS プロビジョンドスループットを使用してください。

データ保護と可用性

Q:Amazon EFS の設計では高耐久性と高可用性はどのように実現されていますか?

各ファイルシステムオブジェクト (ディレクトリ、ファイルおよびリンクなど) は、複数のアベイラビリティーゾーンに冗長的に保存されます。さらに、ファイルシステムにはそのシステムが存在するリージョン内にあるすべてのアベイラビリティーゾーンから同時にアクセスできます。つまり、同じリージョン内の AZ から別の AZ にフェイルオーバーするようアプリケーションのアーキテクチャを設計することで、アプリケーションに最高度の可用性を確保できます。マウントターゲット自体は、高可用性を確保できるように設計されています。

Q: Amazon EFS はサービスレベルアグリーメント (SLA) を提供しますか?

はい。Amazon EFS SLA は、任意の請求期間中に、お客様の月間使用可能時間の割合が、当社のサービスコミットメントを下回る場合、サービスクレジットを提供しています。

Q:ファイルシステムはどのようにバックアップできますか?

Amazon EFS は高い耐久性を持つよう設計されています。AWS バックアップを使用して、Amazon EFS ファイルシステムの自動増分バックアップをスケジューリングできます。詳細については、Amazon EFS のウォークスルー: Amazon EFS ファイルシステムのバックアップソリューションを参照してください。

Q:VPC の外からファイルシステムにアクセスするには、どうすればよいですか?

VPC 内の Amazon EC2 インスタンスはファイルシステムに直接アクセスでき、VPC 外の Amazon EC2 Classic インスタンスは ClassicLink 経由でファイルシステムをマウントできます。VPC ピアリング接続または VPC 中継ゲートウェイを使用して接続されている場合、他の VPC の Amazon EC2 インスタンスは、ファイルシステムにアクセスできます。オンプレミスサーバーでは、VPC への AWS Direct Connect 接続または AWS VPN 接続を介してファイルシステムをマウントできます。

スケールとパフォーマンス

Q:どのくらいの量のデータを保存できますか?

Amazon EFS ファイルシステムには、ペタバイト規模のデータを保存できます。Amazon EFS ファイルシステムは伸縮自在で、ファイルの追加、削除に合わせて自動的に拡張および縮小します。事前にファイルシステムのサイズをプロビジョニングする必要はありません。料金は実際に使用した分に対してのみ発生します。

Q:1 つのファイルシステムに接続可能な Amazon EC2 インスタンスの数はどれほどですか?

Amazon EFS は、1~数千の Amazon EC2 インスタンスからの同時接続に対応しています。

Q:ファイルシステムはいくつ作成できますか?

リージョンごとに 1,000 個までのファイルシステムを作成できます。Amazon EFS の制限についての詳細は、Amazon EFS 制限ページを参照してください。

Q:Amazon EFS のパフォーマンスは他のストレージソリューションと比較してどのようなものですか?

Amazon EFS ファイルシステムは、数の制限を受けない複数のストレージサーバーに分散され、ペタバイト規模にまで伸縮自在に拡張でき、Amazon EC2 インスタンスからデータへの大規模な並列アクセスが可能です。Amazon EFS の分散設計により、従来のファイルサーバーに本質的に存在したボトルネックや制約を回避できます。

分散型のデータストレージ設計となっているため、マルチスレッドアプリケーションや、複数の Amazon EC2 インスタンスから同時にデータにアクセスするアプリケーションでは、全体のスループットと IOPS のレベルを大幅に向上できます。アプリケーションの例として、ビッグデータと分析ワークロード、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理およびウェブ配信などがあります。

下の表は、AWS で提供されるファイルおよびブロッククラウドストレージについて、高レベルのパフォーマンスとストレージの特徴を比較したものです。

  Amazon EFS Amazon EBS (io1)

オペレーションあたりのレイテンシー

低、一定

最低、一定

スループットスケール

1 秒間あたり数 GB

1 秒間あたり 1 GB

Amazon EFS は分散型であるため、可用性、耐久性、およびスケーラビリティが高いレベルで実現されています。分散型のアーキテクチャによって、それぞれのファイル操作のレイテンシーオーバーヘッドも小さくなります。オペレーションあたりのレイテンシーが低いため、通常は平均 I/O サイズの増加に応じて全体のスループットが向上します。大量のデータにオーバーヘッドが分散するためです。Amazon EFS では高度に並列化されたワークロード (複数スレッドや複数の EC2 インスタンスからの一定したオペレーションなど) がサポートされているため、全体的なスループットと IOPS について高いレベルを実現できます。

Q:パフォーマンスモードの "汎用" と "最大 I/O" の違いは何ですか? どちらを使用すればよいですか?

"汎用" パフォーマンスモードはほとんどのファイルシステムに適しており、ファイルシステム作成時にデフォルトで選択されます。"最大 I/O" パフォーマンスモードは、数十、数百、数千の EC2 インスタンスからアクセスされるファイルシステムに最適化されています。ファイルオペレーションのレイテンシーがわずかに高くなる代わりに、全体的なスループットと 1 秒間あたりのオペレーションをさらに高いレベルにスケールします。詳細は、ファイルシステムのパフォーマンスについてのドキュメントを参照してください。

Q:ファイルシステムでサポートされるスループットはどれほどですか?

ファイルシステムで利用できるスループットは、ファイルシステムの拡張とともにスケールされます。ファイルベースのワークロードは、通常、スパイクが発生しやすく、一定の期間は高レベルのスループットが要求され、その他の期間はスループットのレベルが下がります。Amazon EFS は、一定期間の高スループットに対応してバーストするよう設計されています。すべてのファイルシステムについて標準クラスのストレージ TB あたり 50 MB/秒 の一貫したベースラインパフォーマンスが実現されています。また、すべてのファイルシステムは (サイズにかかわらず) 100 MB/秒 までバーストでき、1 TB を超えるファイルシステムでは標準クラスのストレージ TB あたり 100 MB/秒 までバースト可能です。データがファイルシステムに追加されるにつれて、ファイルシステムで利用可能な最大スループットは、Amazon EFS 標準ストレージクラスのストレージに比例して自動でスケールされます。

ファイルシステムのスループットは、あるファイルシステムに接続されたすべての Amazon EC2 インスタンス間で共有されます。例えば、スループット 100 MB/秒にバースト可能な 1 TB のファイルシステムでは、単一の Amazon EC2 インスタンスを 100 MB/秒にすることも、10 個の Amazon EC2 インスタンスを合計で 100 MB/秒にすることも可能です。詳細は、ファイルシステムのパフォーマンスについてのドキュメントを参照してください。

プロビジョンドスループット

Q. プロビジョンドスループットとは何ですか? どのような場合に使用しますか?

プロビジョンドスループットでは、Amazon EFS のファイルシステムのスループットを、保存するデータの容量から独立してプロビジョニングできます。これにより、ファイルシステムのスループットパフォーマンスを、アプリケーションのニーズに合わせて最適化できます。

Amazon EFS のプロビジョンドスループットは、ストレージに対するスループットの比率 (TB あたりの MB/秒) が高いアプリケーションに最適です。たとえば、Amazon EFS を開発ツールやウェブ配信およびウェブコンテンツ管理アプリケーションに使用する場合、ファイルシステムに保存するデータ容量は少量であるためデータ容量に応じたスループットでは要求に合いません。このような場合に、アプリケーションで必要となる高レベルのスループットを即座に確保できます。

ファイルシステムのスループットモードは、AWS コンソール、AWS CLI、または AWS API を介して選択できます。詳細については、プロビジョンドスループットに関するドキュメントを参照してください。

Q. Amazon EFS のプロビジョンドスループットはどのような仕組みですか?

ファイルシステムにプロビジョンドスループットを選択すると、ファイルシステムのスループットを、保存するデータ容量から独立してプロビジョニングできるようになります。また、ストレージとプロビジョンドスループットの料金が分離されます (米国東部 (バージニア北部) の場合、標準ストレージは 0.30 USD/GB/月、プロビジョンドスループットは 6.00 USD/MB/月)。

デフォルトのバーストスループットモードを選択している場合、ファイルシステムのスループットは、Amazon EFS 標準ストレージクラスに保存されているデータ容量に比例して増減します。デフォルトのバーストスループットモードでは、ベースラインレートとして 1 GB あたり 50 KB/秒のスループットが標準ストレージ料金に含まれます。

プロビジョンドスループットでも同様に、1 GB あたり 50 KB/秒 (または 20 GB あたり 1 MB/秒) のスループットが標準ストレージ料金に含まれます。例えば、1 か月にわたり Amazon EFS 標準に 20 GB を保存し、当月の間 5 MB/秒のスループットを設定していた場合、20 GB/月のストレージ料金と、5 MB から 1 MB を引いた 4 MB/秒/月のスループット料金が請求されます。

Q. プロビジョンドスループットモードの課金はどのように行われますか?

プロビジョンドスループットモードでは、使用したストレージおよびプロビジョニングしたスループットが個別に課金されます。以下の条件に従った、時間単位の課金となります。

  • ストレージ (GB/月) – GB/月あたりの使用したストレージ容量について課金されます。
  • スループット (MB/秒/月) – MB/秒/月あたりのプロビジョニングしたスループットについて課金されます。

Q. ファイルシステムのプロビジョンドスループットはどのくらいの頻度で変更できますか?

プロビジョンドスループットモードに設定したファイルシステムでは、頻度の制限なく、ファイルシステムのスループットを増やすことができます。プロビジョンドスループットモードでファイルシステムのスループットを減らす場合や、プロビジョンドスループットとデフォルトのバーストスループットのモード切り替えを行う場合は、前回減らした時点またはスループットモードの変更時点から 24 時間経過している必要があります。

Q. プロビジョンドスループットモードで設定したスループットが、バーストモードで付与されるベースラインスループット未満になった場合、ファイルシステムのスループットはどうなりますか?

デフォルトのバーストスループットモードでは、保存するデータ容量に応じてファイルシステムのスループットがスケールされます。プロビジョンドスループットモードのファイルシステムで最初の設定以降にサイズが増加すると、ベースラインレートも高まり、バーストスループットモードの方がプロビジョンドスループットモードより高スループットとなる可能性があります。

そのような場合、ファイルシステムのスループットは、デフォルトのバーストスループットモードで付与されるスループットに設定され、バーストのストレージ料金を超える追加請求は発生しません。また、Amazon EFS スループットバーストモデルに従ったバーストを利用できます。

アクセスコントロール

Q.どの Amazon EC2 インスタンスがファイルシステムにアクセスできるかを制御するにはどうすればよいですか?

ファイルシステムの作成時に、VPC 内に "マウントターゲット" と呼ばれるエンドポイントを作成します。 EC2 インスタンスからマウントする場合、マウントコマンドに指定したファイルシステムの DNS 名はマウントターゲットの IP アドレスに解決されます。ファイルシステムにアクセスできるのは、マウントターゲットにアクセス可能なリソースのみです。ファイルシステムのマウントターゲットに出入りするネットワークトラフィックは、VPC セキュリティグループを使用して制御できます。

Q.誰がファイルシステムにアクセスできるかを制御するにはどうすればよいですか?

ファイルシステムの管理者は、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して制御できます。ファイルとディレクトリへのアクセスは、POSIX 互換のユーザーおよびグループレベルのアクセス権限を使用して制御できます。

暗号化

Q: Amazon EFS 暗号化はどのようなサービスですか?

Amazon EFS では、保管中および転送中のデータを暗号化できます。

保管中に暗号化されたデータは書き込み中に透過的に暗号化され、読み取り中は透過的に復号されるため、アプリケーションを変更する必要はありません。また、暗号化キーは AWS Key Management Service (KMS) によって管理されるため、安全なキー管理インフラストラクチャを構築および維持する必要はありません。

転送中のデータ暗号化には、業界標準の Transport Layer Security (TLS) 1.2 を使用して、クライアントと EFS ファイルシステム間で送信されるデータを暗号化します。

保管中および転送中のデータの暗号化は共に、または個別に設定できるため、具体的なセキュリティ要件を満たすのに役立ちます。

詳細については、暗号化のユーザードキュメントを参照してください。

Q: AWS Key Management Service (KMS) とはどのようなものですか?

AWS KMS は、EFS ファイルシステムに保存され、暗号化されたデータに対する暗号化キーを管理します。 AWS KMS は、データの暗号化に使用される暗号化キーの作成と管理を容易にするマネージド型サービスです。AWS Key Management Service は Amazon EFS、Amazon EBS、Amazon S3 などの AWS の他のサービスと統合されており、ユーザーが管理する暗号化キーでのデータの暗号化を簡単にします。 また AWS Key Management ServiceAWS CloudTrail とも統合されており、すべてのキーの使用ログを表示できるため、規制およびコンプライアンスの要求に応えるために役立ちます。

Q: Amazon EFS ファイルシステムに対して暗号化を有効にするにはどうしたらよいですか?

EFS コンソールで保管時の暗号化を有効化するか、AWS CLI または AWS SDK を使用して暗号化を有効にできます。EFS コンソールで新しいファイルシステムを作成するときに、[Create File System] をクリックして、暗号化を有効にするためのチェックボックスをオンにします。

転送中のデータの暗号化は、EFS マウントヘルパーを使用して、Amazon EFS ファイルシステムとそのクライアント間で実行できます。

保管中および転送中のデータの暗号化は共に、または個別に設定できるため、具体的なセキュリティ要件を満たすのに役立ちます。

詳細については、暗号化のユーザードキュメントを参照してください。

Q: 暗号化は Amazon EFS のパフォーマンスに影響しますか?

データの暗号化による I/O レイテンシーとスループットへの影響はごくわずかです。

オンプレミスでのアクセス

Q: オンプレミスのデータセンターのサーバーから EFS ファイルシステムにアクセスするには、どうすればよいですか?

オンプレミスから EFS ファイルシステムにアクセスするには、オンプレミスのデータセンターと Amazon VPC が AWS Direct Connect または AWS VPN で接続されている必要があります。

NFSv4.1 プロトコルを介し、ファイルシステムのマウント用の標準の Linux mount コマンドを使用して、オンプレミスの Linux サーバーに EFS ファイルシステムをマウントします。

オンプレミスサーバーから EFS ファイルシステムにアクセスする方法の詳細については、ドキュメントを参照してください。

Q: オンプレミスサーバーから EFS ファイルシステムへのアクセスを有効にすると何ができますか?

オンプレミスサーバーに Amazon EFS ファイルシステムをマウントし、標準の Linux ツールとスクリプトあるいは AWS DataSync を使用して Amazon EFS との間でファイルデータを移動できます。Amazon EFS ファイルシステムとの間でファイルデータを移動する機能により、3 つのユースケースが可能になります。

1 つ目に、オンプレミスのデータセンターからデータを移行して、Amazon EFS ファイルシステム内に永久に存在させることができます。

2 つ目に、クラウドバーストのワークロードをサポートして、アプリケーション処理をクラウドにオフロードできます。オンプレミスサーバーから EFS ファイルシステム内にデータを移動し、それを Amazon VPC 内の EC2 インスタンスのクラスターで分析し、その結果を EFS ファイルシステムに永久に保存するか、結果をオンプレミスサーバーに戻すことができます。

3 つ目に、オンプレミスのファイルデータを EFS に定期的にコピーして、バックアップと災害対策のシナリオをサポートできます。

Q: オンプレミスのデータセンターサーバーと Amazon EC2 インスタンスから同時に Amazon EFS ファイルシステムにアクセスできますか?

はい。オンプレミスのデータセンター内のサーバーと Amazon VPC 内の Amazon EC2 インスタンスから、Amazon EFS ファイルシステムに同時にアクセスできます。Amazon EFS は、ファイルシステムにアクセスするすべての EC2 インスタンスとオンプレミスサーバーに対して同じファイルシステムアクセスのセマンティクス (データの強固な整合性やファイルのロックなど) を提供しています。

Q: オンプレミスサーバー間でファイルデータを移動する際に推奨されるベストプラクティスは何ですか?

長距離のデータ移動は伝達の遅延と関係してくるため、オンプレミスのデータセンターと Amazon VPC の間のネットワーク接続のネットワークレイテンシーは数十ミリ秒になる可能性があります。ファイル操作をシリアル化すると、ネットワーク接続のレイテンシーが読み取り/書き込みスループットに直接影響します。基本的に、一定期間に読み取り/書き込みできるデータの量は、読み取り/書き込みの各操作の完了にかかる時間に制限されます。スループットを最大化するには、ファイル操作を並列化して、複数の読み取り/書き込みが EFS によって同時に処理されるようにします。GNU parallel などの標準的なツールで、ファイルデータのコピーを並列化できます。詳細については、オンラインドキュメントを参照してください。

Q: 既存データをオンプレミスのファイルストレージから Amazon EFS にコピーするにはどうすればよいですか?

オンプレミスの既存データを Amazon EFS にコピーする方法は数多くあります。AWS DataSync を使用すると、高速かつシンプルな方法で、既存のファイルシステムを Amazon EFS に安全に同期できます。また、AWS Direct Connect などのあらゆるネットワークで動作します。

AWS Direct Connect では、高帯域幅で低レイテンシーな専用ネットワーク接続が提供されます。これを使用して、Amazon EFS ファイルシステムをマウントできます。マウントが完了したら、DataSync を使用して、標準の Linux コピーツールの最大 10 倍の速度で Amazon EFS にデータをコピーできます。

AWS DataSync の詳細については、このよくある質問の「DataSync セクション」を参照してください。

AWS DataSync

Q:AWS DataSync とは何ですか?

AWS DataSync は、オンプレミスストレージと Amazon EFS の間でデータを迅速かつ簡単に移動することができるオンラインのデータ転送サービスです。DataSync では、専用のプロトコルを使用して、オープンソースツールと比べて最大 10 倍の速度で、インターネットまたは AWS Direct Connect 経由で、迅速かつ安全に転送することができます。DataSync を使用すると、ワンタイムデータ移行、タイムリーなクラウド分析のためのオンプレミスデータの転送、データの保護と復元のための AWS へのレプリケーションの自動化を行うことができます。詳細は、「AWS DataSync ページ」を参照してください。

Q: AWS DataSync を使用して EFS ファイルシステムとの間でデータをコピーするにはどうすればよいですか?

AWS DataSync の使用を開始するにはまず、AWS マネジメントコンソールからダウンロード可能なソフトウェアエージェントをデプロイします。デプロイ後、コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) から、ネットワークファイルシステム (NFS) プロトコルを使用してオンプレミスまたはクラウドのファイルシステムにエージェントを接続し、Amazon EFS ファイルシステムを選択してデータをコピーできます。

Q:AWS DataSync を使用して、リージョン間で EFS データをコピーできますか?

はい。AWS DataSync を使用して異なる EFS ファイルシステム間でファイルを転送できます。AWS リージョンや AWS アカウントが異なっていても転送が可能です。  詳細については、ドキュメントを参照してください。

互換性

Q:AWS の既存のサービスと Amazon EFS との相互運用性と互換性について教えてください。

Amazon EFS は、Amazon CloudWatch、AWS CloudFormation、AWS CloudTrail、AWS IAM および AWS Tagging サービスといった AWS の多数のサービスと統合されています。

Amazon CloudWatch では、メトリクスを使用してファイルシステムのアクティビティをモニタリングできます。AWS CloudFormation では、テンプレートを使用してファイルシステムの作成と管理を行うことができます。

AWS CloudTrail を使用すれば、Amazon EFS の API コールをすべてログファイルに記録できます。

AWS Identity and Access Management (IAM) によって、ファイルシステムの管理者を制御できます。AWS Tagging サービスを使用すれば、定義したメタデータを使用してファイルシステムのラベル付けが行えます。

Q:Amazon EFS では、どのような種類のロックがサポートされていますか?

Amazon EFS のロックは NFSv4.1 プロトコルのアドバイザリーロックに従っており、アプリケーションではファイル全体に対するロックとバイト範囲に対するロックの両方を使用できます。

Q:ファイルシステムの名前は (Amazon S3 バケット名のように) グローバルですか?

各ファイルシステムは、自動生成される ID 番号を持ちます。これはグローバルに一意な ID 番号です。ファイルシステムには名前をタグ付けでき、この名前が一意である必要はありません。

料金と請求

Q:Amazon EFS のコストはどれくらいですか?

Amazon EFS では、お支払いいただくのはその月実際に使用した分のみです。

プロビジョンドスループットモードを使用する場合、1 か月間でプロビジョニングしたスループットに応じて料金が発生します。最低料金および初期費用は発生しません。

EFS IA の料金は、使用されたストレージの量とアクセスされたデータの量に基づいて計算されます。ライフサイクル管理によって EFS IA に完全に移動されるまでファイルは EFS 標準に保存されるため、標準レートで請求されます。

Amazon EFS の価格情報については、Amazon EFS の料金ページを参照してください。

Q:価格には税金が含まれていますか?

別途記載がない限り、表示される料金には VAT、売上税その他取引に対して適用される一切の税金等および関税は含まれません。日本の居住者であるお客様が AWS サービスをご利用になった場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させていただきます。詳細

Amazon EFS 料金の詳細

料金ページを見る
構築を始めましょう。
Amazon EFS の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ