Amazon Web Services ブログ

Tag: Development

Perforce Helix Core を AWS 上に構築する (Part3)

イントロダクション 3回にわたるAWSでのPerforce構築シリーズもこれで最後になりました。 Part1ではAWS 上で Perforce Helix Core を構築することの利点と技術的ポイントを俯瞰しました。 前回のPart2では AWS CloudFormation を用いてPerforceサーバーを構築する方法を解説しました。 今回のPart3では、Part2の手順7、CloudFormationの設定において「Enable Replica」をYesにしてReplica Serverの構築を有効にした場合のReplica ServerのSetup手順を紹介します。 Part2の手順で、Master Serverのみの構築を希望した場合は、こちらの手順は必要ありません。 もちろん、もう一度前回の記事の手順を最初からやり直して、Replica構築を有効にして、本記事の手順を実行していただくこともできます。 さて、実際の Replica server の構築手順ですが、これはAWS特有というわけではなく、Perforceの通常の構築手順に従って手動でコマンドを実行して行くというものになります。 それでは実際に手順を見ていきましょう! 事前準備 こちらのPart2の手順を実行していることが前提になります。実行されていない方はまずは前回の記事の手順を実行し、その際に必ず「手順7」の「Enable Replica」をYesにして有効にします。 こちらを参考にして東京リージョンで任意の名前のS3バケットを用意しておいてください。S3バケットの名前は全世界で一意の名前にする必要があります。 例えば次のようなS3バケットの名称にすると他のバケット名との衝突を避けることができます。 (例) perforce-test-[自分の名前]-[日付] など Replica Serverをセットアップする Replicaの動作を定義するには、Perforceのコマンドである“p4 configure set”コマンドを使用して、Master serverのdb.configファイルに構成情報を入力する必要があります。Replicaを作るにはまず最初にMaster serverを設定します。Master serverの設定が、後でReplica serverに複製されます。 Mater Server側で設定を行う まずは、Master Serverにsshログインします。下記では適宜、自分のssh keyとEIPアドレスに置き換えてください。 $ ssh -i ~/.ssh/general-key.pem p4admin@18.180.250.162 前回Part2でp4adminユーザーをサーバー側に作成していない場合は作成します。作成済みの場合はスキップして次に進みます。下記のコマンドを実行するとviが起動しますので内容を確認して、「:wq」をタイプして保存します。 [p4admin@master ~]$ p4 […]

Read More

Perforce Helix Core を AWS 上に構築する (Part2)

イントロダクション 前回の記事では AWS 上で Perforce Helix Core を構築することの利点を説明し、実際の構成パターンと構築における注意点を解説しました。 本記事では、実際に Perforce Helix Core をAWS に構築する手順をご紹介します。手順といっても AWS CloudFormation テンプレートを用意しておりますので、大部分は自動化されています。AWS CloudFormation では、設定をjsonやyamlでファイルに記述するだけでAWS のリソースのプロビジョニングを自動化することができます。 今回作成するサーバー構成の全体像は下図のようになります。AWS Cloudと書かれた中にあるサーバ群を設定します。デフォルトは Perforce の Master Server だけを構築する設定になっていますが、手順の中で Read only の Replica server を設定することも可能です。今回はインターネットから直接アクセスできるPublic Subnetにサーバーを配置していますが、Private Subnetにサーバーを配置して、VPNや AWS Direct Connect を介してオフィスやデータセンタのみからアクセスできる閉域にすることも可能です。 本記事では、まずは Perforce の Master server を構築する手順を見ていきます。次の Part3 の記事で、Replica server の構築手順を紹介します。Replica server の設定では、いくつか手動でコマンドを実行していただく必要があります。 なお、今回構築する Perforce Server への接続には […]

Read More

Perforce Helix Core を AWS 上に構築する (Part1)

みなさんお元気ですか? 今年からゲーム開発のコンサルティングパートナーや ISV といったテクノロジーバートナーと AWS との連携強化を担当している AWS ソリューションアーキテクトの保里 善太です。 ところでみなさん、Perforce Helix Core はお使いですか? Perforce は高速な同期操作を特徴とする商用のバージョン管理システムであり、主にゲーム業界等の開発現場で多く利用されています(導入企業)。 多くの現場では Perforce はオンプレミスのマシンで稼働していますが、この記事では AWS 上で Perforce を構築することの利点を解説し、実際の構成案と構築方法を紹介します。構築にあたっては AWS CloudFormation テンプレートも用意しています。Perforce の導入にあたっては無料の Perforce Helix Core Studio Pack for AWS というプログラムも用意されてます。 3回に分けてシリーズ化してお送りします。   Perforce Helix Core とは? バージョン管理システム (VCS) の代表的なものとして、Git、Subversion (SVN)、CVS、Mercurial、そして Perforce などがありますが、それぞれには特徴的な性質があります。バージョン管理システムには、大きく分けてソースコード等を中央集権的にマスターサーバで管理する集中型 (Subversion、CVSなど) と各開発者のローカル PC にソースコードを保存し必要な時に共有する分散型 (Git、Mercurialなど) とに大きく分かれます。この中で Perforce Helix Core […]

Read More