Amazon Web Services ブログ

Tag: EKS

Amazon EKS を利用した、ステートレスなマルチリージョンアプリケーションの運用

この記事は、Operating a multi-regional stateless application using Amazon EKS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と、Technical Account Manager の Avi Harari により寄稿されました。 AWS の上で運用を行う主な利点の一つは、お客様が AWS のグローバルフットプリントを利用して複数のリージョンでワークロードを実行することが、いかに簡単かという点です。ディザスターリカバリーをサポートするため、あるいはエンドユーザーとなるお客様の近くでアプリケーションを稼働させるためにマルチリージョンアーキテクチャが必要な場合、AWS はアプリケーションの可用性や信頼性、そしてレイテンシーを改善するためのビルディングブロックを提供します。本投稿では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用して複数の AWS リージョンでアプリケーションを実行し、AWS Global Accelerator を使用して AWS リージョン間でトラフィックを分散する方法を示します。 本投稿での説明をシンプルにするために、複数の AWS リージョンを跨いで実行されるステートレスアプリケーションにスコープを絞って説明しています。データの永続化が必要なワークロードでは、DynamoDB グローバルテーブル、 Amazon Aurora グローバルデータベース、そして Amazon S3 クロスリージョンレプリケーションのような機能を利用することができます。本投稿では、ステートレスアプリケーションの基本的なアーキテクチャを提案しています。ステートフルなマルチリージョンアプリケーションのブループリントをビルドするために、データやデータベースレプリケーションサービスでこのアーキテクチャを補完することもできます。 Amazon EKS はグローバル化においてどのように役に立つのか Kubernetes の宣言的なシステムは、マルチリージョンデプロイメントを運用するための理想的なプラットフォームとなります。宣言的なシステムでは、desired […]

Read More
.NET on AWS

AWSで.NET 5を利用する

AWSには長い間.NETでの開発に携わってきた者が多数在籍しており、私たちは.NET 5がGAリリースされたことに大きい喜びを感じています。2020年夏に.NET Conf 2020で発表されたベンチマーク結果によると、旧バージョンの.NET Core 3.1に比べ特に性能改善に力が注がれたことがよく分かります。この記事では、AWSが.NET 5での開発をサポートするためにどんなサービスやツールをご用意しているか、コンピューティング・ネットワーク・開発者ツール・データベースといった4つの領域に分けて解説していきたいと思います。これらの情報をもとに、皆様がAWS上で.NETを最大限活用できれば幸いです。

Read More

AWS Step FunctionsとAmazon EKSの統合のご紹介

元の記事:https://aws.amazon.com/blogs/containers/introducing-aws-step-functions-integration-with-amazon-eks/ 本投稿は Romain Jourdanによる記事を翻訳したものです。 私がAWSに入社してからこれが初めてのAWS Container Blogへの投稿となりますが、サーバーレスとKubernetesという2つのテクノロジの融合、具体的にはAWS Step FunctionsとAmazon Elastic Kubernetes Serviceの統合についてお話しできることにこの上なく興奮しています。

Read More

AWS App Mesh と Kong を使って Amazon EKS 上でマイクロサービスを実行する

この記事は、Running microservices in Amazon EKS with AWS App Mesh and Kong を翻訳したものです。 本投稿は、Kong ソリューションエンジニアの Claudio Acquaviva、Kong アライアンスの Morgan Davies と共同で作成されたものです。 サービスメッシュはサービス間通信のための一般的なアーキテクチャパターンとなっている透過的なインフラストラクチャレイヤーです。Amazon EKS と AWS App Mesh を組み合わせることでマイクロサービスのための強力なプラットフォームを形成し、ロードバランシング、サービスディスカバリ、可観測性、アクセスコントロール、トレース、ヘルスチェック、サーキットブレーカーなどサービス間通信で発生する技術的な要件に対応する事ができます。 モダンなエンタープライズソリューションでは、次のカテゴリの明確な管理制御が必要です。 API エンドポイントへの外部からのイングレストラフィックをカバリングする API 管理 運用管理とサービスの状態に焦点を当てたサービス管理機能 サービスメッシュは主に 2 つ目のカテゴリに対応していますが、イングレストラフィックも同様に重要であり、スロットリング、アプリケーションとユーザの認証、リクエストログとトレース、データのキャッシングなどクラスタ全体のポリシーをサポートするソリューションから恩恵を受けることができます。これらのポリシーに加えてイングレスは使用状況の把握、課金システムの追加、運用上の閾値を超えたアラートの生成などの機能により、API のマネタイズを可能にするレイヤーです。 これらの機能はクラスタ外の周辺ツールを利用することで実現することも可能ですが、Kong for Kubernetes Ingress Controller は HPA、自己修復、RBAC、cert-manager などの Kubernetes の機能を活用して、アプリケーションと並行して稼働しているサービスメッシュを保護するソリューションを提供します。 この記事では、Amazon EKS、AWS App Mesh、Kong for Kubernetes を利用してサービスメッシュを安全に実装する方法について説明します。ここで取り上げる課題の範囲は API […]

Read More

Amazon EKS が、マネージド型ノードグループでの EC2 スポットインスタンスのプロビジョニングと管理をサポート

この記事は、Amazon EKS now supports provisioning and managing EC2 Spot Instances in managed node groups を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用すると、アップストリームのKubernetes を利用した、セキュアで可用性の高いKubernetes クラスターを AWS で簡単に実行できます。2019 年にマネージド型ノードグループがサポートされ、EKS はクラスターの基盤となる EC2 インスタンス(ワーカーノード)をプロビジョニングし、管理できるようになりました。これにより、新しいAMI がリリースされたときにノードをローリングアップデートしたり、Kubernetes バージョンを更新したりといった、運用のための作業が非常に簡単になりました。EKS のマネージド型ノードグループについて詳しく知るには、アナウンス時のブログ及びドキュメントをご参照ください。 AWS public containers roadmap にお客様より寄せられたご要望を受けて、EKS はマネージド型ノードグループをさらに使いやすくするために機能を強化してきました。例えば、カスタムAMI の指定、起動テンプレートの利用といった機能拡張を実施しました。同様に、お客様の関心が高かった機能の一つが、マネージド型ノードグループでスポットインスタンスを起動、管理できるようにするというものです。 Amazon EC2 スポットインスタンスを利用すると、EC2 が予備として確保しているキャパシティーを利用して、大幅な割引価格で EC2 インスタンスを実行できます。 EC2 がこの予備キャパシティーを必要とする際には、スポットインスタンスは 2 分前に通知を受けて中断されることがあります。スポットインスタンスを Kubernetes のワーカーノードとして使用するというのは様々な種類のワークロードで非常によく使われるパターンです。ステートレスなAPI エンドポイントやバッチ処理、ML のトレーニング、Apache Spark […]

Read More

re:Invent 2020: AWS Containers Track

re:Inventは11月30日 (月) 〜12月18日 (金) の3週間を通して開催される無料かつ完全オンラインのカンファレンスです。 今週より、登録済みのお客様は多岐に渡るAWSサービスに関するライブ及びオンデマンドのセッションへアクセスすることができます。本記事ではコンテナサービスのトラック、例えば Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate、Amazon ECR、AWS App Meshに関連するセッションについてご紹介させていただきます。また、お客様のフィードバックに基づき、今年は過去人気の高かった“Getting Started”セッションやリーダシップトーク、お客様事例のセッションを復活させました。 去年のre:Invent 2019からの進化をお客様へご共有できること、心より嬉しく思います。是非ご登録いただき、アジェンダよりご覧になりたいセッションをカレンダーへ追加してください。 ローンチセッション An introduction to Amazon ECS Anywhere, Massimo Re Ferre, Principal Technologist Amazon ECS キャパシティプロバイダーは、コンテナ化されたワークロードをさまざまなタイプのコンピュートキャパシティで実行できるようにする柔軟なルール定義機能およびそのキャパシティのスケーリング管理機能を提供するものです。本セッションでは、“オンプレミス”キャパシティプロバイダーがどのようにして多種のキャパシティ上で起動するAmazon ECSタスクやサービスを統一されたAPIを使って、コントロールプレーンの追加的ソフトウェアが必要なく管理できるかを見ていきます。オンプレミス、或いは別のクライド上でコンテナをAmazon ECSからオーケストレーションする方法についてご案内します。 セッション詳細 12月9日 2020 | 7:30 AM – 8:00 AM JST 12月9日 2020 | 3:30 PM – 4:00 PM JST 12月9日 2020 | […]

Read More
EKS Managed Addons

Amazon EKS add-ons のご紹介: Kubernetes 運用ソフトウェアのライフサイクル管理

この記事は、Introducing Amazon EKS add-ons: lifecycle management for Kubernetes operational software を翻訳したものです。 当初から、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の目標は、Kubernetes クラスター管理の専門家ではなくても AWS 上で Kubernetes を簡単に実行できるフルマネージドサービスを構築することでした。Amazon EKS が最初にローンチしたとき、それはフルマネージドな Kubernetes コントロールプレーンを意味していました。やがて、お客様からはクラスターに必要なコンピュートパワーの管理を支援してほしいという要望が出てきました。1 年前には、EKS Managed Node Groups と AWS Fargate のサポートを導入しました。 お客様からはさらなる改善のご要望をいただいていました。本日は、フルマネージドな Kubernetes クラスターを提供するための主要なステップである新機能、EKS add-ons について紹介したいと思います。EKS add-ons を使用すると、Kubernetes アプリケーションをサポートするための重要な機能を提供する運用ソフトウェアまたはアドオンを構成、デプロイ、更新することができます。これらのアドオンには、Amazon VPC CNI のようなクラスタネットワーキングのための重要なツールのほか、可観測性、管理、スケーリング、セキュリティのための運用ソフトウェアが含まれます。 本日より Amazon VPC CNI plugin から、Amazon EKS では、新しいクラスターを作成するとき、またはクラスターの実行後いつでもアドオンを有効にできるようになりました。EKS は、クラスター上でアドオンソフトウェアを起動し、1 […]

Read More